【法政大学】スポーツ健康学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は法政大学「スポーツ健康学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

法政大学「スポーツ健康学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は法政大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、法政大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも法政大学「スポーツ健康学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

法政大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく法政大学「スポーツ健康学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は法政大学「スポーツ健康学部」スポーツ健康学科の卒業生です。

関連記事
法政大学の全体的な評判

法政大学「スポーツ健康学部」の評判まとめ

法政大学「スポーツ健康学部」の偏差値と入試難易度

◇スポーツ健康学部
スポーツ健康学科…偏差値57.5

法政大学スポーツ健康学部の難易度は早稲田大学スポーツ科学部の少し下、日本大学文理学部の少し上くらいです。

同じ学部の友人の多くは日本大学文理学部を合格し、蹴った上でこの大学に入学しています。また、早稲田大学スポーツ科学部は私含めて友人のほぼ全員が落ちてしまった大学であり、スポーツ系を学ぶ大学として早稲田大学は最もふさわしい環境であると思います。

反対に日本大学は滑り止めとして受験した友人が多くいたので落ちた友人はあまり聞かなかったです。

法政大学「スポーツ健康学部」の志望理由

私が法政大学スポーツ健康学部を志望した理由は、幼い頃からサッカーを通じて何事も全力投球、チームワークやコミュニケーション能力など社会人になる上で様々な能力を身に付けたと自負しています。そして、スポーツをより深く学ぶことで将来スポーツに携わる仕事がしたいと感じるようになりました。

スポーツ系の大学が多くある中で、法政大学スポーツ健康学部は新設学部で1期生入学となります。先輩がいない、就職内定の実績もないという環境の中で勉学に励むことで自ら課題発見に取り組み、それを解決していく問題解決力を身に付けることができるのではないかと考えるようになりました。そして、これを4年間継続していくことでこの学部の発展に貢献できると思ったので志望しました。

法政大学「スポーツ健康学部」に入学してから感じたギャップ

私が法政大学スポーツ健康学部に入学してから感じたギャップは、他学部との交流がほとんどなかったことです。スポーツ健康学部の立地が悪く、他学部と距離が離れた場所にあり隔離された環境にありました。

多くの交友関係を持ち充実した大学生活を過ごしたいので既存のサークルに積極的に参加をし、多くの友人を作るようにしました。そうすることで大学内のイベントや学園祭の催し物で大規模な企画を実現できるだけでなく、それをチームで行い達成感を味わえるからです。

法政大学「スポーツ健康学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

法政大学スポーツ健康学部の場合は、新設の学部ということもあり認知度が低かったのでアルバイトでの面接や合コンといった初対面の人との自己紹介の際に、みんな体育会系の部活に所属していて部活と勉強ばかりでアルバイトや遊ぶ時間がない印象を持たれました。

また、成人式で地元に帰った際は当時法政大学はMARCHの1つとして頭の良い大学でしたので尊敬される一方、学部がスポーツ系なのでどんな勉強しているのか疑問を持たれることが多かったです。

内部生からみた評判

法政大学の中での立ち位置として、他の学部生にも知ってもらう活動として、様々なイベントでスポーツ健康学部の学生がインタビューされることが多く、とにかく認知度拡大を目指していました。

同じ大学でもスポーツ健康学部だけは何をしているのかよくわからない、学部のキャンバスが遠いから接点がないといった理由により敬遠されがちだったのでそれを払拭するべく、学部としての活動や他学部との交流を積極的に行いました。

また、こういった活動を多くの学生が行なっており、スポーツ健康学部の学生は人当たりや積極性が強い傾向があります。

法政大学「スポーツ健康学部」のそれぞれの学科で勉強すること

法政大学スポーツ健康学部には、スポーツ健康学科の1つのみしかなく2年生からゼミによって何を学ぶか選択できるシステムになっています。

1年生のうちは主に人間の身体の仕組みを学びます。そして、そこから様々なスポーツによって筋肉がどのような働きをするのか、それによって身体に及ぼす影響はどのようなものなのかという勉強をしており、医学の要素が強くあります。そのせいか高校では理系出身の学生が多いという特徴があります。

また、スポーツ健康学部は他学部と比べて毎年入学する学生の人数が少なく、偏差値も高いので優秀な学生しか入れないというイメージを持たれることが多くあります。そのせいか、友人と変にふざけたりするのは学部のイメージを壊すのではないかと思い、初対面など知り合いの段階では振る舞いには気を遣いました。

法政大学「スポーツ健康学部」のリアルな就職先について

スポーツ健康学部では主に、体育教師、スポーツトレーナー、その他一般企業といった内定先を目標としております。その中でもトレーナーを取得する試験は大変難しく狭き門と言われており、教授の中には3年留年してやっと資格を取得できたほど困難な職業です。

よって、優秀層での就職先は主にスポーツトレーナーが多くいます。次に普通の層は公務員である体育教師や民間企業の有名な大手企業です。また、残念は層は地元に帰って中小企業に就職したり、都内では少人数のベンチャー企業、中には卒業後に海外に留学する友人もいました。これは当時、在籍中の留学制度が確立されておらず、まずは目の前の勉学に励むよう言われていたので学部の運営側も留学にはあまり積極的ではありませんでした。

なので、若いうちに出来ることをしたいということで卒業後就職せずに海外留学するのですが、何故か日本に帰国した後は地元に就職した友人が多くいました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、法政大学「スポーツ健康学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

法政大学「スポーツ健康学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で法政大学のパンフレットを請求してみて下さい。

法政大学のパンフレットを請求

関連記事
法政大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*