会津大学の評判と偏差値【コンピューターを極めたい方はぜひ】


こんにちは!
今回は会津大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、会津大学の知名度は正直低いですが、コンピューターについて専門的に学べる環境という事もあり、エンジニアの間では有名な大学の一つです。

また、会津大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで会津大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば会津大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。
会津大学のパンフレットを請求
それでは、さっそく会津大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は会津大学 コンピューター理工学部 です。

会津大学の評判まとめ

会津大学の偏差値

コンピュータ理工学部
コンピュータ理工学科…偏差値45

会津大学の学生の学力レベル

偏差値は40以下、オタク系が多かった。

会津大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
会津大学<福井県立大学 といった印象。

会津大学の世間からの評判

会津大学と聞くと歴史的な会津のイメージから昔からあった大学だと思い込んでいる方がいましたが、90年代に入り新設された大学であることを知るものは少ないのです。しかも、文学部、理系、などの総合大学ではないので、余計にみんな勘違いしていました。

コンピューター理工学部という聞きなれない学部では、要するにコンピューターに付いて勉強できるのですが、日本全国では3箇所に限られた学部であることが大学側の学生への売りであり、世間へのアピールとされていました。在校生はコンピューターオタク系といってもいいタイプが多いです。オタク系が尊敬されたり、ここでは授業についていくことができる人になります。

偏差値は高い人もいました。まれにコンピューター理工学部目当てに平均以上の偏差値を取る学生が通っていることもあります。逆にコンピューターに詳しいから頭が高くなっているという、偏差値の低いものもいました。学外でも専門家であるのに、常識が通用しないというような相手は偏差値は低いと考えられます。

コンピューターにおいては、好奇心が強いものが集まっています。偏差値だけで入ってもそれなりに習得は早いですが、オタクと半々くらいです。

会津大学の学生の様子

コンピューター好きな学生で占めている。授業はレベルが高い、入学後になんらかの反応でやめていくやつもいた。学部が限られているためか、学内で学部の変更がきかないことが退学を決意させているらしい。

全体的には熱心に受ける学生と適当な学生の差が激しい。やる気のある学生は習得も早く、個人で学習している傾向が見られる。

また、授業はレベルが高く、個人のレベルが非常に低いと授業においていかれる。入学した学生はどんな分野であろうと、解る、能力が向上してくると面白みを感じるはずなのに、サポートが見られない。個人的なやる気、能力がある人は力をつけていくことができる大学。言い方は悪いが落ちこぼれに入る学生は授業の参加比率が低い傾向がある。

会津大学の就職先について

就職は一応公立である理工学部、コンピューターが専門で学ぶために一般職から専門職まで多様性がある。実績がある就職先をあげるとしたらメーカー、研究職、一般職など。

大学側支援をよくも悪くもない。ある1人の学生によると、就職支援は満足しているということになり、逆に別の学生では足りないという意見がある。自ら意見をいう学生は少なかった。個人的には、大学側はここまでサポートする代わりに、あとは個人個人で学生らが頑張って行動しなさいということだろうと思う。

理系の求人が多く一学年においての就職率は高い方だと聞いた。同級生であっても顔見知りの学生の就職先も知らずに卒業していくことが多かった。そういう学友の方が多かったのでつながりは薄かった。

会津大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①コンピューターの基礎から深いところまで一気に学べる点。専門学校よりも時間的に余裕があるという点。就活では日本では少数しかないことを強調して、いかに希少価値があるかを説明すればいい。

②施設は簡易に見えるが問題なく快適に使える。ほとんどは下宿生が周辺に住んでいるが、地元の住民とは共存しており、穏やかに住める地域だった。

③男子学生がほとんど、女子はほとんどゼロに近いが逆に勉強に没頭しやすい。他で彼女を作ろうというやつはいなかった。みんな大学で知り合っても就職でバラバラになることを考えている。

悪かったところ

①基本一学部に限られており、総合大学や学生数の大規模な大学に比べて大学生活を送るという感覚は低い。

②飲食店がなくて不便だった。

③方言が苦手だった。

会津大学に4年間通ってみていかがでしたか?

勿論、入学から卒後するまで頑張って良かったと考えている。その理由というのは、いくつかありましたが、第一には目的を達成できたことに尽きます。

学生生活は派手でもありませんが、遊びも適当にやりたいという学生は向いていない不便な土地柄でしょうね。田舎で住みやすいのは、もの静かで学業重視の学生と思いましたし、中には遊んでいる奴もいましたが田舎出身の学生で、居住環境に溶け込んでいました。

日本中への認知力は非常に低いため、卒業生が1人1人大学名を背負うことになります。学んだ結果を出せばいいだけですが、就職先がどこになるかは個人の能力次第です。能力が高ければ専門へ、ここよりも偏差値が高いレベルの大卒組と就職先を共にできます。

会津大学の基本情報

会津大学の住所と最寄駅

◇住所
〒965-8580
福島県会津若松市一箕町鶴賀

◇最寄駅
JR「会津若松駅」より、バスまたはタクシーで約10分

会津大学の学費(4年間)

会津大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

コンピューター理工学部…学費266万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、会津大学の学校パンフレットでご確認下さい。

会津大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
会津大学の知名度は正直低いですが、コンピューターについて専門的に学べる環境という事もあり、エンジニアの間では有名な大学の一つです。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、会津大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に会津大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

会津大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*