【青山学院大学】理工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は青山学院大学「理工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

青山学院大学「理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は青山学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、青山学院大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも青山学院大学「理工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

青山学院大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく青山学院大学「理工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は青山学院大学「理工学部」機械創造工学科の卒業生です。

関連記事
青山学院大学の全体的な評判

青山学院大学「理工学部」の評判まとめ

青山学院大学「理工学部」の偏差値と入試難易度

◇理工学部
物理・数理学科…偏差値55
化学・生命科学科…偏差値55
電気電子工学科…偏差値55
機械創造工学科…偏差値57.5
経営システム工学科…偏差値57.5
情報テクノロジー学科…偏差値57.5

青山学院大学理工学部機械創造工学科の難易度は明治大学理工学部の少し下くらいで中央大学理工学部と同レベルくらいになります。

友人たちの中には明治大学には不合格であったが青山学院大学は合格している人や早慶に落ちてしかたなく青山学院大学理工学部機械創造工学科に入学している人が多数おります。

立教大学は蹴っている人が多くいる印象があるため、立教大学よりは上という印象です。また、同学部には指定校推薦を利用して入学してくる人も多い印象があります。

青山学院大学「理工学部」の志望理由

私が青山学院大学理工学部機械創造工学科を志望した理由は大学の知名度と周りから持たれている印象がお洒落でいい感じだと思ったからです。あと、他に挙げるならば私立大学の中では研究施設がわりと充実しており、学校のレベルとしても下すぎず上すぎずといった位置にあったこと、また機械工学科という学科はこれからの社会においてなくてはならないものであることが高校生の時より理解しておりまして、ある程度仕事探しがスムーズに行うことができるのではないかと考えていたからです。

実際に就職活動を終え、その考えは間違えていなかった事を実感しております。その他に挙げると、大学の立地があまり田舎すぎもせず都会過ぎもせずちょうど良いくらいの土地にあったということ、またキャンパス自体が大変綺麗であったことなどが挙げられる。

青山学院大学「理工学部」に入学してから感じたギャップ

機械創造工学科ということで機械設計などの技術を学びたいと考えていたが、設計の授業は時代遅れの手書きで行い、CADなどには一切触れてもらえなかった、また課題もいくつか提出があったが、どれもテンプレートのようなものを真似るような形式であまり役に立つとは思えなかったのがとても残念だったのをよく覚えてます。

したがってそのような事を学びたいという人がいればあまりオススメはできないかなと思います。それか個別に自分で学ぶしかありません。

青山学院大学「理工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

バイト先からは周辺に名の知れた大学が少ないからかとても頭の良い大学に通っていて、すごいというふうによく持ち上げられていたことが多かったし、自分の周囲の人たちからも同じようなことを言われることが多かった。

しかし、同程度かそれ以上の大学に通っている人たちからの評価はあまり良いものではなく、理系なのに遊んでいる印象や、少し道徳心に欠けるような行為をするような印象を持たれることもあったが、実際はとても真面目な人が多いのでいつも説明をするのは面倒だった。

内部生からみた評判

大学に通っている人からするととても癖のある先生が多く、古くからの考え方をとても大切にしている印象。しかし単位を取ることに関してはとてもイージーであった。勉強は特に頑張る必要はないが出席は本人確認が毎回あるほど面倒くさいこともあり、出席できな人は単位を落としてしまう人も珍しくない。

あとは毎週課されるレポートなど2、3年はとても忙しかったことをよく覚えてます。レポートなどは提出さえしていれば正直なところ単位はもらえるし、なにか大変なことといえば作成するのにテンプレート通りにワードでレポートを作らなくてはいけないので時間がかかることくらい。

青山学院大学「理工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

青山学院大学理工学部機械創造工学科では機械創造や工学部系で必須とされる4つの力学である材料力学、熱力学、流体力学、機械力学を中心に学び、その派生分野として機械設計や加工学、組成力学などの機械技術の全般を学んでいきます。

また青山学院大学理工学部のキャンパス内では就職実績や入学時の偏差値などが1番良い事もあって少しだけほかの学科よりも上に見られる傾向があったような気がします。そのため、ほかの学科などとの合同で行われる実験や、英語などのときにはわりと助けを求められたりもすることは多々あったが、それに応えられるかどうかは本人の実力次第なので周囲からの期待を裏切らないように勉強だけはしておきたいところだとおもいます。

青山学院大学「理工学部」のリアルな就職先について

青山学院大学理工学部機械創造工学科の就職先はとくに優秀者や残念ながら成績の悪い人での就職先の知名度など会社規模の差は見られない印象があります。

機械学科であるため3分の1から2分の1くらいは進学の道を選択するのだが、就職を考えている人たちはどの人もある程度なの知られている有名企業に就職する人が多い。私の周りだけでいうと同じ研究室に電通やNTTコミュニケーションズ、アズビル、ANA、ホンダ技術研究所などの誰でも知っている企業に就職する人がおり、とくに学業成績が優秀である必要はないと考えられる。

まあ進学先についても、そのまま青山学院大学の大学院に進学するものもいれば東京工業大学の大学院や慶應義塾大学の大学院などいろいろな大学の大学院に進学するものもおおいため、名前や入学時のレベルや難易度のわりにはとても卒業後にいい思いをしている人は多い。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、青山学院大学「理工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

青山学院大学「理工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で青山学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。

青山学院大学のパンフレットを請求

関連記事
青山学院大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)