国士舘大学の評判と偏差値【経営学部と政治学部の偏差値は高い】


こんにちは!
今回は国士舘大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、国士舘大学は全体的には日東駒専未満の難易度ですが、政治学部と経営学部だけは駒澤大学並みです。

この記事以上に国士舘大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで国士舘大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば国士舘大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく国士舘大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は国士舘大学文学部の卒業生です。

国士舘大学の評判まとめ

国士舘大学の偏差値

◇政経学部
政治行政学科…偏差値55
経済学科…偏差値52.5

◇体育学部
体育学科…偏差値47.5
武道学科…偏差値42.5
スポーツ医科学科…偏差値45
こどもスポーツ教育学科…偏差値42.5

◇理工学部
機械工…偏差値47.5
電子情報…偏差値47.5
建築…偏差値50
まちづくり…偏差値42.5
人間情報…偏差値45
基礎理学…偏差値50
フレキシブル…偏差値45

◇法学部
法律学科…偏差値50
現代ビジネス法学科…偏差値47.5

◇文学部
教育-教育学…偏差値50
教育-初等教育…偏差値47.5
史地-考古・日本史学…偏差値47.5
史地-地理・環境…偏差値47.5

◇21世紀アジア学部
21世紀アジア学科…偏差値47.5

◇経営学部
経営学科…偏差値55

国士舘大学の学生の学力レベル

文学部には多種多様な高校から来た学生が多かった。

国士舘大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
国士舘大学<帝京大学 といった印象。



国士舘大学の世間からの評判

地元では高校時代、体育会系で鳴らしており足が速かった先輩が進学していったことは有名だった。近所では3、4歳年齢が上という先輩が多かったけど国士舘大学と言うだけで体育に強い大学だと思われていました。

当時、民放のテレビ番組では筋肉系の番組がもてはやされており、一般人の出演者の中には国士舘大学の学生が大勢出演しており、知名度が高かった。ただし、先輩のうちではスパルタ式の教育を告白している人もいて、体育会系とはそんなものだと認識しました。そのほかの体育会系の大学の中でもとくに厳しい対応の面があり、事務の対応も体育会系特有の大学です。

文系の自分はそのあたりに慣れるまでは結構悩みました。シビアに言うなれば、言いにくいことでもズバリと聞いてきます。間接的に聞くとか、優しい、ソフトなというイメージは持たない方がいいし、大学に通っている学生にはおそらくないはずです。慣れるまでは時間がかかりますが、社会勉強と思って学生特有の甘さを捨てる方がいいです。どこもそんな感じでたんたんとした事務員はいますし、学生だから甘い、丁寧という態度ではないことが多いです。

国士舘大学の学生の様子

文学部ですが文系はおとなしく真面目な印象です。過度に目立つ学生は見当たりません。地味なので友人を作りたいとか、誰々と話したい、などと意気込んでいてもなかなか進展しないことが多いです。また、大学のキャンパス全体的に見渡すと文学部的な色は薄くて、他学部の学生の色が濃いという面があります。いつも昼の時間の食堂は体育会系の学生もいるために、お年頃の女子としては利用しにくかったです。

また、文学部は平和で落ち着いた授業風景でした。選択した授業によってはかなり人が少ないということがありました。席の一部しか埋まらない授業を選択しても、講師陣は熱心に教壇に立っていました。真面目ですがつまらない授業も多いですが、他者からの注意が必要になるマナー違反の学生はいませんでした。携帯電話が鳴るとか、話しているとかはないですね。

国士舘大学の就職先について

中小企業が多いです。就職が決まらない学生も多いです。学生の人数も少なくないので仕方がないですが、就職が決まらずに卒業していく学生は、本人の意識や活動不足が半分、本当は希望の就職場所があるにもかかわらずにそれができないというかわいそうな状況に立たされた学生がもう半分ってところでした。

友人は卒業後に就職が決まったのですが、メールでゼミの先生に報告のために連絡を取ったら、返信がなかったそうです。私が知るところでは、学生の地元に就職が決まるという方が多いです。文系なので中小企業の事務、営業事務がやはり多かったです。事務系は総合職ではなく一般職で採用されたり、大手企業ならば大量募集の枠に見事に入ったりという感じです。

国士舘大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①大学のキャンパスは体育会系の色が濃いです。まだ入学したての20代はじめでは、男子率の多さに戸惑いましたが、異性が多いからと言ってトラブルはありませんでした。よかったところでは

②文学部は真面目な学生がおおいです。よかったところでは

③世間に名前は知られています。悪かろうと、知名度がないと就職活動では惨めな思いをするために知名度はある方がメリットが高いです。

悪かったところ

①ここだけではないですが、所詮私立大学ということにしみてしまいました。

②事務系の職員は決して優しくはないので、きつい突っ込みもありえます。書類をてつずきのとき、理由に不備があるとかなり怒られたり厳しいですね。

③キャンパスに男子が多く異世界のような気分になります。

国士舘大学に4年間通ってみていかがでしたか?

卒業できたのでよかったと思う。理由は、自分の偏差値では他の大学に入学は厳しかった。どうしても、共学で学生数が程よく多い大学が希望でしたのでここでよかったです。

どこの大学でも自主的に学ばなければ、何も習得できないことを知りました。大学は広く浅く、考え方を知るところです。それ以上専門的に学びたいというのなら大学院へ進学したり、編入を希望する方が良いです。それほど大学に期待を持つものではないですし、どこに入学しても自分次第なので大差はないと思いました。

卒業しやすさ、単位の取りやすさで決めてもいいかと思います。就職率も自分次第で変わります。ただし、就活では企業とのお見合いになるために、大学名は知名度が高い方がインパクトはあります。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
国士舘大学は全体的には日東駒専未満の難易度ですが、政治学部と経営学部だけは駒澤大学並みです。

この記事以上に国士舘大学について詳しく知りたいという方は、国士舘大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で国士舘大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で国士舘大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*