立命館アジア太平洋大学の評判と偏差値【APUとよばれています】


こんにちは!
今回は立命館アジア太平洋大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、立命館アジア太平洋大学は日本有数のグローバル大学として、世間からの評判がとてもよく学生の質も高いです。

この記事以上に立命館アジア太平洋大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで立命館アジア太平洋大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば立命館アジア太平洋大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく立命館アジア太平洋大学の評判について見ていきましょう!
立命館アジア太平洋大学のパンフレットを無料請求

立命館アジア太平洋大学の評判まとめ

立命館アジア太平洋大学の偏差値

◇アジア太平洋学部
アジア太平洋学科…偏差値52.5

◇国際経営学部
国際経営学科…偏差値50

立命館アジア太平洋大学の学生の学力レベル

世界中から学生が来ていたが留学生は国を代表するレベルで優秀な人も来ていました。日本人学生は県内で比較的上位には入る進学校出身者がやや多かったです。

立命館アジア太平洋大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
福岡大学<立命館アジア太平洋大学=西南学院大学<立命館大学=同志社大学 といった印象。

立命館アジア太平洋大学の世間からの評判

日本有数のグローバルな大学として有名です。

英語力だけでなく、海外の方とのコミュニケーション力が高く、多様性に寛容な学生が多いです。企業からも注目され、大手企業への就職率が非常に高いです。マスメディアにもよく取り上げられています。大分県別府市という地方に位置しながら、わざわざ企業担当者が就職説明会を開き学生をスカウトしに来ます。

学長も財界の著名人が就任しさらに注目を浴びています。別府市にも多大な貢献をしており、同大学があるからこそ留学生の移住比率は東京などの都市圏に次いで高い状況と聞いています。自主的な学生が多く、自分の人生をどのように作っていくのか考えて行動する学生が多いため、卒業後は大企業に就職後起業する同窓生も多くいます。

英語が堪能なだけではなく、多様性である環境で揉まれて過ごした経験が、「難しい状況で自主的に考え打開する姿勢」を醸成し、就職活動時、そして就職後の社会人生活に生かされている人が多くいます。

立命館アジア太平洋大学の学生の様子

モチベーションが高い学生が多かったです。何を大学時代に成し遂げるか、大なり小なりそれぞれが自分事として考えていました。起業したり、サークルを立ち上げたり、自ら率先して道を開拓する生徒が非常に多かったです。受け身な生徒はあまりいない印象でした。

また、それぞれの目標に対して否定する人も少なく、それぞれの目標をたたえ応援する姿勢の生徒が多かったです。卒業後もそれは変わりません。

そして意識の高い留学生と一緒に授業を受けることが多く、またテストやプレゼンの宿題も非常に多いので、授業中にさぼっている人は少数でした。授業にもよりますが、真剣に受講している人が多く、質問も飛び交うこともしばしばでした。あまり日本一般的な大学のように、授業中に遊んでいるなどの行動は見られなかったように思います。

立命館アジア太平洋大学の就職先について

名のある大手企業に大半が入社していると思います。

私が就職活動をしたときは、まだまだ大学の名前が売れていませんでしたが、それでも名前を聞けばわかる企業に内定をもらう学生が多くいました。特に、自主性を重んじる会社に入社した人は多くいたように思いました。

リクルートや旧インテリジェンス、ユニクロ、ソニー、トヨタ、TOTOなどの名だたる企業ばかりでした。各業界のトップ5に入るような企業への入社が多いように思います。また直近ではITベンチャーなど自分の素質を自由に活かせそうな企業への入社も多いようです。

自分の意見をはっきりと伝え、自主的にガツガツ行動する学生が多いので、それを良しとする企業への入社が多いのではないでしょうか。

立命館アジア太平洋大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①自主的で開放的でした。多様性を重んじるので、変わっていることそのものを尊重してもらえました。

②生きた英語を学べます。いろんな訛りの英語話者がおり、また学内も日本語と英語が公用語なので、生きた英語に日本にいながら触れることができます。

③頑張る人を揶揄しない環境が良かったです。日本人はどうしても出る杭打たれる環境ですが、それがほとんどありません。

悪かったところ

①場所が田舎すぎました。今ではいい思い出ですが、本当に遊ぶところがなかったので、学業に集中できる一方帰省時はすこし大変でした。

②卒業後に海外といかにかかわっているかを問われる環境があることが少し面倒です。そうでない人も尊重してほしい場面もあります。

③学費が高いことです。私立大学なので仕方ないことではありますが、他の私立大学よりは高いです。

立命館アジア太平洋大学に4年間通ってみていかがでしたか?

よかったと思います。

先ほど挙げた悪いところもあれど、卒業後に日本的な環境に慣れず苦しんだりした時も寄り添ってくれる仲間ができたように思います。また、人生の岐路に立っても、基本的に自分自身の決断を尊重してくれるメンバーが多いので、居心地が良いです。

また今はSNSがあるので、卒業後に振り返ってみると世界中に知り合いがいるのも楽しいです。学業を学ぶにはまだまだ専門性がない大学ではありますが、人のつながりを残すには十分すぎる大学だと思います。

大学時代にお互い知らなくても、同じ大学なだけでぐっと距離が近くなるほど、卒業生同士で似た部分が多いです。特に今は学長も変わり知名度も高くなり、あの大学に通っていたんですか、すごい!と褒められることも多くありがたい限りです。

立命館アジア太平洋大学の基本情報

立命館アジア太平洋大学の住所と最寄駅

◇住所
〒874-8577
大分県別府市十文字原1丁目1番

◇最寄駅
JR「亀川駅」より大分交通バス「立命館アジア太平洋大学」行きに乗車⇒終点「立命館アジア太平洋大学」下車【約15分】

立命館アジア太平洋大学の学費(4年間)

立命館アジア太平洋大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

アジア太平洋学部…学費541万円
国際経営学部…学費541万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、立命館アジア太平洋大学の学校パンフレットでご確認下さい。

立命館アジア太平洋大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
立命館アジア太平洋大学は日本有数のグローバル大学として、世間からの評判がとてもよく学生の質も高いです。

この記事以上に立命館アジア太平洋大学について詳しく知りたいという方は、立命館アジア太平洋大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で立命館アジア太平洋大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

立命館アジア太平洋大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*