宮城学院女子大学の評判と偏差値【宮学ブランドのあるお嬢様大学】


こんにちは!
今回は宮城学院女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、宮城学院女子大学は「宮学ブランド」があり、地元東北では東北大学をはじめとした有名大学の男子学生からの評判がとても良いです。

この記事以上に宮城学院女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで宮城学院女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば宮城学院女子大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく宮城学院女子大学の評判について見ていきましょう!
宮城学院女子大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は宮城学院女子大学学芸学部日本文学科の卒業生です。

関連記事
宮城学院女子大学現代ビジネス学部の評判
宮城学院女子大学教育学部の評判
宮城学院女子大学生活科学部の評判
宮城学院女子大学学芸学部の評判

宮城学院女子大学の評判まとめ

宮城学院女子大学の偏差値

◇現代ビジネス学部
現代ビジネス学科…偏差値37.5

◇教育学部
幼児教育専攻…偏差値40
児童教育専攻…偏差値40
健康教育専攻…偏差値42.5

◇生活科学部
食品栄養学科…偏差値42.5

◇学芸学部
日本文学科…偏差値40
英文学科…偏差値37.5
心理行動科学科…偏差値40

宮城学院女子大学の学生の学力レベル

文系から理系まで、教職、国家資格を目指す学生が多く在籍していました。

宮城学院女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
白百合学園大学<宮城学院女子大学 といった印象。

宮城学院女子大学の世間からの評判

他校の学生から非常にモテました。「宮学」ブランドとして見られていました。特に東北大と相性がよく、頻繁に合コンなどがあったようです。

また、歴史のある学校なので祖母の後輩になるという貴重な経験ができ、親族からも評判はよかったです。結婚する際に学校名を言ったら、義母は非常に嬉しそうにしておりました。歴史の長さもさる事ながら、学費もそこそこ張りますので、お家事情も垣間見える学校ではあります。中でも、音楽科や礼拝堂があることからしとやかで女性らしい印象を与える事ができます。

実際は女子中、女子校あがりの女生徒が多いので粗野な面の方が多いです。就職活動ではかなりウケがよいですが、ブランド力が高いため一方的にハードルを上げられる傾向にあります。才色兼備と思われがちなので、粗探しをしてくる面接官も多かったです。また、キリスト教系の学校で日常的にお祈りをする場面があったので警戒されるパターンも多々ありましたが決して怪しい学校ではないです。

宮城学院女子大学の学生の様子

キャンパス内のカフェや、敷地内にある池の周りでみんなキラキラしていました。大学生協でも女性向けの雑誌や食品、コスメなどが売られていたので全体的に美意識は高かったと思います。勉学だけでなく「学生生活」そのものに輝きを求める生徒が多いような印象で、恋愛なども積極的でした。しかし体育会系のサークルは常に本気で、男性を圧倒させるほどのエネルギーを感じました。それぞれが青春を謳歌していたように思います。とても自由な校風でした。

また、ほとんどの学生が真面目に授業へ参加していました。不真面目な子は半年も保たずに退学しています。学費や実習費が高額という事もあり、学業を実らせようという意識は高かったように思います。しかし文系の学部、一部の授業ではゲームをしていたり、化粧をしていたり、絵を描いていたりする学生もいて、まれに注意されている姿を見る機会がありました。

宮城学院女子大学の就職先について

主に人気があり多く就職していた職業は管理栄養士、保育士、教員、音楽家などです。数カ国語を操れる学生が多かったので、外資系の企業や航空会社なども多かったように思います。

自分を含め身近にいた友人は鉄道会社、幼稚園、病院の栄養士、外資系の保険会社、美容業界、不動産、組合、銀行などに就職しています。不本意な就職をした学生は、周りでは少なかったように思います。転職の際も、それぞれ同じような業界で採用されていました。大手企業からベンチャー企業、専門職や起業など仕事は多岐に渡ります。中には学生時代から企業に拾われていた子もいて、学校への信頼を感じました。また、そのまま大学に就職する学生も非常に多かったです。

宮城学院女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①構内が広々として過ごしやすかったです。女子大に通っているという実感がとても湧きます。常に清掃の方が清潔にして下さっているので安心して過ごせました。

②学食のご飯が美味しいです。食品栄養価や食に関わるサークルの学生が考えたメニューを実際に提供したりしていて、自主性のある学校でした。ケーキやドーナツの移動販売なども定期的に招いており、とても充実していました。

③サークル活動がとても活発で、自主的に学業と両立させようとがんばる学生が多かったです。国試を受ける前にサークルの発表会に参加する先輩などもいて、見習うことが多かったです。

悪かったところ

①構内が広すぎて道に迷います。

②煙草が吸えません。

③真面目ぶっていないとついていけません。

宮城学院女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

非常によかったです。育ちのよい素直な生徒が多いので、その後も一生の付き合いができます。在学中、卒業後のフォローも充実していて、話しやすい教授やスタッフさんがとても多かったので助かりました。

なにより学校のブランド力に負けない重厚さ、過ごしやすさがありました。学校の立地は悪かったですが他校の生徒との交流は多く、男女の出会いにもとても寛容で爽やかな校風でした。構内に教会があるので、結婚式を挙げる卒業生もいます。そんな姿を見て、未来に明るい印象を抱きながら学生生活を過ごせました。自身は高校から大学まで通い、勉強、サークル活動、友人との交流に全力で取り組めました。学校の居心地のよさによる部分が多いと思います。

宮城学院女子大学の基本情報

宮城学院女子大学の住所と最寄駅

◇住所
〒981-8557
宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1

◇最寄駅
地下鉄南北線「旭ヶ丘駅」3番乗場より宮城交通バスで約10分、「宮城学院前」下車。

宮城学院女子大学の学費(4年間)

宮城学院女子大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

学芸学部(音楽)…学費685万円
生活科学部(食品栄養)…学費470万円
生活科学部(生活文化デザイン)…学費453万円
教育学部…学費431万円
学芸学部(心理行動科学)…学費418万円
現代ビジネス学部…学費418万円
学芸学部(英文)…学費394万円
学芸学部(人間文化)…学費390万円
学芸学部(日本文)…学費388万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、宮城学院女子大学の学校パンフレットでご確認下さい。

宮城学院女子大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
宮城学院女子大学は「宮学ブランド」があり、地元東北では東北大学をはじめとした有名大学の男子学生からの評判がとても良いです。

この記事以上に宮城学院女子大学について詳しく知りたいという方は、宮城学院女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で宮城学院女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

宮城学院女子大学のパンフレットを無料請求

関連記事
宮城学院女子大学現代ビジネス学部の評判
宮城学院女子大学教育学部の評判
宮城学院女子大学生活科学部の評判
宮城学院女子大学学芸学部の評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*