山梨大学の評判と偏差値【国立大学のため地元山梨では地位が高い】


こんにちは!
今回は山梨大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、山梨大学は国立大学ということもあり、地元山梨では非常に評判が高い大学です。

この記事以上に山梨大学の情報を詳しく知りたいかたはスタディサプリ進路というサイトで山梨大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、スタディサプリ進路を使えば山梨大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく山梨大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は山梨大学教育人間科学部の卒業生です。

山梨大学の評判まとめ

山梨大学の偏差値

◇教育学部
学校-幼小発達教育…偏差値52.5
学校-障害児教育…偏差値45
学校-言語教育…偏差値47.5
学校-生活社会教育…偏差値50
学校-科学教育…偏差値47.5

◇医学部(後期)
医学科…偏差値67.5

◇工学部
機械工学科…偏差値47.5
電気電子工学科…偏差値42.5
コンピュータ理工学科…偏差値47.5
情報メカトロニクス工学科…偏差値47.5
土木環境工学科…偏差値47.5
応用化学科…偏差値47.5
先端材料理工学科…偏差値47.5

◇生命環境学部
生命工学科…偏差値47.5
地域食物科学科…偏差値47.5
ワイン科学特別…偏差値52.5
環境科学科…偏差値45
地域社会システム学科…偏差値52.5
観光政策科学特別…偏差値52.5

山梨大学の学生の学力レベル

県内の普通科高校の中間層の生徒が多かったです。甲府一高、甲府西高卒が多かったです。

山梨大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
専修大学<山梨大学<中央大学 といった印象。

山梨大学の世間からの評判

地元で就職していますが、山梨大学卒業というと一目置かれる感じがします。とくに自分の両親世代から上の人たちには良い評価をされます。地方の国公立大学はやはり地方では未だに権威がある感じがしますし、「親孝行だね」ということは良く言われていました。

ノーベル賞を受賞された大村智博士が山梨大学の卒業生ということで、地方の大学もまた見直されているところがあると思います。ただ、東京に進学してそのまま働いている友達に言わせると、地方国公立卒は東京ではあまり評価されないということを聞きました。

地元で進学し、就職するのであれば周りの評判はとても良いのですが、都会に就職というときにはあまり武器にならないような気がします。ネームバリューでいうと、駅伝で活躍している山梨学院大学の方が有名です。「山梨大学生です」というと、「駅伝で有名だよね」と返されたことが何度かありました。県内では間違える人はまずいませんが、東京などに出ると一緒くたなんだろうと思います。

山梨大学の学生の様子

教育人間科学部は教育実習なども卒業の必要単位に含まれていました。そのため、単位を落とすと実習に行けなくなることもあるのでほとんどの人は真面目に授業に出ていました。部活やサークル活動なども同時に楽しんでいる人が多い印象でした。学科ごとの学生数が少ないので学年を超えて仲が良いです。教授との距離も近く、気軽に質問したりできました。

また、授業は真面目に受講しているひとが多い印象です。大人数での講義は週に数回で、数十人〜数人での講義や演習が多いので、真面目に受けざるを得ない状況があったのは確かです。教育実習があるのでその期間には一気に人が居なくなるという講義もありました。自分で発表する授業も多かったので、能動的に授業に関わる学生が多かったです。

山梨大学の就職先について

教育人間科学部なので地元の小中高校の教員になることが多いです。数年前から地方の教員採用試験の倍率が下がってきているので、現役で合格して働き出す人も多くなりました。

現役で受からなかった場合は、期間採用や臨時採用として働いている人も多いです。毎年先輩や教授を通じて勤務先を紹介されることもあります。(市町村採用など)教員採用試験対策も大学内でしてくれます。作文や面接、模擬授業などの練習もありました。

教員以外は公務員が多いです。地元の役所で働いている同級生も割と多くいます。民間だと塾講師や銀行員が割合多いですが、様々です。教育人間科学部という、教員養成がメインの学部なので就職先の偏りは大きいと思います。

山梨大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①少人数で学科内、同級生の中がよいこと。一生付き合える仲間が出来ました。

②確実に教員免許がとれたこと。卒業要件に免許の取得があるので、取らざるを得ないという部分も有りますが、卒業と同時に資格も手に入るのは大きいと思います。

③講義や演習の受講人数が少ないので深く学べたこと。

悪かったところ

①駅から離れている立地。

②車を持っていないと不便。せめて原付がないと面倒なことが多い。私は免許をとるのも車も両親のOKが出なかったので自転車生活でした。バイトに行くのも大変でした。

③あくまでも教員養成なので、教員にならないつもりの人にはつらい。教育実習や介護実習は避けて通れないので、教員になること前提でないと大変な思いをします。

山梨大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。地元で就職をするときに地方国公立大はやはり地方でのネームバリューが大きいと感じています。学科の人数が少ないので、学科の同級生とはとても仲良しです。

また、先輩後輩とも仲良くしてもらえて、本当に楽しい大学生活を過ごしました。とくに先輩たちには良くしてもらい、放課後にいろいろなところに連れて行ってもらったり、みんなでワイワイ楽しい時間を過ごしました。

東京の大学に進学した人に聞くと、クラスや学科も人数が多くて仲良くなれなかったという話を聞くので、そういう点でとても良かったと思います。ゼミはほぼマンツーマンでした。教授の講義をこんなに濃く学べることは他の大学ではまず出来なかったと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
山梨大学は国立大学ということもあり、地元山梨では非常に評判が高い大学です。

この記事以上に山梨大学について詳しく知りたいという方は、山梨大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

スタディサプリ進路というサイトを使えば簡単に山梨大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

スタディサプリ進路で山梨大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*