奈良女子大学の評判と偏差値【国立の女子大学です】


こんにちは!
今回は奈良女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、奈良女子大学は国立の女子大学のため真面目な学生が多く、関西圏での評価はとても高いです。

この記事以上に奈良女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで奈良女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば奈良女子大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく奈良女子大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は奈良女子大学文学部の卒業生です。

奈良女子大学の評判まとめ

奈良女子大学の偏差値

◇文学部
偏差値57.5

◇理学部
数物科学科…偏差値50
化生-化学…偏差値50
化生-生物科学…偏差値50
化生-環境科学…偏差値50

◇生活環境学部
食物栄養学科…偏差値60
心身健康学科…偏差値57.5
情報-衣環境学…偏差値55
情報-生活情報通信科学…偏差値52.5
住環境学科…偏差値57.5
生活文化学科…偏差値55

奈良女子大学の学生の学力レベル

各県の進学校で中間層~上位層の学生が多かったと思います。

奈良女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
京都女子大学<奈良女子大学<大阪市立大学といった印象。

奈良女子大学の世間からの評判

日本で国公立の女子大はお茶の水女子大学とこの奈良女子大学だけなので、関西ではやはり「奈良女子大学です」というと、「賢いんだね」と言われます。

ただし、関東のほうで「奈良女子大学」と言っても、あまりみなさん反応がありません。奈良女子大学は、頭の良いお嬢様系の女の子が通うところというイメージもあるようですが、一方で「いも女」という言葉を私はよく聞きました。

奈良女は、「いも女」と言われており、芋みたいなダサい女の子が多いという意味だそうです。関西の他のキラキラした女子大(同志社女子、京都女子など)と比べられてそう言われているようでした。また、奈良女子大学に入れば、京都大学の男子学生とお付き合いできるというような評判もよく聞きました。

実際に私の周りでも奈良女子大学と京都大学のカップルは非常にたくさんいました。また、奈良女子大学から奈良の地銀、南都銀行に勤めるのが奈良の女子のエリートコースというような話も聞いたことがあります。

奈良女子大学の学生の様子

ばっちりメイクをして服装もキメているイケイケな子は各クラスの中でも1割ほどで、ナチュラル、スポーティー、落ち着いた感じの子のほうが多かったです。

ギャル系の子たちは少数なので、逆に目立っていました。ノーメイクで来る子も結構いました。そして全体的には、みんな真面目に授業を聞いていました。勉強もバイトもサークルもしっかり頑張る子が多かったように感じます。

また、全体的には真面目に授業を聞く人が多いです。ただし、大学内で一番大きい部屋での講義(一般教養など)は、友達同士が近くですわって、おしゃべりをしている人が多かったように思います。

出席をとらない授業ではサボる人もいましたし、途中で退室する人などもいました。後ろの方の席の人はほとんど寝ていました。実習系は楽しく参加している人が多かったです。

奈良女子大学の就職先について

文学部、理学部、生活環境学部すべてにおいて、小学校や中学校の先生になる人が非常に多かったです。

先生にならない人でも、ほとんどの学生が教員免許を取得していました。教員以外でいくと、文学部の友人は、お堅い感じの金融系や、役所が多かったように思います。

特に、奈良の大手地銀、南都銀行への就職者はよく聞きました。大手企業の営業系の部署に就職が決まった子の声もいくつか聞きました。理学部や生活環境学部の友人は、ある程度名前を聞いたことがある大手企業が多かったです。

理学部や生活環境学部の人たちは、そのまま大学院まで進んで、大手の研究職についた人も多かったです。あとは、地方からこの大学に来ている子が多かったので、地元の方で有名な企業へ就職した子もたくさんいました。

奈良女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①こじんまりとした小さなキャンパスなので、各授業と授業の間の移動に時間がかからないですし、入り口の門から教室も遠くないので、ギリギリで登校しても授業に間に合うところです。

②大学から5分ほど歩けばもう、東大寺や奈良公園があり、大学内には、奈良公園の鹿たちが常にお散歩していて、とてものどかで平和なところです。

③学食のクオリティがとても高いところです。女子大なので、女子が嬉しいおかずバイキングが非常に充実しています。値段も安くてコスパが非常に良いです。

悪かったところ

①女子大なのでしかたないのですが、男子学生との出会いの場が少ないところです。

②関西の中では奈良女子大学生は「いも女」と言われているらしく、あまり冴えない女子というイメージがあるところです。

③鹿が大学内を毎日お散歩しているので、芝生には鹿のフンがよく落ちているところです。

奈良女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。
「奈良」という、関西の中では比較的田舎の地で、女子だけなので、本当にのびのびと大学生活を送ることができました。

男子学生との出会いは少ないですが、京大や同志社、立命館などの大学との合同サークルなどに参加すれば問題ありません。

普段の生活では女子だけなので、すっぴんでジャージで登校する子もいて、毎日ばっちりメイクや服装選びに時間をかけなくてよいので楽でした。また、駅が近いので何かと便利です。近鉄線なら、大阪にも京都にも、すぐに出ることができます。

さらに、すぐ近くが東大寺や奈良公園という有名な観光地ですので、お土産屋さんや食事処、旅館など、アルバイトができる施設がたくさんありました。その点もとても良かったです。先生も学生も全体的に温和で穏やかな人たちが多かったように思います。一生お付き合いできそうな友人をこの大学でたくさん作ることができたので、本当に良かったと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
奈良女子大学は国立の女子大学のため真面目な学生が多く、関西圏での評価はとても高いです。

この記事以上に奈良女子大学について詳しく知りたいという方は、奈良女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に奈良女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で奈良女子大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*