多摩美術大学の評判と偏差値【3年生の春には内々定が出る学生も】


こんにちは!
今回は多摩美術大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、多摩美術大学は企業からの評判が非常に高く、中には3年生の春に内々定が出る学生もいるそうです。
(普通の学生が内定が出るのは4年生の6月です)

この記事以上に多摩美術大学の情報を詳しく知りたいかたはスタディサプリ進路というサイトで多摩美術大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、スタディサプリ進路を使えば多摩美術大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく多摩美術大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は多摩美術大学グラフィックデザイン学科の卒業生です。

多摩美術大学の評判まとめ

多摩美術大学の偏差値

◇美術学部
絵画-日本画…偏差値45
絵画-油画…偏差値42.5
絵画-版画…偏差値40
彫刻学科…偏差値35
工芸学科…偏差値45
グラフィックデザイン学科…偏差値52.5
生産-プロダクトデザイン…偏差値47.5
生産-テキスタイルデザイン…偏差値47.5
環境デザイン学科…偏差値42.5
情報-メディア芸術…偏差値45
情報-情報デザイン…偏差値45
芸術学科…偏差値42.5
統合デザイン学科…偏差値45
演劇-演劇舞踊コー…偏差値45
演劇-劇場美術デザインコー…偏差値47.5

多摩美術大学の学生の学力レベル

全国でもトップレベルの才能を持つ学生が多かったです。

多摩美術大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
東京造形大学<多摩美術大学<東京芸術大学 といった印象。



多摩美術大学の世間からの評判

多摩美術大学の学生です、と履歴書に書いているとデザイン系会社の入社試験などは一次審査がいらないことが多かったです。デザイン業界では、東京芸大の次にいい大学とされています。

そのため、かなり大手の求人が多く同級生の多くも超有名企業に勤める人が多いです。優秀な生徒が集まる大学なので学園祭にはデザイン業界のスカウトの人が多く来、そこでスカウトしてイラストの仕事などをもらう学生が多いです。東京オリンピックのエンブレムの盗作疑惑があった時は、かなり周りからの評判は悪かったです。

今は、メディア露出が多いため悪い評判はあまり聞かず、むしろ楽しそうだとか行ってみたいなどのポジティブな意見をよく聞きます。また、地元の人に多摩美術大学の学生です、と言うと常識がない、格好が派手など変な評判が多いです。全国的に見てもとても有名な美術大学なので地元の人以外に出身大学を言うと、優秀なのね〜と言うことをよく言ってもらえます。

多摩美術大学の学生の様子

学生の8割くらいは創作活動を学外でもしている勢力的な人がいます。その中でも1割程度はtwitterやInstagramなどのSNSでとても活躍していました。バイトをしている人はあまりいませんが、バイトしている人はデザイン事務所かデザインの仕事を個人でしている人が多いです。また、個性的な容姿をした学生がとても多いです。

そして、みんなで座って受ける授業はほぼないです。語学などの美術に関係のない講義では出席率は低いです。しかし、美術に関する授業(実技を除く)ではかなり熱心に聞いている人が多い印象です。学科ごとの講評日などは学内中に作品が飾られかなり見応えがあります。講評の為にわざわざ他大学から教授や生徒が来ることもあるほどです。

多摩美術大学の就職先について

学生の多くは大手企業でデザイナーとして勤務します。内容としてはグラフィックデザイナーやデザインディレクターが多いです。

デザイナーとして勤務する人もいれば、ごく稀に独立したデザイナーとして活躍する人や、総合職につく人もいます。グラフィックデザイン学科では、電通や博報堂のような広告代理店に就職する人が多いです。また、大学が有名大学ということもあり早い人で大学3年生の春には内々定をもらっている人もいます。

学生の半分以上は4年生の春から就職活動を始めますが、だいたい夏までに8割ほどの学生の就職が決まります。他の大学に比べるとかなり早いと思います。また、多摩美術大学用として企業に採用枠が設けられているところが多いです。

多摩美術大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①名前がとても有名で、デザイン系だとどこに行っても大抵すごいと言ってもらえます。大きな仕事を任せてもらえることが多いです。

②教授がとても豪華なことです。かなりデザイン業界で有名な先生が直接教えてくれるのでとても勉強になります。

③制作環境が整っていることです。adobeが無料だったり、工房があったりと他の大学に比べると制作環境が整っています。

悪かったところ

①学校が都心から離れていることです。とても山奥にあるので登校が大変です。

②必修科目が多いことです。実技の必修が多いのでたくさんバイトをしたい学生には向いていないと思います。

③学費が高いことです。他の大学と比べると学費も高いし制作費も掛かります。そのため経済的な負担が大きいです。

多摩美術大学に4年間通ってみていかがでしたか?

就活をはじめて、即大手企業の就職が決まったので通っていて良かったと思っています。多くのデザイナー志望の学生が通う為、毎日多くの刺激が得られるので多摩美に通っていて良かったと思っています。

大学が山奥にあるため終電が早かったり、最寄駅から大学まで徒歩20分だったりと不便を感じる点が多かった為、都心の大学でも良かったかな、と思う気持ちも大きいです。デザインを学ぶ学生なら、レベルの高い学生が多い為多摩美を選んで間違いないと思います。

大学の授業は工夫されたものが多く、美術に関するものがかなり多いので、楽しく学ぶことができます。その反面、デザイン以外の授業は語学以外ほぼないので、別の一般教養の授業を受けたい人にはあまりおすすめできません。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
多摩美術大学は企業からの評判が非常に高く、中には3年生の春に内々定が出る学生もいるそうです。

この記事以上に多摩美術大学について詳しく知りたいという方は、多摩美術大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

スタディサプリ進路というサイトを使えば完全無料で多摩美術大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

スタディサプリ進路で多摩美術大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*