横浜市立大学の評判と偏差値【MARCH以上の学力レベルだが知名度は微妙】


こんにちは!
今回は横浜市立大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、横浜市立大学の学力レベルはMARCHよりも高いですが、全国的な知名度は低いので横浜市以外での就職を考えると微妙かもしれません。ですが、横浜市での生活を決めている方にはおすすめの大学です。

この記事以上に横浜市立大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで横浜市立大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば横浜市立大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく横浜市立大学の評判について見ていきましょう!
横浜市立大学のパンフレットを請求
今回インタビューをした方は横浜市立大学国際総合科学部の卒業生です。

横浜市立大学の評判まとめ

横浜市立大学の偏差値

◇国際教養学部
国際教養学科…偏差値57.5

◇国際商学部
国際商学科…偏差値57.5

◇理学部
理学科…偏差値50

◇データサイエンス学部
データサイエンス学科…偏差値60

◇医学部
医学科…偏差値67.5

横浜市立大学の学生の学力レベル

神奈川県出身で早慶に落ちた生徒が多かったです。

横浜市立大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
中央大学<横浜市立大学<首都大学東京 といった印象。

横浜市立大学の世間からの評判

横浜市では、横浜国立大学の次に優秀な大学と認識されています。横浜でアルバイトをしていた時に、お客様に出身大学を聞かれ答えると、優秀だね!と言われました。

ただ、横浜から出てしまうと、大学の名前を言っても、横浜国立大学と間違えられるばかりで、大学の存在自体を知らない人が多いです。就職活動でも、大学のネームバリューはあまりなく、ただ国公立大学ということだけが取り柄でした。ただ、医学部は昔から全国的に優秀な学部として有名で、付属の病院も地域に根差した病院として認識されています。

平井賢が卒業した学校としても有名ですが、有名私立大学、旧帝大に比べると知名度は劣ります。金沢八景という横浜の中でも自然豊か地域にあるため、環境はとても穏やかです。真面目な生徒が多く、髪を染めている人が目立つ程でした。公立大学の為、地域との関わりも深く、食堂には地域の人も訪れ、休日には親子が校内を散歩したりと地域に根差した大学だと思います。

横浜市立大学の学生の様子

真面目な生徒がとても多いです。ただ、公立なこともありお金に困っている生徒が多かったです。奨学金をもらいながら真面目に通学している生徒ばかりでした。髪を染めている人が目立つ程、ファッションも落ち着いた人が多いです。授業にアルバイトに関しても、家庭教師をする生徒が多かったと思います。部活動に打ち込む生徒も多かったと思います。

また、実習も講義にも真面目に受講している生徒が多いです。ただ、教授によって人気・不人気があるため、授業中の態度はそれに左右されいていたと思います。単位も、出席しないともらえないということもあり、出席率はとても高かったと思います。遅刻に関してとても厳しい教授が多く、1分でも遅刻すると出席扱いにならないこともあり、生徒は時間通りに真面目に受講していました。

横浜市立大学の就職先について

商学部としてもともと有名な大学だったので、銀行への就職が一番多かったです。横浜の大学なので、地方銀行の横浜銀行に就職する学生が多いです。

医学部は、6年学部で勉強した後、付属病院にて医師・看護師としてスキルを伸ばす人よりも外部の病院に研修に行っている学生が多かったように思います。国際教養学科の生徒は、大学で学んだ語学や国際関係学を活かし、グローバルメーカーや総合商社に就職している学生もいました。また、大学で英語・数学の教員免許の取得ができるため、在学中に免許を取得し神奈川県の教員になる学生も多くいました。また、公務員を目指す生徒も多く、他府県から来た生徒が神奈川県庁・横浜市役所に就職するケースも多かったです。

横浜市立大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①都会から離れていた。都会から離れていたために、遊びすぎることもなく、良い学生生活を過ごすことができました。

②学費が安かった。公立大学の為、私立大学に比べると学費が安く経済的負担が少なかったです。

③真面目な生徒が多かった。交友関係も広げられたと思います。

悪かったところ

①知名度が低い。あまり名前が知られていないため、就職活動に苦労しました。卒業後に大学を言っても、知らない人が多く少し悲しくなります。

②図書館が充実していない。隣の神奈川大学は、私立大学で本の数が多い素晴らしい図書館がありましたが、学校の図書館には文献も少なく論文を書くのに苦労しました。

③就職センターが弱い。さまざまなセミナーがありましたが、それが就職活動に役に立ったようには感じませんでした。

横浜市立大学に4年間通ってみていかがでしたか?

とてもよい交友関係を広げられましたし、自分の興味のあることを学べたので、通ってよかったと思います。ただ、就職活動で苦労したことがあり、知名度が高い大学に進学すればよかったと思うことが今でもあります。

環境・費用・教授等相対的に考えれば、とてもよい大学と考えますが、私立大学の話を聞くと就職活動に手厚いサポートがあったり、OB・OGから支援を受けられたり、メンター制度にて就職が決まることがある等、そちらに行けば就職に苦労することもなかったのかなと思うと、良かったのだろうかと思うことが多いです。一つの大学しか選べませんので、何とも言えませんがたくさんの経験をし、たくさんの友達ができ、今の充実した生活を考えるとこの大学に通っていてよかったなと思います。

横浜市立大学の基本情報

横浜市立大学の住所と最寄駅

◇住所
〒236-0027
神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2

◇最寄駅
京浜急行線「金沢八景駅」より、徒歩5分

横浜市立大学の学費(4年間)

横浜市立大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部(医)…学費538万円(6年間)
医学部(看)…学費300万円
国際教養学部…学費300万円
国際商学部…学費300万円
理学部…学費300万円
データサイエンス学部…学費300万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、横浜市立大学の学校パンフレットでご確認下さい。

横浜市立大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
結論から言うと、横浜市立大学の学力レベルはMARCHよりも高いですが、全国的な知名度は低いので横浜市以外での就職を考えると微妙かもしれません。ですが、横浜市での生活を決めている方にはおすすめの大学です。

この記事以上に横浜市立大学について詳しく知りたいという方は、横浜市立大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に横浜市立大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

横浜市立大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*