亜細亜大学の評判と偏差値【大東亜帝国の亜です!】


こんにちは!
今回は亜細亜大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、亜細亜大学は大東亜帝国という大学群に属しているということもあり、日本では名の知れた大学です。

この記事以上に亜細亜大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで亜細亜大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば亜細亜大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく亜細亜大学の評判について見ていきましょう!
亜細亜大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は亜細亜大学経営学部の卒業生です。

亜細亜大学の評判まとめ

亜細亜大学の偏差値

◇経営学部
経営学科…偏差値47.5
ホスピタリティ・マネジメント学科…偏差値47.5

◇経済学部
経済学科…偏差値45

◇法学部
法律学科…偏差値45

◇国際関係学部
国際関係学科…偏差値47.5
多文化コミュニケーション学科…偏差値47.5

◇都市創造学部
都市創造学科…偏差値40

亜細亜大学の学生の学力レベル

高校の偏差値で50前後の学生が多かった。

亜細亜大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
大東文化大学<亜細亜大学<駒澤大学 といった印象。

亜細亜大学の世間からの評判

私の卒業した亜細亜大学は学力的には普通よりも下とよく言われております。私の友人達もみんなそのような認識を持ってるので実際そうなんだろうなと思います。

実際に亜細亜大学に入学する学生の高校時代の偏差値は50前後が多かった印象です。ただ大学名はそこそこ知られているので無名の大学に比べたら周りの認知度は高いと感じます。特に芸能人が多い大学でしたのでその点が認知度を上げてる要因だと思います。実際に私も何度か校内で芸能のお仕事をされてる学生の方を見たりしましたし、保険のCMに出てた某女優さんとは同じ授業でした。

ただその方は私が講義に出てた時は一度も顔を見せなかったので芸能の仕事が忙しいんだと思います。他にも様々な活動をしている芸能人が多かった印象です。また野球が非常に強く大学野球では優勝するほどのレベルで、ドラフト会議では亜細亜大学の学生が選ばれることも多くあります。 なので亜細亜大学といえば勉学よりも芸能やスポーツの方でイメージをされる方が多いのではないかと思います。

亜細亜大学の学生の様子

学生をいくつかに分類すると所謂イケてるようなグループの集団が多かった印象です。 特にサークルを通じてそのような集団が出来上がっていたのではないかと思います。 対照的に大人しそうな学生が集まっているような集団も多くあった印象です。 そういった集団は例外なく喫煙所に溜まっていることが多かったです。 中には一人で行動してる学生も多くいました。

また、私の受けていた講義の中では比較的学生は真面目に講義にも出席しており、しっかり受けていたと思います。大声で話したりする学生もいなかったですし講義を妨害するようなことなかったです。ただ中には講義中に寝てたりゲームしてるような学生はチラホラ見受けられましたが、そういった不真面目な学生は少数で、大多数はしっかり講義を受けていたと思います。

亜細亜大学の就職先について

卒業後の進路は民間企業が8割、公務員が2割程度のイメージです。

民間企業でいうと名の知られている有名企業や大手企業に行ってる学生は1割程度だと思います。 主にメガバンクや証券会社、信用金庫、中堅不動産会社、大手飲料メーカー、大手食品メーカー、等です。 残りは様々な業種の中小企業やベンチャー企業に就職する学生がほとんどだと思います。 公務員になってくると地方公務員、警察官が多い印象です。

就職に強い学部でいえば国際関係学部がやや他の学部に比べたら有利なのでないかと思います。 ほとんどの学部生が留学をしていると聞きますので、そういった部分で就職に有利なのかと思います。 中には大手航空会社でCA採用をされた学生もいます。

亜細亜大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①図書館が充実していたので空いた時間は本や雑誌を読めたり、勉強する時は一人で集中して取り組むことができたところです。またDVDも好きに観れたので講義の空いた隙間時間を有効活用することが出来ました。

②学食や購買が多くあり、お昼ご飯には困らなかったです。また種類も多いので飽きないところが良かったと感じてます。

③教授の方々がとても親切に教えてくれたことです。

悪かったところ

①喫煙所が多くなんとなく風紀が乱れているようなことがあったことです。

②最寄駅から歩いて15分くらいかかるので少し遠いところです。なので少しでも電車の遅延が発生してしまうと講義に間に合わず出席日数が足りなくなる可能性も出てきます。

③図書館のPCの数が学生の人数の割に少なかったと思います。

亜細亜大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。その理由は1年生の時にゼミで仲良くなった友人とはいまだに付き合いがあり、みんなそれぞれの道で頑張っているのを聞いて私も刺激を受けるからです。

その友人らと共に講義を復習したり、終わったら飲みにいったりと楽しい学生生活がおくれたのではないかと思っています。 また大学のレベルが私に合ってると思うので講義にもついていけたので、その点は他の大学でなくて良かったと思います。

また学部の中で学んだことは社会人になっても知識として活きているのと、その時に学んだ中で在学中に国家資格を取得出来たので本当にこの大学を出て良かったと思います。 また卒業生の中にはテレビで活躍している人も多く、そういう人達を見ると私自身も誇りを感じます。

亜細亜大学の基本情報

亜細亜大学の住所と最寄駅

◇住所
〒180-8629
東京都武蔵野市境5-8

◇最寄駅
JR・西武線「武蔵境駅」より、徒歩12分

亜細亜大学の学費(4年間)

亜細亜大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

国際関係学部…学費446万円
都市創造学部…学費442万円
法学部…学費410万円
経済学部…学費405万円
経営学部…学費400万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、亜細亜大学の学校パンフレットでご確認下さい。

亜細亜大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
亜細亜大学は大東亜帝国という大学群に属しているということもあり、日本では名の知れた大学です。

この記事以上に亜細亜大学について詳しく知りたいという方は、亜細亜大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で亜細亜大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

亜細亜大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*