昭和女子大学の評判と偏差値【出席が厳しいお嬢様大学】


こんにちは!
今回は昭和女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、昭和女子大学は出席こそ厳しいですが、世間からもお嬢様大学と評判が良いです。

この記事以上に昭和女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで昭和女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば昭和女子大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく昭和女子大学の評判について見ていきましょう!
昭和女子大学のパンフレットを無料請求
今回インタビューをした方は昭和女子大学生活科学部環境デザイン学科の卒業生です。

昭和女子大学の評判まとめ

昭和女子大学の偏差値

◇人間文化学部
日本語日本文学科…偏差値50
歴史文化学科…偏差値50

◇人間社会学部
心理学科…偏差値55
福祉社会学科…偏差値52.5
現代教養学科…偏差値52.5
初等教育学科…偏差値50

◇生活科学学部
環境デザイン学科…偏差値55
健康デザイン学科…偏差値52.5
管理栄養学科…偏差値52.5
食安全マネジメント学科…偏差値50

◇グローバルビジネス学部
ビジネスデザイン学科…偏差値57.5
会計ファイナンス学科…偏差値57.5

◇国際学部
英語コミュニケーション学科…偏差値55
国際学科…偏差値57.5

昭和女子大学の学生の学力レベル

数学や国語の勉強ができる生徒は少なかったが、デザインセンスやプレゼン力に強い学生が多かった。

昭和女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
文教大学<昭和女子大学 といった印象。

昭和女子大学の世間からの評判

私は初等部から昭和女子だからあまり感じなかったのだが、就職率がとてもよく、友達からもうらやましがられた。

一人幼稚園が一緒だった子が、就職率がいいからという理由だけで昭和女子大に入学してきたのを見て、就職がそんなに大事なのかと、その時はじめて知った。

また、よく昭和女子大だというと、お嬢様大学だとか、就職率トップの学校ね、とポジティブなことを言われることが多かった。

そして、会社に入ってどこの大学か聞かれて答えると、あそこはしっかりとした学校だから安心だと言われた。

昭和女子大学の学生の様子

やるときはやる、やる気のないときはとことんない学生が多い。ただこれも学科によって違い、デザイン学科にはそういう面々が多かった。バイトを朝までやっていたから遅れてくる子もいた。ただやるときはやるので、期日には間に合い素晴らしいプレゼンを行う。

また、他の学科は真面目で、授業もメモを取りながらかなり真剣に受けていた。

そして授業中は席が決まっているため、あまりにも変な態度はとれないが、それなりに携帯をしたり、他の授業の課題をしたり、まちまちな様子だった。暗くなり映像を見る授業は寝ている学生がほとんど。

だが、皆出席をとり座席で教授が確認しているため、途中退席や授業にこないということはなかった。中には化粧をしている子もいたが、隠れてやっていたので、周りにもばれてはいなかった。

昭和女子大学の就職先について

昭和女子は、内部推薦が多く存在し、かなりの就職率である。

多くは銀行から募集が多く、ほとんどの学生が銀行に就職している。その他大企業の推薦もかなり多く存在し、ほとんど早い段階で皆終わっていた。

ただ、わたしのいた環境デザイン学科では、就職に対して興味のない人ばかりで、内部推薦も受けている人は極わずかであった。教授の推薦で大学院にいったり、デザイン会社、テレビ局に就職するメンバーが多かった。

ただ最終的には、ゼミの仲間は皆就職していた。他の学科はわからないか、全体で見ると上位の就職率である。学科ごととなると、その学科の特徴が顕著に現れる結果になっていると感じる。

やはりデザインをやっているメンバーは、普通の企業にはあまり就職しないように感じた。

昭和女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①キャンパスがひとつになっているため、移動に時間がかからない。

②守衛さんがいてくれるので安心

③第二外国語が豊富。ロシア語を学ぼうと思うと、授業にあるところは少ない。

悪かったところ

①席が決まっている。教授が顔と名前が座っているところで一致してしまうので、替え玉で授業を受けることも、退席することもできなかった。

②文化講座を受けなければいけない。貴重な経験をさせてくれるのでありがたいことはありがたいのだが、時間が六時からで遅く、授業がないのにいかなきゃいけないこともあり、調整が面倒だった。

③食堂の椅子が少ない。学生全体にたいして、ほんとに少ない。

昭和女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

とてもよかった。

もともと昭和女子大には自分の意思ではなく、初等部に入れた母の意思だが、素晴らしい大学生活を送れたなぁと感じる。

理由は、大学で自分のやりたいデザインが学べ、すきな題材で授業が受けられ、教授にも感謝している。そこで、いい点がとれたことも、自分に自信がついたところだと思う。私のテーマは四年間を通してひとつだったがそれにとことん付き合ってくれた。やりたいことがやりたいように学べる、そんな大学生活であった。

この学科は本当に人としてを伸ばしてくれて、プレゼン力という今後絶対に必要となる力も身に付けることができ、デザインだけでなく人として他のことも学べる、素晴らしい大学だった。評判がいいので、回りにも誇らしくいえる。

昭和女子大学の基本情報

昭和女子大学の住所と最寄駅

◇住所
〒154-8533
東京都世田谷区太子堂1-7-57

◇最寄駅
東急田園都市線(半蔵門線直通)「三軒茶屋駅」より、徒歩7分

昭和女子大学の学費(4年間)

昭和女子大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

人間文化学部(日本語日本文)…学費455万円
人間文化学部(歴史文化)…学費478万円
人間社会学部(心理)…学費498万円
人間社会学部(福祉社会)…学費486万円
人間社会学部(現代教養、初等教育)…学費470万円
国際学部(英語コミュニケーション)…学費478万円
国際学部(国際)…学費482万円
グローバルビジネス学部…学費490万円
生活科学部(環境デザイン)…学費486万円
生活科学部(上記以外)…学費498万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、昭和女子大学の学校パンフレットでご確認下さい。

昭和女子大学のパンフレットを無料請求

 

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
昭和女子大学は出席こそ厳しいですが、世間からもお嬢様大学と評判が良いです。

この記事以上に昭和女子大学について詳しく知りたいという方は、昭和女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で昭和女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

昭和女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*