日本大学の評判と偏差値【ネームバリューはとても強い】


こんにちは!
今回は日本大学の評判について、在学生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、日本大学の学力レベルはそこまで高くありませんがネームバリューは最強です。

また、日本大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで日本大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば日本大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく日本大学の評判について見ていきましょう!
日本大学のパンフレットを請求
今回インタビューをした方は日本大学経済学部卒業者です。

関連記事
日本大学法学部の評判
日本大学文理学部の評判
日本大学経済学部の評判
日本大学商学部の評判
日本大学芸術学部の評判
日本大学国際関係学部の評判
日本大学危機管理学部の評判
日本大学スポーツ科学部の評判
日本大学理工学部の評判
日本大学生産工学部の評判
日本大学工学部の評判
日本大学医学部の評判
日本大学歯学部の評判
日本大学松戸歯学部の評判
日本大学生物資源科学部の評判
日本大学薬学部の評判

日本大学の評判まとめ

日本大学の偏差値

◇法学部
法律学科…偏差値57.5
政治経済学科…偏差値52.5
新聞学科…偏差値50
経営法学科…偏差値50
公共政策学科…偏差値57.5

◇文理学部
哲学科…偏差値55
史学科…偏差値52.5
国文学科…偏差値55
中国語中国文化学科…偏差値52.5
英文学科…偏差値52.5
ドイツ文学科…偏差値52.5
社会学科…偏差値52.5
社会福祉学科…偏差値50
教育学科…偏差値52.5
体育学科…偏差値47.5
心理学科…偏差値57.5
地理学科…偏差値55
地球科学科…偏差値50
数学科…偏差値47.5
情報科学科…偏差値50
物理学科…偏差値45
生命科学科…偏差値47.5
化学科…偏差値47.5

◇経済学部
経済学科…偏差値55
産業経営学科…偏差値52.5
金融公共経済学科…偏差値52.5

◇商学部
商業学科…偏差値52.5
経営学科…偏差値52.5
会計学科…偏差値50

◇芸術学部
写真学科…偏差値45
映画学科…偏差値52.5
美術学科…偏差値40
音楽学科…偏差値47.5
文芸学科…偏差値50
演劇学科…偏差値55
放送学科…偏差値50
デザイン学科…偏差値47.5

◇国際関係学部
国際総合政策学科…偏差値50
国際教養学科…偏差値47.5

◇危機管理学部
危機管理学科…偏差値52.5

◇スポーツ科学部
競技スポーツ学科…偏差値50

◇理工学部
土木工学科…偏差値47.5
交通システム工学科…偏差値50
建築学科…偏差値57.5
海洋建築工学科…偏差値50
まちづくり工学科…偏差値50
機械工学科…偏差値50
精密機械工学科…偏差値45
航空宇宙工学科…偏差値52.5
電気工学科…偏差値47.5
応用情報工学科…偏差値52.5
物質応用化学科…偏差値50
物理学科…偏差値47.5
数学科…偏差値52.5

◇生産工学部
機械工学科…偏差値40
電気電子工学科…偏差値40
土木工学科…偏差値42.5
建築工学科…偏差値47.5
応用分子化学科…偏差値37.5
マネジメント工学科…偏差値40
数理情報工学科…偏差値42.5
環境安全工学科…偏差値42.5
創生デザイン学科…偏差値45

◇工学部
土木工学科…偏差値37.5
建築学科…偏差値42.5
機械工学科…偏差値37.5
電気電子工学科…偏差値37.5
生命応用化学科…偏差値37.5
情報工学科…偏差値40

◇医学部
医学科…偏差値65

◇歯学部
歯学科…偏差値50

◇松戸歯学部
歯学科…偏差値45

◇生物資源科学部
生命農科…偏差値50
生命化学科…偏差値47.5
獣医学科…偏差値62.5
動物資源科学科…偏差値47.5
食品ビジネス学科…偏差値50
森林資源科学科…偏差値45
海洋生物資源科学科…偏差値52.5
生物環境工学科…偏差値45
食品生命学科…偏差値47.5
国際地域開発学科…偏差値42.5
応用生物科学科…偏差値45
くらしの生物学科…偏差値42.5

◇薬学部
薬学科…偏差値50

日本大学の学生の学力レベル

MARCHに落ちた人や推薦や日大系列の出身の人が多かったです。

日本大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
立正大学<日本大学<明治学院大学といった印象。

日本大学の世間からの評判

レベルは高くないですが日本大学というネームバリューはあると思います。当時のアルバイト先で大学名を言ってぽかーんとされることは一度もなく、「中の上レベルじゃない。すごいすごい。」と褒めてもらえたり「○○と○○も日大出身だよ。」と教えてもらえたりしました。

社長を含め就職先や関わりのある企業で日大出身者は数多くいるので仲間意識があったり、それだけで会話になったりすることもあるので、さすが日本一のマンモス校だなと思うことはよくあります。

大学名で頭が良いとか悪いとか批判をされたりすることはほとんどありませんが、アメフト部の悪質タックル問題や水泳部の問題など、世間を騒がすような事件が相次いで「やばい大学(組織)」と思われてしまっているのは事実だと思います。

正直あの対応はないなと思いますが、規模が大きすぎるが故に上層部の方も機能していないのだと思います。日大の評判が良い方向に変わるときが来るといいなと思っています。

日本大学の学生の様子

レベルとして上から下まで幅広くいるため一概には言えませんが、勉強のために来ていますというような真面目な人や大学にはほとんど来ずぎりぎりの単位だけ取ってバイトして遊びまわっている人、みんなと集まることが楽しくて授業中などお構いなしにお喋りをしている人、在学中に起業をする人、THE女子大生というようなキラキラした人など本当に様々な人がいました。

また、出欠のある授業は座れないくらいに混んでおり出欠カードのためだけに来ている人が多いせいか、授業中は基本的にお喋りしているかゲームや携帯をいじっているか寝ているかという人が多数いました。

代筆を行っている人もたくさんいて、講義としての機能はほとんどありませんでした。出欠のない授業はがらがらで真面目な生徒が多かったように思います。楽単の授業は特に人気で抽選でした。

日本大学の就職先について

日大系列の高校出身者など全国から学生が集まっているので、地元の銀行や企業に就職する人、公務員として働く人が本当にたくさんいました。経済学部ということもありメガバンクや地方銀行、保険会社やカード会社、証券会社などお金に関わる仕事に就く人が多かったです。

またメーカーや商社、人材、不動産関係もたくさんいましたが経団連に属するような超大手企業に行っている人はそこまで多くなかったです。やはり就活の際に学力フィルターにかけられているのだなと感じました。

アパレルや飲食、ホテルや旅行会社などのサービス業に就職する人もいましたが多くは長くは続いていないように思います。また就職はせずにフリーターになる人、留学に行く人、専門学校に入る人、起業をする人なども一部いました。

全てを把握しているわけではありませんが、上から下まで幅広く就職先はあったと思います。

日本大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①卒業生の数が日本一なので就活の際は必ずと言っていいほど企業に日大出身者がいたこと。
→企業の方で同じ出身校の方がいたときには会話が弾んだので気持ち的にも楽でした。

②マンモス校なので友人がたくさんできたこと。
→横の繋がりだけでなく縦の繋がりもたくさん築けたことが今の私の財産になっているなと思います。

③水道橋という立地のため、都内で遊ぶにはアクセスしやすいところだったこと。
→新宿や渋谷、東京駅などへのアクセスが良く遊ぶ場所や買い物するところには困らなかったです。

悪かったところ

①周りの学力レベルがあまり高くなかったので、自分も甘ったれた考えになってしまったこと。
→元々立教大学や青山学院大学、学習院大学を目指していたので日本大学は滑り止めで合格していました。周りより少しできるという余裕から勉強する気がほとんど起きず、単位が取れればいいやという思考になってしまいました。

②キャンパスらしいキャンパスがなかったこと。
→都会のど真ん中にある学校だったため、憧れていたキャンパスライフとはかけ離れた学生生活を送りました。

③学食のレベルが低かったこと。
→近くの東洋大学のように学食のレベルが高ければもっとよかったなと思います。

日本大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。
もし他の大学に行っていたら別の人生があったかもしれませんが、今の主人と出会えたことや親友や多くの友人に出会えたことも含め、社会に出る前の猶予期間と言われている大学時代を日大で過ごすことができて後悔はひとつもありません。

大学主催のヨーロッパ研修にも参加でき、友人と海外旅行や国内旅行にたくさん行きました。勉強自体は正直どこの大学に行ってもほとんど変わりはないと思いますが、友人や先輩後輩との出会いや経験は日大でしかできなかったものです。

親のお金で贅沢させてもらって申し訳ない気持ちはありますが、得たものは大きかったと思います。もしかしたら違う大学に行っていたらさらに充実した学生生活を送れていたかもしれませんが、それは誰にもわからないことなので考えても仕方ありません。

辛いこともありましたが後悔なく楽しく過ごすことができたので私は日大に通えて良かったです。

日本大学の基本情報

日本大学の住所と最寄駅

◇住所(本部)
〒102-8275
東京都千代田区九段南4-8-24

◇最寄駅(本部)
JR中央・総武線、東京メトロ南北線・有楽町線、都営地下鉄新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩2分。

日本大学の学費(4年間)

日本大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

歯学部…学費3,840万円(6年間)
松戸歯学部…学費3,840万円(6年間)
医学部…学費3,337万円(6年間)
薬学部…学費1,270万円(6年間)
生物資源科学部(獣医)…学費886万円
芸術学部(映画(監督、撮影・録音))…学費654万円
芸術学部(美術、音楽)…学費642万円
芸術学部(映画(映像表現・理論)、写真、放送)…学費634万円
芸術学部(デザイン)…学費630万円
芸術学部(映画(演技))…学費626万円
芸術学部(演劇(上記以外))…学費626万円
芸術学部(演劇(劇作、企画制作))…学費622万円
理工学部(上記以外)…学費614万円
芸術学部(文芸)…学費614万円
理工学部(数学)…学費598万円
生物資源科学部(上記以外)…学費586万円
文理学部(生命科学、化学)…学費570万円
文理学部(物理)…学費566万円
文理学部(数学)…学費550万円
文理学部(地理、地球科学、情報科学)…学費546万円
生産工学部…学費546万円
工学部(福島)…学費538万円
スポーツ科学部…学費500万円
生物資源科学部(食品ビジネス、国際地域開発)…学費474万円
文理学部(体育、心理)…学費450万円
危機管理学部…学費444万円
文理学部(社会福祉)…学費438万円
国際関係学部(静岡)…学費438万円
文理学部(中国語中国文化、社会、教育)…学費420万円
文理学部(史、国文)…学費418万円
経済学部…学費418万円
文理学部(哲、英文、ドイツ文)…学費414万円
法学部…学費394万円
商学部…学費386万円
法学部(第二部)…学費216万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、日本大学の学校パンフレットでご確認下さい。

日本大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
正直文系学部で学べる内容はどこの私立大学でも大差がないので、ネームバリューを求めるのであれば日本大学も進学先としては悪くない選択だと思います。

また、日本大学のサークル情報や授業カリキュラムなどといった詳しい事を知りたい方は、日本大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に日本大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

日本大学のパンフレットを請求

関連記事
日本大学法学部の評判
日本大学文理学部の評判
日本大学経済学部の評判
日本大学商学部の評判
日本大学芸術学部の評判
日本大学国際関係学部の評判
日本大学危機管理学部の評判
日本大学スポーツ科学部の評判
日本大学理工学部の評判
日本大学生産工学部の評判
日本大学工学部の評判
日本大学医学部の評判
日本大学歯学部の評判
日本大学松戸歯学部の評判
日本大学生物資源科学部の評判
日本大学薬学部の評判

コメントをかく

*