國學院大學の評判と偏差値【ランクは日東駒専とMARCHの間ほど】


こんにちは!
今回は國學院大學の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、國學院大學の知名度は低いですが、偏差値はそれなりに高くランクは日東駒専とMARCHの間くらいです。

また、國學院大學のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで國學院大學の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば國學院大學のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
國學院大學のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく國學院大學の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は國學院大學経済学部です。

國學院大學の評判まとめ

國學院大學の偏差値

文学部
日本文学科…偏差値57.5
中国文学科…偏差値55
外国語文化学科…偏差値55
史学科…偏差値57.5
哲学科…偏差値55

神道文化(フレックスB/昼間主)学部
神道文化学科…偏差値52.5

神道文化(フレックスA/夜間主)学部
神道文化学科…偏差値45

法学部
法律…偏差値55
法律専門職…偏差値55
政治…偏差値55

経済学部
経済学科…偏差値60
経済ネットワーキング学科…偏差値57.5
経営学科…偏差値57.5

人間開発学部
初等教育学科…偏差値55
健康体育学科…偏差値55
子ども支援学科…偏差値50

國學院大學の学生の学力レベル

早慶上智やG-MARCHの滑り止めとして受験した国公立の高校から進学した学生が多かったが、付属高校や関連高校からの内部進学者も結構いました。関東圏出身の方が多かったです。田舎では名前が知られていないため下のレベルの大学と混同されがちでした。

大学の立地条件が良かったことから(渋谷なので飲んだり遊んだりしやすい)進学しているような人もいたとは思います。とはいえ教職課程をとっている人や文学部、法学部などきちんと勉強しているももちろんいました。特に気取るわけではないけれどいまどきの雰囲気を持ちつつも、そこそこ勉強ができる、まともな学生が多かったです。

また副専攻や各種資格課程なども充実しており、希望の授業への選択肢が多かったことはこの大学に来ていた学生にとってはメリットだったと思います。勉強がしたい人もそんなに好きでない人も、将来が決まっていなくても大学生ライフを送ることができる魅力的な大学です。

國學院大學の学力レベルを他の大学と比較すると、
日東駒専<国学院大学=武蔵大学<G-MARCH といった印象。

國學院大學の世間からの評判

関東圏の親戚からは家柄に関係なく「そこそこ優秀で歴史ある大学」にいけた親戚の子ども、という評価を受ける。国公立や早慶上智にはとても敵わないが、馬鹿にされるでもなく、いいところに受かったねと評価されるくらいの大学。就職も大手企業や有名企業、公務員への内定者が多いので無難な大学であると思います。

とはいえ、大学のレベルを理解していない高齢者や親戚、友人なども多い田舎では「大東亜帝国」の国(:国士舘大学)と混同されることが多いです。相手が無知であることと、地味な大学であり知名度が少ないことで止む終えない部分もありますが、そういう人よりはよっぽど優秀な大学なのでその勘違いについては丁寧に訂正するようにしています。

アルバイト先程度であれば先輩や後輩よりも勉強のできる大学、頭がいい(優秀)との評価を受けることが多いです。学校の知名度やランキングを気にしないのであればこのくらいのレベルの大学が1番心地よいと思えるような大学です。

國學院大學の学生の様子

サークル活動やアルバイト、ゼミ活動と勉学をきちんと両立出来ている学生が多い印象があります。全体的に穏やかで優秀かつ、まともな、どこにでもいるような学生像をイメージしてもらうと丁度良いと思います。伝統のあるそこそこのランクで、伝統や文化、神職なども大事にしている大学ですが、学生はいまどきな子が多いです。

学則が厳しいということもなく、また渋谷という好立地にキャンパスがあるため多様な学生が共存できる校風です。経済学部だと茶髪の子と黒髪の子半々くらいだと思います。ゼミは大変ですが入っていて良かったところも多いので、國學院では入ることをオススメします。

また、出席し課題を提出すれば取れる単位もありますし、課題の量も多くてテストもあるという科目もあります。いろいろな授業が展開されているので皆自分のレベルや目的にあった授業をバランスよくとっていました。とはいえ、1限と6、7限の授業の多くは少人数で構成されていました。日中の授業では騒ぐ人はいませんが寝ている人やゲームをしている人、スマホを使っている人などもいました。このあたりはどこの大学生も同じだと思います。

國學院大學の就職先について

就職活動では売り手市場ということもあり、あまり苦労した友人はいませんでした。(苦労している人は仲間内でも「それなりの人だから仕方ないよね」という認識があるような人だったので除きます)教員や公務員も一定数いますし、民間では大手企業、上場企業、金融機関と様々ですが、皆そこそこ優秀なところから内定をもらっていました。さほど熱心に就職活動をしていなくても、学内セミナーや学内企業説明会などもあり、学生側もきちんとマナーを理解していたり、選び慣れしていたこともあり、苦労せず内定を獲得している人が多かったです。

履歴書を出せば目くらいは通してもらえるレベルの大学なので、あとは本人の中身次第というところです。事務職、営業職、専門職とどの職種をとってもそこそこの企業さんからお声がけしていただきました。仕事にケチをつけるわけではないですが、学生アルバイトの延長や同じ職務内容の企業に入ると「いい大学出たのにもったいない」と周りからは認識されるくらいの大学です。

國學院大學の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①そこそこのレベルがある大学なので、極端にレベルの低い馬鹿がおらず、かといってものすごく優秀なガリ勉もいない点。

②渋谷という立地条件で通いやすい上に、家族や親戚、友人といった周りからの評価もよく、卑下することなく学生生活を送ることができる(アルバイトやサークル活動と勉学をバランスよく両立されられる)点。

③在学中〜卒業後まで1度として恥ずかしいと思ったことがない点。

悪かったところ

①食堂やコンビニ、パソコンルームの混雑が引かない点。

②渋谷という立地が良すぎるが故に朝までオールが頻発したり、電車の遅延で授業に間にあわないということもしばしばある点。

③優秀な青山学院大学があるので近いというだけで比べ、それを話題にあげる人がいる点。

國學院大學に4年間通ってみていかがでしたか?

在学中も、卒業した今もこの大学で良かったと思っています。そこそこの大学という認識が先方にもあるので、大手企業や有名企業、公務員などの面接時にも相手の方から見下されることはありませんでした。また、OB,OGが活躍していますよ!と教えてくれるような好意的な企業もありました。

学生側もある程度のことは器用に出来てしまう人が多かったので、アルバイトやサークル活動と勉学の両立もバランスよくできている人が多く、就職活動でのアピールにも事欠きません。エピソードとして語れる人生の経験値が高い友人が多かった印象があります。

大学のレベルや知名度、伝統などからこちら側が気取らなくても、相手がそこそこ優秀な人だと勝手に認知してくれるので楽というところもあります(笑)。この大学を卒業できたことを誇りに思っています。

國學院大學の基本情報

國學院大學の住所と最寄駅

◇住所
〒150-8440
東京都渋谷区東4-10-28

◇最寄駅
JR・私鉄・地下鉄「渋谷駅」より徒歩約13分。

國學院大學の学費(4年間)

國學院大學の学費は以下の通りです(入学金含む)

文学部…学費395万円
人間開発学部…学費395万円
神道文化学部(フレックスB/昼間主)…学費395万円
法学部…学費395万円
経済学部…学費395万円
神道文化学部(フレックスA/夜間主)…学費395万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、國學院大學の学校パンフレットでご確認下さい。

國學院大學のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
国学院大学の知名度は低いですが、偏差値はそれなりに高くランクは日東駒専とMARCHの間くらいです。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、國學院大學の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で國學院大學の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

國學院大學のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*