【横浜国立大学】理工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は横浜国立大学「理工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

横浜国立大学「理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は横浜国立大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、横浜国立大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも横浜国立大学「理工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

横浜国立大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく横浜国立大学「理工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は横浜国立大学「理工学部」数物・電子情報系学科の卒業生です。

横浜国立大学「理工学部」の評判まとめ

横浜国立大学「理工学部」の偏差値と入試難易度

◇理工学部
機械-機械工学…偏差値57.5
機械-材料工学…偏差値55
機械-海洋空間のシステムデザイン…偏差値57.5
化学-化学・化学応用…偏差値55
化学-バイオ…偏差値55
数物-数理科学…偏差値57.5
数物-物理工学…偏差値57.5
数物-電子情報システム…偏差値60
数物-情報工学…偏差値60

横浜国立大学理工学部の難易度は神戸大学工学部より少し下、東京理科大学工学部より少し上くらいです。

横浜国立大学では、後期入試にも力を入れており、それによって入試の難易度や学生のレベルが変わってくるという印象があります。実際、前期入試組の友人は、早慶を除く私立大学に合格して、蹴って第一志望であるこの大学にきていました。

一方、後期入試組の人は、第一志望である東京大学や東京工業大学に落ちたからこの大学にきたという人が多かったです。

横浜国立大学「理工学部」の志望理由

私が横浜国立大学理工学部を志望した理由は、3点あります。

1点目は学費が安いからです。私は、理系であったために私立大学に通うことになった場合は学費がどうしても高くなってしまいます。そこで、なるべく学費をなるべく抑えるために国公立大学を選択しました。

2点目は、自宅から通えるからです。家庭の事情から自宅を離れての下宿生活という選択は出来なかったために、自宅から通える横浜国立大学を選びました。

3点目は、自分の学力に合っていたからです。自宅から通える大学としては、横浜国立大学の他にも、東京大学、東京工業大学、首都大学東京、横浜市立大学のような国公立大学がありましたが、私の学力に一番合っていた横浜国立大学を第一志望としました。

横浜国立大学「理工学部」に入学してから感じたギャップ

私が横浜国立大学理工学部に入学してから感じたギャップは、アクセスが悪いということです。横浜という地名からもう少し都市部にあってアクセスが良いと考えていましたが、実際は違いました。最寄駅からは徒歩で15分程度歩くことになります。

また、大学までの道は急な坂になっており、大学に通うだけでかなり疲れます。大学構内は広いために、授業を受ける建物によっては、大学に到着してからもさらに5分程度歩くことになります。

横浜国立大学「理工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

横浜国立大学は、地元の方には多くの教員を輩出している大学という印象を持たれます。実際に理工学部でも教員免許を取得する学生が多く、卒業後は教師になる人もいます。大学自体の評判としては、神奈川県では慶応義塾大学の次くらいの印象を外の方からは持たれます。

また、国立大学なので堅実な印象を持たれます。以上から、外の方、特に地元の方からの評判は良いと思います。理工学部単独では、外の方からみて特に印象はないと思います。

内部生からみた評判

理工学部は、横浜国立大学の中で他の文系学部に比べて人数が多いです。また、理系ということで学校推薦により就職は安定している印象があります。しかしその分、学業が忙しい学生も多く、サークルやアルバイトなどの課外活動に時間を割けない学生もいました。

どこの学部が優秀など、他の学部と比べての上下関係は特にないと感じました。理工学部に在籍している学生の特徴としては、やはり見た目などが理系っぽい学生が多いかなと感じました。それ以外には、理工学部では他学部に比べて学業に真面目に取り組んでいる学生が多い印象がありました。

横浜国立大学「理工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

横浜国立大学理工学部には、機械・材料・海洋系学科、化学・生命系学科、数物・電子情報系学科の3つがあります。

数物・電子情報系学科では、4つのEPというコースに入学時から分かれており、それぞれで数学、物理、光や電気・電子、情報に関することが学べます。数物・電子情報系学科は、化学系を学べる化学・生命系学科に比べて女子学生が少ない印象があります。

横浜国立大学理工学部内では、機械・材料・海洋系学科が、授業が大変な分、就職が強いとされています。また、機械・材料・海洋系学科の方が他の2つの学科より全体的に入試難易度が高く、人気があります。ですが、入学後は特にどの学科が人気であるかなどはあまり意識せず、それぞれが学びたいことを学んでいます。

横浜国立大学「理工学部」のリアルな就職先について

横浜国立大学理工学部では、7割程度の学生は大学院に進学します。そのまま横浜国立大学の大学院に進学する人もいれば、東京大学大学院や東京工業大学大学院のような他大学の大学院に進学する学生もいます。割合としては横浜国立大学大学院にそのまま進学する人の方が多いです。

就職する学生の中で優秀層は、野村総合研究所や日本総合研究所、日本アイ・ビー・エム、アクセンチュアなどのコンサルティング会社に就職します。普通の層は、富士通などのメーカーやNTTドコモのような情報通信業の企業に学校推薦を使って就職しています。

残念な層の人も、学校推薦を使って有名企業に就職しています。就職する学生には、情報通信業の人気が一番高く、その次に輸送用機械器具製造業のような製造業となっています。大学院まで進学した学生の方が就職活動において人気の高い企業に就職できる割合が高くなる傾向があると思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、横浜国立大学「理工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

横浜国立大学「理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で横浜国立大学のパンフレットを請求してみて下さい。

横浜国立大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*