【法政大学】法学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は法政大学「法学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

法政大学「法学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は法政大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、法政大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも法政大学「法学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

法政大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく法政大学「法学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は法政大学「法学部」法律学科の卒業生です。

関連記事
法政大学の全体的な評判

法政大学「法学部」の評判まとめ

法政大学「法学部」の偏差値と入試難易度

◇法学部
法律学科…偏差値62.5
政治学科…偏差値60
国際政治学科…偏差値60

法政大学法学部の難易度は明治大学法学部の少し下、成蹊大学法学部の少し上くらいです。

私は他にも、立教大学法学部や青山学院大学経済学部などを受験しましたが、落ちてしまいました。私が蹴った大学として、日本大学法学部や國學院大學法学部が挙げられます。

同じ学部の友人はMARCHと言われる他の大学を受験したものの、落ちてしまい、合格した大学の中でこの大学が一番偏差値が高いという理由で来ている人が多かった気がします。

法政大学「法学部」の志望理由

私が法政大学法学部を志望しました理由は、まず自宅から通える範囲であったことが挙げられます。一人暮らしをすれば、慣れない一人暮らしとお金のやりくりに困り、大学生活が苦労するだろうという親の助言もあり、自宅から通える範囲の大学を受験することにしました。自宅から通える範囲の大学を探している中で偏差値が高く、知名度も高い法政大学を選びました。

次に、法学部を選択した理由としまして、元々私は文学部史学科を希望していましたが、父に猛反対され、文学部史学科を諦めざるを得ませんでした。その後、受験する他の学部を探している中で、就職先において色々つぶしが効くということや、自分が法律について知らないことが多いと気づき、自分の国の法律を知らないまま生きていくのは嫌だと思い、法律について学んでいきたいと考え法学部を選択しました。

法政大学「法学部」に入学してから感じたギャップ

法政大学法学部に入学してから感じたギャップは、皆が真面目に講義を受けるとは限らないということを実感しました。法政大学に入学するからには皆真面目に講義を受けるのではないかと入学前では思っていましたが、入学後、学生の一部は教室の後ろでずっと喋っている、講義に出ず、試験の時だけ現れるといった学生も多いことに驚きました。

また、学生の中には人として品位を疑うような行動をしている人もいて、軽いショックを受けたことがありました。

法政大学「法学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

地元では、法政大学と聞くと、「頭が良い」という評価を受けることが多かったです。また、法政大学と聞くとすぐ理解する人も多く、知名度の高さも認識できました。バイト先は大学内であったので、どのような印象を持たれていたかは分かりません。

神楽坂付近では法政大学の学生がよく居酒屋を利用するのですが、質が悪いのか、時々大学に苦情が寄せられることがありました。そのこともあり、神楽坂付近では、法政大学の評価はあまり良くないという噂もありました。

内部生からみた評判

法学部は法政大学のなかでも看板学部という立場です。また、学部内カーストでも比較的上位に位置する学部でもあります。

法学部の学生の特徴として、比較的真面目な学生が多い傾向にあります。その理由として、講義に出席する人が多いこと。これは、講義に出ていないと単位が中々取れない講義が多いためです。

次に、経営学部やキャリアデザイン学部など他の学部だと、講義の時間の間、教室の後ろのほうでずっと喋っている学生がいたりするのですが、法学部は教室の後ろのほうでずっと喋っている学生は少ないです。 比較的真面目な学生が多いですが、一部ノリが軽い学生もいます。

法政大学「法学部」のそれぞれの学科で勉強すること

法学部には法律学科、政治学科、国際政治学科の3つがあります。

法律学科は、憲法、刑法、民法、行政法、国際法、商法など様々な法律を学ぶことが出来ます。どの法律を重点的に学ぶかは学生の判断に委ねられていることが多いです。例えば、私は行政法分野を多く履修し、商法や民法の分野は必要最低限しか履修しませんでした。このように必要最低限の履修単位はありますが、学生の好きなように法律を学べるのが特徴です。学生は比較的真面目な人が多いです。

政治学科は政治学などを履修する学科です。この学科ではジェンダー論などを学ぶことが出来ます。また、法学部の中で一番緩いと言われている学科でもあります。

国際政治学科は大学の夏休み期間を利用してイギリスのオックスフォード大学への留学が義務づけられているというのが特徴で、女子の比率が比較的高いです。 私の学部内でのヒエラルキーは中間層に位置していたと思います。

法政大学「法学部」のリアルな就職先について

優秀層の学生は三菱UFJ銀行やみずほ銀行といったメガバンクやJR東日本といった大手企業に内定する人、国家公務員総合職などに合格する人が挙げられます。また、法政大学の職員となる人もいます。

普通層の学生は、国家一般職、国税専門官などの国家専門職、地方公務員として、県庁の職員や市役所の職員になる人、特別区の職員に合格する人が多いです。また、公益財団法人などの団体職員に内定する人も多数います。メガバンクほどではありませんが、栃木銀行など地方銀行に内定する人も一定います。

残念な層の学生は中々内定を得ることができず、あまり聞いたことのない中小企業に内定したり、公務員試験が合格できずに留年したりする人、内定を得ずに卒業してしまう人もいます。 このように法学部では比較的、銀行や鉄道会社、公務員などに就職する人が多いのが特徴です。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、法政大学「法学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

法政大学「法学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で法政大学のパンフレットを請求してみて下さい。

法政大学のパンフレットを請求

関連記事
法政大学の全体的な評判

コメントをかく

*