大阪教育大学の評判と偏差値【近畿圏の学校教員の中では間違いなくエリート扱い】


こんにちは!
今回は大阪教育大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、大阪教育大学は近畿圏ではとても評判が良く、近畿圏の学校教員の中では間違いなくエリート扱いを受けます。国立大学のため学費が安い点も嬉しいですよね。

この記事以上に大阪教育大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで大阪教育大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば大阪教育大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく大阪教育大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は大阪教育大学教育学部の卒業生です。

大阪教育大学の評判まとめ

大阪教育大学の偏差値

◇教育学部
小中-英語教育…偏差値55
小中-数学教育…偏差値50
小中-理科教育…偏差値52.5
中等-英語教育…偏差値55
中等-数学教育…偏差値55
中等-理科教育…偏差値55
中等-技術教育…偏差値52.5
理数-数理情報…偏差値50
理数-自然科学…偏差値50

大阪教育大学の学生の学力レベル

大阪大学や神戸大学、大阪市立大に落ちた人や、ぎりぎりそれらに届かなかった人が多かったです。

大阪教育大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
和歌山大学<大阪教育大学<大阪府立大学 といった印象。



大阪教育大学の世間からの評判

近畿圏の国立で専門教員養成課程を持つ大学なので、近畿圏の学校教員の中では間違いなくエリート扱いです。

特に、特別支援教育について専門的に学ぶことができるのは大阪教育大学と私立の1校だけだったので、教育現場でもかなり重宝されると思います。また、教員を目指している学生が大半なので雰囲気も真面目で、派手な学生が少なかったことから真面目な学生が多い学校だと地元での評判は良いです。

例えば、地元自治体と連携して行う授業やサークル活動があり、自治体職員や地元の小学校の先生方と打ち合わせをすることも多かったが、近隣の大学の学生より大教の学生の方が安心して任せられるとの意見をいただいたこともあります。スポーツ推薦で入学してくる学生もいますが、国立なので、私立大学のようにAO入試や推薦で入学した学生と一般入試で入学した学生の能力差はそこまで気になりません。卒業生はほとんどが教員ですが、音楽課程からは演奏家や、芸術課程からはアーティストになる学生もおり、交友関係も広がります。

大阪教育大学の学生の様子

ほとんどが教員を目指しているせいか、地味でまじめな学生が多いです。バイトでも塾講師をしている学生が多く、規定で染髪ができなかったりするからだと思います。また、音楽専攻や芸術専攻の学生には個性的な学生が多いのですが、それぞれ教員を目指している為か、専攻が違っても同じ職業に就く者同士互いに刺激しあってメリハリのある学生生活を送っている学生が多いなと感じていました。

また、一般教養の授業で人数が最も多い授業ではそれなりに不真面目な学生もいました。ただ、受講数は多くても100名程度ですので、大声で話したり立ち歩いたりする学生はいませんでした。居眠りしたり、別の作業をしたり、ゲームをしたりスマホをいじったりしている程度です。人数の少ない専門の授業では基本的に出席よりもテストを重視することが多かったので真面目に受講する生徒が多かったです。

大阪教育大学の就職先について

教員養成課程から教員を目指すのは比較的容易です。特に、小学校教育課程や特別支援教育課程は教員採用試験に合格すれば間違いなく就職できます。

中学校や高等学校の教員を目指す方については就職先の自治体や専攻科目の状況にもかなり左右されます。関西の中学社会や高校地歴公民はかなり教員数が多く、合格率が低かったです。ですので、大学院に進学したり、特別支援学校の教諭になったり、私学の教員になったりしている学生が多かったです。

2番目に多いのが公務員になる学生です。国家公務員総合職は少ないようですが、それ以外の公務員試験については大学のサポートなしで合格していく学生が多いです。やはり、一般企業への就職が最も少ないです。小売業や大阪の地元銀行などが多いです。

大阪教育大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①田舎ののびのびとした雰囲気で好きな学問やサークル活動に熱中できました。

②同じ職業目指す仲間が多かったので、お互いに切磋琢磨し成長することができました。

③教育大学ならではのサークル(小学校へ授業をしに行くサークル)があり、貴重な体験ができました。

悪かったところ

①学校が山の上にあり、登下校が登山のようで非常に疲れます。ヒールを履いての通学ができなかったのは悲しかったです。

②大学の周りが山しかないので、遊ぶところが非常に少ないのが不便でした。他大学とのコンパや合コンが非常に少なく残念でした。

③教員養成大学なので、教員にならないと決めた後は一般企業への就活のサポートが少なく苦労しました。

大阪教育大学に4年間通ってみていかがでしたか?

とてもよかったと思っています。理由は2つあります。

1つ目は、私自身が地味で、おとなしい性格なので都会の学校だと萎縮してしまった気がしているからです。田舎ののびのびとした環境で大好きな学問やサークル活動に没頭することができました。そこで出会った友人は数少ないながらも未だに親友です。

2つ目は、他大学ではできないサークル活動ができたからです。小学校に出向き、放課後に子どもたちの前に立って授業するというサークルがありました。毎週授業案を考え、練習し、子どもたちのところへ向かうのですが、実力不足や準備不足で子どもたちをまとめきれず、大変でした。ただ、この経験で人前で話すことへの抵抗感や子どもたちとの接し方などたくさんのことを学びました。

以上の理由で、私は大阪教育大学に通っていてよかったと思っています!



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
大阪教育大学は近畿圏ではとても評判が良く、近畿圏の学校教員の中では間違いなくエリート扱いを受けます。

この記事以上に大阪教育大学について詳しく知りたいという方は、大阪教育大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に大阪教育大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で大阪教育大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*
*
* (公開されません)