大阪府立大学の評判と偏差値【大阪市立大学よりはレベルや難易度が低い】


こんにちは!
今回は大阪府立大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、大阪府立大学は関西圏ではとても評判が良く、なおかつ大阪府立大学よりも入学難易度が低いのでコスパがとても良い大学です。

この記事以上に大阪府立大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで大阪府立大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば大阪府立大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく大阪府立大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は大阪府立大学地域保健学域教育福祉学類 の卒業生です。

大阪府立大学の評判まとめ

大阪府立大学の偏差値(前期日程)

◇現代システム科学域
知識情報システム学類…偏差値57.5
環境システム学類…偏差値55
マネジメント学類…偏差値57.5

◇生命環境科学域
獣医学類…偏差値60
応用生命科学類…偏差値55
緑地環境科学類…偏差値52.5
理学類…偏差値52.5

◇地域保健学域
看護学類…偏差値55
総合-理学療法学…偏差値55
総合-作業療法学…偏差値55
総合-栄養療法学…偏差値55
教育福祉学類…偏差値55

大阪府立大学の偏差値(中期日程)

◇工学域
電気電子系学類…偏差値62.5
物質化学系学類…偏差値60
機械系学類…偏差値62.5

大阪府立大学の学生の学力レベル

国公立大学に行ければ親孝行になると考えるような真面目な学生が多かったです。 公立上位から中堅高校出身者がほとんどでした。浪人率もかなり低いです。 模試やセンター試験の成績はボーダーぎりぎりで、その代わりに高校時代の評定が高い生徒の割合が高いです。 外国語などある程度高校時代までの学力がわかる講義では、学生ごとの差が大きく、ごく一部ですが高校の勉強でやっとで受験レベルの水準ではない学生もいました。

大阪府立大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
奈良県立大学<大阪府立大学<大阪教育大学<大阪市立大 といった印象。

大阪府立大学の世間からの評判を箇条書き

・大学が所在する大阪府内、特に堺市近辺で大学名を言うと賢い、すごい、うらやましいと賛辞されますが一歩近畿の外へ足を踏み入れると大阪市立大学との違いがわからない、知らないなど知名度がいきなり下がります。

・就職活動では関西圏に絞れば有利になると学生たちは噂していました。

・京都大学、大阪大学などは大手企業に就職してしまうので、大阪府立大学くらいの大学出身者が嬉しいと言われたことがある友達もいました。

・一部の学部(工、獣医)のみ偏差値が高く有名難関大学の次にランキングすることが多いため「眼鏡」「チェックシャツ」「真面目」「がり勉」という印象を持っている人も多いです。

・地域の飲食店でアルバイトをした際、「服装が地味」「真面目そう」「はじけていない」などの印象を地域の主婦たちは持っていることを聞きました。

・大阪に住んでいても、大阪大学、大阪府立大学、大阪市立大学の学力の違いを知らない人はかなり多く、全部とても賢いという人も結構います。なので、人によってはかなり高学歴だと感じるようです。

大阪府立大学の学生の様子

工学域、獣医学類の学生は周りの学生を見下しているような部分があり、全学部共通の講義で少し態度が悪いことがありました。 一方、現代システム学域、地域保健学域などぎりぎり国公立大学に入れたと考えている学生たちは遠慮がちでした。 もともと、真面目に高校生活を送ってきた学生や地方出身者も多く、大学になって遊んでいるつもりでもそんなに派手な学生はいなかったように思います。

また、サボっているといえど、SNSで話題になるようなひどい騒ぎ方をしている学生を見かけたことはありません

大阪府立大学の就職先について

専門職に就く学生が多いです。列挙するだけでも、工学、獣医学、農学、看護学、リハビリ、栄養、教育、福祉、心理など一般企業の総合職よりも専門職に適した専攻分野ばかりなので、就職活動の時期も合同説明会に行くためにあわただしくしている学生ばかりではありませんでした。

国家試験を控えている学生や、研究室からの推薦で就職を決める学生も一定数います。企業のレベルよりも専門性で就職先を決める学生も多かったです。一方、現代システム学類のみは他大学の経済学部のような位置づけでしたので、銀行や証券会社など専門性の高い職業以外に大学職員や公務員、営業職などを志している学生が多くいました。また、大学院進学のタイミングで他の大学の院に進学する学生が結構いるので就職までどうなったのかわからない学生も少なくありません。

大阪府立大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①大規模すぎず、研究室でのゼミや講義などで教員から指導をいただける機会が多かったです。特にゼミでは、学生3名に対して教員が1名程度配置されていたので、卒業間際まで論文指導を放置されたりすることはなかったです。

②専門的な知識を高めるために入学する学生が多く、就職活動や卒業論文などで信頼できる相談相手が多かったです。国家試験や就職活動に対して意識の高い学生が多く、刺激になりました。

③地下鉄御堂筋線が最寄り駅なので、学外活動や就職活動野際いアクセスが良かったです。

悪かったところ

①公立大学なので致し方ないかもしれませんが、施設設備や生協の売店、食堂などが古いうえに狭かったです。

②学園祭が二度あるのですが、そのスタッフを構成する組織に半ば強制的に加入させられるので迷惑でした。

③りんくうキャンパス、羽曳野キャンパスが遠く、そのキャンパスに通う学生が不便そうでした。

大阪府立大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。理由は、入学時の大学レベルは難関ではないにもかかわらず、大学で学ぶことの専門性が高いため就職活動などをするうえで有益だからです。

また、地元での就職を望む人からすれば、評判もおおむね悪くないので不利になることがありません。アルバイトでも、塾や家庭教師などの教育系であればほとんど面接を通過できるので時給の高いアルバイトをすることが可能です。マンモス大学にはない和やかな雰囲気とがあり、家族や親せきからも喜ばれます。将来、研究職に就きたい人や大手企業に就職したい人にとっては少し物足りないキャリアかもしれませんが、そこまで望まないのであれば、充分すぎる学業の充実と学歴が手に入ります。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
大阪府立大学は関西圏ではとても評判が良く、なおかつ大阪府立大学よりも入学難易度が低いのでコスパがとても良い大学です。

この記事以上に大阪府立大学について詳しく知りたいという方は、大阪府立大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に大阪府立大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で大阪府立大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*