実践女子大学の評判と偏差値【お堅いお嬢様大学】


こんにちは!
今回は実践女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、実践女子大学は女性の自立や活躍といったことが建学の基本となっていることもあり、雰囲気は少しお堅めのお嬢様大学といった感じです。

また、実践女子大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで実践女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば実践女子大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
実践女子大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく実践女子大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は実践女子大学 文学部 です。

実践女子大学の評判まとめ

実践女子大学の偏差値

文学部
国文学科…偏差値47.5
英文学科…偏差値45
美学美術史学科…偏差値45

◇人間社会学部...偏差値52.5

生活科学部
食生活-管理栄養士…偏差値52.5
食生活-食物科学…偏差値45
食生活-健康栄養…偏差値47.5
生活環境学科…偏差値45
生活-生活心理…偏差値40
生活-幼児保育…偏差値47.5
現代生活学科…偏差値40

実践女子大学の学生の学力レベル

実践女子学園高校からの進学者がいました。

実践女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
実践女子大学<鎌倉女子大学 といった印象。

実践女子大学の世間からの評判

芸能人のうつみ宮土理さんが卒業された学校です。世間からは生活科学部の評判が良い様子ですが、文学部でも大学名での差別は受けていません。実践女子大学は、女子大学ですが校風、理念はしっかりした歴史があり社会に受け入れてもらいやすい大学です。女性の自立、自営、女性の社会進出への助けが基本となっています。

大学内は、文学部に進学したため学生と接しているうちに生活科学部に進学すればよかったかなという気持ちが出てきました。先生との距離感、講義の様子、生徒同士の交流、雰囲気は専門学校に近いです。そのため、生活学科のようにある程度目的を持って通い、授業を履修する方が有意義な学生生活を送れるとは思います。

大学内は地味で、女子大学の中ではお堅い方だと思いました。家族や親族からの評価はイマイチ知られておらず、ただ、学生の質は年代によってもそれぞれ違うために入学した時の運だと思いました。他の大学内よりも勤勉で真面目な子が多いです。

実践女子大学の学生の様子

学生と先生の関係は専門学校の授業のように、親しみがあるものでした。学生の意欲は学部ごとに多少異なり、克己心のある学生が多いですが、目標が決まっていなくてもただ真面目に受講する学生が多いです。授業中私語を行う学生はおらず、休憩時間にワイワイと騒ぐという学生さんが多いです。学生なので人間関係も未熟なところが多いですが、あえて問題児はおらずモラル、マナーにおいては論理のある学生たちでした。

また、授業風景は学生と先生ともに熱心でした。学生はノートをとるのに懸命でしたが。。私語を行うくらいなら、退席するという判断を行う学生が多いです。論理感は備えている学生が多く、問題行動を学内で見たことはありません。堅実な学校で生真面目な学生が多いです。サボる学生も少ないです。基本的に単独行動を行う学生が多いです。

実践女子大学の就職先について

入学するまでは入ることばかり考えるものなのですが、大学は就職先が決まるまで面倒を見てくれることはありません。社会勉強と思えば乗り越えられます。こういう事情については誰も教えてくれることがありませんので早くから気がついたもの勝ちです。

就職先は大手企業や誰もが知る企業に決まる方は見ていません。友人で多いのは、就職先に内定しない、せずに卒業を迎える人、卒業後に進路が決まる人ですね。内定をふってしまい就職先が未定の学生もいました。

先生方は親しくなると心配してくれますが、責任のある発言をいただけるかと言うと適当なところがあると感じました。就職のことで相談をしても実りがありません。学生が1人で決めていくというやり方が主流でした。

実践女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①学生はお弁当派が多かったです。堅実な人が多いんだという受け取り方をしました。

②学生は生真面目な子が多く、基本群れない。

③女子大学特有のキャピキャピした印象はなく、学生の態度も慎ましやかである。

悪かったところ

①地味で大人しい学生が多く友達作りは勇気がいる。

②授業は大学にしては手が混んでいる内容だ思う。プリントの配布もある。しかし、防犯面で日野キャンパスの通りが心細い。女子大学の学生を狙って痴漢に合わないか怖かった。夜間遅くならないよう気をつける必要がある。

③学風は保守的、女性の社会への自立を唱えているので、花嫁修業ができると思う親族もいたが、そうではないという大学の中身を知らない人も多い。

実践女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思いました。基本的に硬い校風で女子には進学しても決して損にはならないと思う。大学名の評判も悪くなく、文学部に進学して将来の目的もなかった私でも充実した時間を得ることができた。女子大の中では他の大学に入学しなくて良かった。学生の質も自分にはよく合っていたので居心地が良かった。文学部より生活学科がおすすめできるが、この学科なら他の大学よりも通いやすいと思う。

古風な校風と捉えるといいと思う。学習環境は整備されており、教室間の移動も極度に寒い、人が少ないところもなく寂しい、怖いということもなかった。夏の記憶がほとんどなく、冬の記憶だけ残っている。

いっぽうで英語に対しては弱い面だと思うので、英語を勉強したいなら他の女子大を進めたい。

実践女子大学の基本情報

実践女子大学の住所と最寄駅

◇住所
〒191-8510
東京都日野市大坂上4-1-1

◇最寄駅
JR「日野駅」より徒歩約12分。

実践女子大学の学費(4年間)

実践女子大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

生活科学部(食生活科学(管理栄養士))…学費499万円
生活科学部(食生活科学(健康栄養))…学費487万円
生活科学部(食生活科学(食物科学))…学費483万円
生活科学部(生活文化(幼児保育))…学費483万円
生活科学部(生活環境)…学費475万円
生活科学部(生活文化(生活心理)、現代生活)…学費459万円
人間社会学部…学費452万円
文学部…学費451万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、実践女子大学の学校パンフレットでご確認下さい。

実践女子大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
実践女子大学は女性の自立や活躍といったことが建学の基本となっていることもあり、雰囲気は少しお堅めのお嬢様大学といった感じです。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、実践女子大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で実践女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

実践女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*