【法政大学】経済学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は法政大学「経済学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

法政大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は法政大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、法政大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも法政大学「経済学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

法政大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく法政大学「経済学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は法政大学「経済学部」国際経済学科の卒業生です。

関連記事
法政大学の全体的な評判

法政大学「経済学部」の評判まとめ

法政大学「経済学部」の偏差値と入試難易度

◇経済学部
経済学科…偏差値57.5
国際経済学科…偏差値57.5
現代ビジネス学科…偏差値57.5

法政大学経済学部の難易度は明治大学政治経済学部の少し下、駒沢大学経済学部の少し上くらいです。

実際に同じ学部の友人の人に聞いたところ、駒沢大学に合格したが、蹴ってこの大学にきたということはよく聞きます。また、明治大学を受験したが不合格だったため、この大学に来たということもよく聞きます。

逆に明治大学に通っている人に聞いたところ法政大学に合格したが、蹴って明治大学に通っているといっていた友人もいました。

法政大学「経済学部」の志望理由

私が法政大学経済学部を志望した理由は、率直に経済に興味があったからです。その上で、受験勉強をしているうちに英語をもっと学びたいとも思っていました。その2つを満たせるところがないかと探したところ、法政大学に国際経済学科があるということを知り、この学科を受けることを決めました。

また、せっかく大学生になるのならば、いかにも大学生っぽい大学生活を送りたいと思っていました。私の憧れは友達とワイワイしながら授業に行ったり、お昼ご飯を食べたりといった大学生活に憧れていました。その点で経済学部がある多摩キャンパスは、広い敷地と緑が豊富なキャンパスであるため、のびのびと貴重な大学生活を謳歌できるのではないかとも思い志望しました。

法政大学「経済学部」に入学してから感じたギャップ

私が法政大学経済学部に入学してから感じたギャップは、敷地が思っていた以上に広いということです。私は法政大学のオープンキャンパスに行ったことがなかったため、インターネットの写真などでしかキャンパスの様子を見ることができませんでした。

実際に行ってみると、思っていた以上に”山”という感じでした。そのため、大学に到着してから教室に辿り着くまで予想以上に距離があるのだなと、最初思ったことを今でも覚えています。

法政大学「経済学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

大学の外の方に法政大学に通っていることを伝えると、よく言われる単語は”野球”です。法政大学は東京六大学野球に加盟しているため、野球が好きな方からは好印象を持たれているのではないかと思います。

また地元の人からの評判も、マーチの1つであるため良いような気がします。ただ、私の出身が九州なので中には東京にある大学のことを知らない人もいて、法政大学に通っていると伝えてもあまりピンときていない人もちょこちょこいます。

内部生からみた評判

法政大学の経済学部は、とても長い歴史がある学部であるため新しくできた学部に比べると認知度はかなり高いです。その上その歴史は、他の私立大学の中でも2番目に長い歴史を持つため、他大学と比べても認知度は高いと思います。その長い歴史から経済学部は法政大学の、一つの大切な柱です。

また、経済学部に在籍している学生の傾向は圧倒的に男性の割合が多いです。他には経済学部は法政大学の中でも1番の在籍学生数を有しているため、本当にいろいろな人がいます。経済学部では2年次までクラスがあるのですが、その中でも実に様々な人がいました。

法政大学「経済学部」のそれぞれの学科で勉強すること

法政大学経済学部には、経済学部、国際経済学科、現代ビジネス学科の3つがあります。

国際経済学科では、経済学のことを学ぶのはもちろんのこと、語学を学ぶことにも力をいれています。その中でも特に英語に力を入れていて、2年次まで英語の必修化もあります。そのためか、留学経験をしていたり、外国に住んだことがある生徒さんも周りによくいます。また、逆にこの学科に留学している海外出身の生徒さんもよくいます。

次に、現代ビジネス学科では、数学を扱った勉強をすることが他の学科に比べ多いためか、分析的に考える人が多いように感じています。経済学科では、基本的には経済学を学んでいます。ただ、経済学以外の授業も選択することができます。そのためか、様々な人と出会える学科です。

法政大学「経済学部」のリアルな就職先について

法政大学の卒業生の方たちは、さまざまな業種に就職しています。優秀層の人たちは、メガバンクである三菱東京銀行、みずほ銀行、三井住友銀行をはじめとした大手銀行、他にもJTBや楽天、リクルートなどに就職しています。また、国家公務員や公務員になる人たちもいます。

普通層の人たちは、富士通、りそなグループ、第一生命、横浜銀行や千葉銀行などに就職しています。他にも、日立製作所など製造業にも就職しています。

残念な層の人たちは、大手企業には就職せず、ベンチャー企業など中小企業に就職していると思われます。法政大学は就職率は良いほうだと思いますので、基本的には就職できると思います。もちろん100%の保証はできませんが。ただその中でも、自ら就職しない道を選ぶ人もいます。このように、卒業生は多種多様な職種に就職しています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、法政大学「経済学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

法政大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で法政大学のパンフレットを請求してみて下さい。

法政大学のパンフレットを請求

関連記事
法政大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)