金沢工業大学の評判と偏差値【ロボコンは世界的な評価】


こんにちは!
今回は金沢工業大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、金沢工業大学の学力レベルはそこまで高くありませんが、ロボコンは世界一という評価を受けています。そのため、ものづくりをしたい方にはとても良い大学です。

この記事以上に金沢工業大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで金沢工業大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば金沢工業大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく金沢工業大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は金沢工業大学工学部の卒業生です。

金沢工業大学の評判まとめ

金沢工業大学の偏差値

◇工学部
機械工学科…偏差値45
航空システム工学科…偏差値42.5
ロボティクス学科…偏差値42.5
電気電子工学科…偏差値42.5
情報工学科…偏差値45
環境土木工学科…偏差値42.5

◇情報フロンティア学部
メディア情報学科…偏差値42.5
経営情報学科…偏差値42.5
心理科学科…偏差値40

◇建築学部
建築学科…偏差値45

◇バイオ・化学部
応用化学科…偏差値42.5
応用バイオ学科…偏差値42.5

金沢工業大学の学生の学力レベル

各都道府県の工業高校で上位層の成績を収めた学生が多かった。

金沢工業大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
金沢星稜大学<金沢工業大学<金沢大学 といった印象。



金沢工業大学の世間からの評判

金沢工業大学の学生ですと言ったら『モノづくりサークルであるロボコンが世界一に輝いた学校ですよね』とのことで、地元でも有名な大学です。

また、ものづくりを支援する施設が充実しているので、様々な研究室の学生や各モノづくりプロジェクトの学生が参加する大会などで、優秀な成績を収めている大学です。そのこともあって、課外活動や普段の講義での勉学に非常に力を入れている大学で、ウェブサイト上でもあるように、「日本一課題が多い大学」として有名な学校です。

そのほかにも、金沢工業大学は、全国的に就職率が高い大学として、地元以外でも有名です。その理由は、教員のほとんどが大手企業から大学の教授として勤めているので、上位層の成績を収めた学生は上場企業へ就職しています。また、講義の中で、社会人として必要なスキルを大学の講義内で学ぶことができるので、卒業した学生がその企業で働く行動をみて、企業がその授業で学ぶ人間形成力の凄さに高く評価しています。

金沢工業大学の学生の様子

周りの学生のほとんどが、勉学に忙しい状況です。ものづくりのプロジェクトに参加している学生は、講義が終わった後の空き時間を有効活用したりして、モノづくりをしています。また、大会前日になると夜遅くまで残って、作業もしています。そのほかの学生は、バイトと毎回講義で出される課題をこなすなどをして両立しています。そのため、24時間365日稼働の自習室で勉強している学生が、多数その場所で行っています。

また、授業の出欠状況によっても成績に含まれているので、学生のほとんどが講義に出席しています。また、教えられた内容をそのままテストで出題されるのではなく、少し頭を使った問題が出題されるので、しっかりと講義を聞いた学生がよい成績をとることができるので、学生のほとんどが講義に真面目に取り組んでいます。また自ら行動する人材を育てる方針の下で、分からないところやもっと知りたいときに教員の居室に行って聞くと、その分の成績も加味してくれるので、積極的な学生が多いです。

金沢工業大学の就職先について

金沢工業大学は、全国的に就職率が高い大学として、地元以外でも有名であるので、上位層の成績を収めた学生は、三菱電機、東芝、各都道府県の電力会社などの上場企業や大手企業に就職しています。

中位層以下の学生は、各設備や機器の保守管理や施工管理に就職しています。その学生も大手企業や全国的に知名度が高い企業であるため、全体的に他の大学と比べて、上場企業や大手企業、全国的に知名度が高い企業などの割合が多いです。その理由は、教員のほとんどが大手企業から大学の教授として勤めていることと、就職サポートをしてくれるキャリアカウンセリングの専門スタッフがいるので、エントリーシートの書き方から面接までしっかりと指導をしてくれます。

金沢工業大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①自分がやりたいと思っていることを、実現してくれる教授や施設があるので、いろいろな面で助かりました。具体的には、工科系専門図書が世界最大級のライブラリーセンターで調べることができたり、モノづくりを自由に加工できる夢考房で作業することができるので、施設の便利さ的には、非常に良かったです。

②各教員が必ず在籍している日を毎週1回は設けているので、分からないときに聞くことができるので良かったです。

③社会人になってあまり苦労することがないので、大学のうちに習得しておいてよかったと思います。

悪かったところ

①大学内の施設のセキュリティが高くて、各施設に入るのに苦労します。

②食堂のスペースが狭いので、お昼になると混雑します。

③食堂や購買の価格が改定され、高くなっているので、買いずらい状況です。

金沢工業大学に4年間通ってみていかがでしたか?

卒業生として、その大学に通ってよかったと思います。理由は、自分がやりたいと思っていることを、実現してくれる教授や施設があるので、いろいろな面で助かりました。

具体的には、工科系専門図書が世界最大級のライブラリーセンターで調べることができたり、モノづくりを自由に加工できる夢考房で作業することができるので、施設の便利さ的には、非常に良かったです。また、各教員が必ず在籍している日を毎週1回は設けているので、分からないときに聞くことができるので良かったです。そのほかにも、社会人として必要なスキルを大学内で学ぶことができるので、社会人になってあまり苦労することがないので、大学のうちに習得しておいてよかったと思います。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
金沢工業大学の学力レベルはそこまで高くありませんが、ロボコンは世界一という評価を受けています。そのため、ものづくりをしたい方にはとても良い大学です。

この記事以上に金沢工業大学について詳しく知りたいという方は、金沢工業大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で金沢工業大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で金沢工業大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*