名古屋工業大学の評判と偏差値【なんだ、名古屋大学じゃないのね・・・】


こんにちは!
今回は名古屋工業大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、名古屋工業大学は県内では評判が良いのですが、全国的な知名度は微妙です・・・

この記事以上に名古屋工業大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで名古屋工業大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば名古屋工業大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく名古屋工業大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は名古屋工業大学工学部の卒業生です。

名古屋工業大学の評判まとめ

名古屋工業大学の偏差値

◇工学部
生命・応用化学科…偏差値57.5
物理工学科…偏差値57.5
電気・機械工学科…偏差値60
情報工学科…偏差値57.5
社会-建築・デザイン…偏差値57.5
社会-環境都市…偏差値55
社会-経営システム…偏差値55
創造-材料・エネルギー…偏差値52.5
創造-情報・社会…偏差値55

名古屋工業大学の学生の学力レベル

名古屋大学に入れなかった学生が多かった。

名古屋工業大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
名城大学=南山大学<名古屋工業大学<名古屋大学 といった印象。

名古屋工業大学の世間からの評判

地元では、名古屋大学の次に優秀な大学だとされています。

バイトの面接で、大学名を言うとすぐに採用されました。地元での評判は大変良いです。しかし、逆に言うと県外での評価は、県内に比べ一気に下がります。そのため、ほとんどの学生が県内で就職します。

また、私は家庭教師のバイトもしていたのですが、中学一年生の男子を担当した時、親御さんに「息子も先生みたいな大学に行かせたい」と言われました。逆に、公文でのバイトでは教室長のおばさんに「なんだ、名古屋大学じゃないのね・・・」と言われ、軽くショックを受けました。

つまり総合すると、県内では名古屋大学の次に評判が良いが、全国的にはあまりレベルが高いとは言えない、ということになります。

ただ、地元での就職には大変強く、就職率はほぼ100%だったと思います。私自身、当初は名古屋大学などの旧帝大に行きたいと思っていたのですが、学力が伴わなかったため、コンプレックスは大きかったです。

名古屋工業大学の学生の様子

とにかく、オタクが多かったです。
工業系の大学では当然かもしれませんが、昼休みに「遊戯王カード」をしていたり「モンスターハンター」をしていたりなど、ゲームオタクが多い印象でした。

服装も、チェックのシャツにジーパン、運動靴にエナメルバッグなど、いわゆる「オタクファッション」が多かったです。また、バイトばかりして授業に出席しない友人もいました。

また、人にもよるが、ゲームをしている人もいれば、真面目にノートを取っている人もいた。ただし、ゲームをしていた人も、授業後に黒板の写真を撮るなど単位を取れるように工夫していた。

また、出席点がない授業はそもそも授業に出る人数が極端に少なかった。逆に実習や実技などは、出席点も必要なためほとんどの生徒が参加していた。

名古屋工業大学の就職先について

工学部しかないため、ほとんどの学生が工学系の会社に就職していました。

電気電子工学科の友人は、「中部電力」に就職したいなどと話していました。私のいた情報工学科からは、愛知県内の情報系の企業に就職する人が多かったと思います。ただ、学生の多く(6、7割)は大学院に進学していました。

一番出世したと言えるのは、「トヨタ自動車」など大手に就職した人だと思います。やはり、総合すると地元の中小企業が多いと思います。また、一部の人ですが、ゼミの教授の起業した会社にそのまま就職する人もいたようです。

大きく分けると、トヨタ自動車・アイシン精機・デンソーなどの「自動車系」と、中部電力など大手の電子情報系、その他は地元の中小企業に就職するといった感じです。

名古屋工業大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

① 県内の就職に強い。
→愛知県内の就職には名古屋大学の次に有利でした。

②立地が良い
→近くにイオンや飲食店、スポーツジムなどがあり、有意義な大学生活を送れました。

③ 敷地内に古墳がある
→なぜか大学の敷地内に古墳があり、「そこに登ると留年する」というジンクスがありました。

悪かったところ

①オタクが多い
→昼休みなどは、遊戯王カードやモンスターハンターをやっている人が多かったです。

②学生サポートが弱い
→学生をサポートすようなサービスがあまり充実していなかったです。

③イベントが少ない
→年に一回、工大祭というイベントがあるぐらいで、他に大きなイベントが少なかったです。

名古屋工業大学に4年間通ってみていかがでしたか?

どちらとも言えないです。

というのも、この大学に通って良かった面と別の大学にすれば良かったと思う面の両面があるからです。良かった面は、やはりバイト先での評判が良かった点と、地元の就職に強かった点が挙げられます。

やはり、地元のブランド力で就職に成功したようなものでしたので、この大学で良かったには良かったと思います。しかし、別の大学にすれば良かったかな、とも思います。理由は、工学部しかない大学に通ったため、世界を狭い価値観でみることになってしまったからです。

また、浪人してでも頑張って旧帝大に行く選択肢もあったのではないかと思います。そうしていたら、今の人生は少しでも違っていたのではないかな、とも思います。とはいえ、総合的にみて、この大学で良かったという気持ちの方がやや強いというのが本音です。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
名古屋工業大学は地元では無類の強さを誇りますが、県外での知名度はそこまで高くありません・・・

この記事以上に名古屋工業大学について詳しく知りたいという方は、名古屋工業大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に名古屋工業大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で名古屋工業大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*