長野大学の評判と偏差値【国立ではなく公立大学です】


こんにちは!
今回は長野大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、長野大学は2017年より公立化したということもあり学費が安いです。そのため、長野県内に暮らしており学費を抑えたい方には良い進学先だと思います。

また、長野大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで長野大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば長野大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。
長野大学のパンフレットを請求
それでは、さっそく長野大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は長野大学 社会福祉学科です。

長野大学の評判まとめ

長野大学の偏差値

社会福祉学部
社会福祉学科…偏差値52.5

環境ツーリズム学部
環境ツーリズム学科…偏差値50

企業情報学部
企業情報学科…偏差値52.5

長野大学の学生の学力レベル

レベルは年々良くなってきている。地元、周辺からの学生とよく出会う。

長野大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
長野大学<獨協大学といった印象。

長野大学の世間からの評判

近年私立から公立化されたために学内サービスは落ち着かない状況だそうですが、私立の頃は学費は他大学より若干安かったので親受けは悪くなかった。初期は学生の数がふるわず、四苦八苦してきた経緯の大学であることくらいは周辺の人は知っているみたい。

社会福祉科は、高齢化社会に向けての貢献度がわかるので、頑張ってと声をかけてもらえる機会が多かった。

交通アクセスは大学駅前から徒歩圏内で恵まれている方だったし、立地環境はこだわっているエリアにある。長野自体地域性があり、地域で牽制する文化、民俗があるので県内の出身者でもよく思わない人もいることを在学中に知ることとなった。

就活においては学生からの差別意識はなかった。社会人からは国立と勘違いされることが多い。知らないけどでも、長野大学という名称は国立でないとおかしいというリアクションを取られたことも多いです。運営が白だといういう噂があり経営面では良いと噂されている。

長野大学の学生の様子

授業風景はおとなしい学生でいっぱいでしたが、教授、助教授らは個性派が多かったです。私に限ったことではないのですが、授業そのものに興味があっても教授の授業内容がとにかく好きではないという理由で履修しないこともままありました。教室が定員でいっぱいの授業などは、大学なのに高校のようで受講を途中で放棄したり環境的な理由もありました。

また、真面目におとなしく受講しているまともな学生ばかりですが、中には態度が落ちこぼれの学生もみました。そういう学生は、まとまっており他の学生とは蒸れないのでよく目立ちました。ゼミには問題のある学生はいませんでしたが、学部には一部で存在していました。座席で漫画を読むとかその程度なので、迷惑行為には発展していません。

長野大学の就職先について

就職状況はよしわるし、決して良いとは言えませんが、学部で学んだことを生かせる業界、業種への内定、就活生が大半でした。地元企業、小企業への就職内定者をよく見ました 。畑違いの起業へと就活していた学生は一部存在していましたが、内定は時間がかかっていたようで、卒業してから決まったので教授に報告したという例もありました。

大学のフォロー、サービスは期待しない方がベストかと思います。個人で立つ方がいいでしょう。お給料を比較して就職先を決めるという考え方の人も存在していた様子だった。大学全体として これというものはなく、学生の自由度が高い。 教授は学生の就職先まで真剣になってはくれないので自力で頑張るしかないですね。

長野大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①駅から徒歩圏内のアクセスは苦労がなくて立地上楽に通学できた。冬のシーズンも苦労はなかったので立地は良いと言える。

②学生はおとな しい人が多いです。服装も地味目、態度も控えめです。内剛外柔な人が多い。

③ 私立の頃は学費が安かった。親には優しい。

悪かったところ

①教授陣が個性的、就活、学業においてそこまで真摯に指導されることはなかった。自分から積極的に学問を探求すればそれなりに指導は仰げる場合もあった。

②学食が口に合わなかった。

③私立から公立へと変化していくというので、いろいろ落ち着かなかった。大学側もそのような状態にあるのだと悟ることができる環境であった。きわどい時期に入学したので損だった。

長野大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思うようにしています。理由は、私立ではない方がいいに決まっていますので、卒業年度から後の時期でも大学名を言えば、私立ではなくなるからです。もともと長野大学が私立であったことが変なのですが、私大を出ていますが私大扱いにならないことが多いので良かったかなと思います。

長野という環境は嫌われることが多いですが、キャンパスまでのアクセスは駅から徒歩圏内で近いので苦労は少ない方です。キャンパスも綺麗です。

学生は変な人はいません。内面がしっかりとした人が多いですので、安心して共に通えます。授業はよしわるしがありましたが、選択肢が多くて自由度もあるので嫌なら別の選択肢を取ることができます。学生時代に会うにはすごく変わった教授も存在していましたが、会ったこともないタイプがかなりの割合でおられます。

長野大学の基本情報

長野大学の住所と最寄駅

◇住所
〒386-1298
長野県上田市下之郷658-1

◇最寄駅
JR北陸新幹線・しなの鉄道「上田駅」で上田電鉄別所線に乗り換えて12分、「大学前駅」より、徒歩約10分。

長野大学の学費(4年間)

長野大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

環境ツーリズム学部…学費374万円
社会福祉学部…学費374万円
企業情報学部…学費374万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、長野大学の学校パンフレットでご確認下さい。

長野大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
長野大学は2017年より公立化したということもあり学費が安いです。そのため、長野県内に暮らしており学費を抑えたい方には良い進学先だと思います。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、長野大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に長野大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

長野大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*