立命館大学の評判と偏差値【関西で二番目の私立大学】


こんにちは!
今回は立命館大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、立命館大学は関西の私立大学の中で2番目に評判が良いです。

この記事以上に立命館大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで立命館大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば立命館大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく立命館大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は立命館大学経済学部2015年度卒業生です。

立命館大学の評判まとめ

立命館大学の偏差値

◇法学部
法学科…偏差値55

◇産業社会学部
現代社会…偏差値55
スポーツ社会…偏差値55
子ども社会…偏差値57.5
人間福祉…偏差値55

◇国際関係学部
国際関係…偏差値62.5

◇文学部
人間研究…偏差値60
日本文学研究…偏差値60
日本史研究…偏差値62.5
東アジア研究…偏差値57.5
国際文化…偏差値57.5
地域研究…偏差値57.5
コミュニケーション…偏差値57.5

◇映像学部
映像学科…偏差値55

◇経営学部
国際経営学科…偏差値60
経営学科…偏差値60

◇政策科学部
政策科学科…偏差値57.5

◇総合心理学部
総合心理学科…偏差値60

◇経済学部
経済専攻…偏差値57.5

◇スポーツ健康科学部
スポーツ健康科学科…偏差値55

◇理工学部
数理科学科…偏差値55
物理科学科…偏差値52.5
電子情報工学科…偏差値55
機械工学科…偏差値55
ロボティクス学科…偏差値55
環境都市工学科…偏差値52.5
建築都市デザイン学科…偏差値57.5

◇情報理工学部
情報理工学科…偏差値55

◇生命科学部
応用化学科…偏差値55
生物工学科…偏差値52.5
生命情報学科…偏差値55
生命医科学科…偏差値55

◇薬学部
薬学科…偏差値57.5
創薬科学科…偏差値55

◇食マネジメント学部
食マネジメント学科…偏差値55

立命館大学の学生の学力レベル

滋賀県内で3本の指に入る膳所高校、彦根東高校、虎姫高校の上位層が多かった。

立命館大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
関西学院大学<立命館大学<同志社大学といった印象。

立命館大学の世間からの評判

関西で、私立大学といえば、関関同立と呼ばれております。

関西大学、関西学院大学、立命館大学、同志社大学。この4つは、関西の中でも人気であり、知名度が高く、大学ブランドが強く、就職にも非常に強いです。私はT高校という高校に通っており、ある程度滋賀県内では進学校の位置づけです。

その高校では、立命館大学はすべりどめ扱いでしたので、自分自身もそこまで評判が良いとは思っておりませんでした。しかし、地元のアルバイト先で、大学の話になると、立命館大学は非常に優秀な大学というイメージをもたれておりました。

そのバイト先は、高校生も多く、県内であまり進学校ではない高校生がバイトしておりましたので、そのように言われておりました。進学校で懸命に勉強する高校生は、高校時代にアルバイト経験等はあまりないことが多いので、それぞれの高校での時間を使っているのです。

関関同立のレベルは、同志社は1番、立命館は2番、関西学院大学と関西大学は3番目とよく言われます。

立命館大学の学生の様子

学生が多いため、サークル数等も非常に多いです。様々なサークルに所属し、活発な学生が多いです。

立命館に入る学生は、高校時代は勉強中心の生活をしている人が多かったため、大学に入り、バイトデビューを果たし、社会経験できることの楽しさを覚え、アルバイトに夢中になる人が非常に多いことが特徴として挙げられます。

また、立命館大学はマンモス校であるゆえに、講義室も非常に大きく、受講人数も非常に多いです。後ろの席のほうまでは、大学の先生も目が届かないため、椅子に寝転がり、寝ている学生も多く、見受けられました。

出席を取らない授業は基本的に学生が少なく、定期テストの際に、あまりの受講人数も多さに先生も驚いている様子がよく見受けられました。

立命館大学の就職先について

理系の学部は、大学院まで進み、名の知れた大手メーカー等の研究職につく人が多いです。文系の中でも、文学部等は、大学時代何をメインに勉強したのかを就活の際に伝えることができる学生が多いです。

しかし、経済学部の学生が就活の際に苦戦します。経済学部に入る学生は、入学する際に何を勉強したいか明確ではない学生が多く、幅広い分野を勉強できるからという理由で入学します。その曖昧の気持ちもまま、大学生活を過ごし、就活の際に何を伝えたらよいかわからないと悩む学生が多いのです。

理系のように、名の知れた企業に就職する学生は一握りです。経済学部の文系ができる職は、営業か事務職と非常に少なく、専門性が必要な職ではございません。そのため、競争率は非常に高いです。

立命館大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①学生数の多さ
→外国の方、日本人の生徒が非常に多いことから、様々な文化や習慣を学ぶことができるため、非常に刺激がありました。

②大学のブランド
→ブランド力があるため、就活には非常に強いです。胸を張って、就活に取り組むことができます。

③イベントの多さ
→地域とタックを組んで、何かイベントをすることが多かったので、自然と社会経験も身に付きます。

悪かったところ

①立地条件
→駅から車で30分ぐらいかかるため、駅からバスで通う人が多かったです。定期試験のときは、バスが込み合いました。

②出席を取る授業が少ない
→大学生ですので、授業に参加するか否かは自由ですが、生徒を平等に評価するやり方を考えるべきだと思います。

③学内が広すぎる
→移動だけで、夏は特に体力を奪われます。

立命館大学に4年間通ってみていかがでしたか?

私は立命館大学に通っていてよかったと思います。理由は3点あります。

1点目に、友達がたくさんできたことです。マンモス校であるがゆえに、さまざまな土地から大学に通います。いろいろな土地のことも知れ、世界が広がりました。

2点目に、就職に有利なことです。ブランドがあるため、就活でも有利に進められます。ブランドがない大学ですと、エントリーシートで切られますが、立命館大学は切られるような経験はほとんどありません。

3点目は、人です。頭がそれなりに良い人が多いです、しかし、遊びにも全力になれる人ばかりです。堅物の人間はおらず、要領よい人間が多く、非常に刺激的で、人間性も尊敬できる人ばかりです。それは同級生に限らず、先輩や教授もすべてです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
立命館大学は、同志社大学に次ぐ、関西で2番目に評判の高い私立大学です。

この記事以上に立命館大学について詳しく知りたいという方は、立命館大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で立命館大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で立命館大学のパンフレット・願書を無料請求

コメントをかく

*