【甲南女子大学】文学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は甲南女子大学「文学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

甲南女子大学「文学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は甲南女子大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、甲南女子大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも甲南女子大学「文学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

甲南女子大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく甲南女子大学「文学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は甲南女子大学「文学部」日本語日本文学科の卒業生です。

関連記事
甲南女子大学の全体的な評判

甲南女子大学「文学部」の評判まとめ

甲南女子大学「文学部」の偏差値と入試難易度

文学部
日本語日本文化学科…偏差値47.5
メディア表現学科…偏差値47.5

学科のレベルとしては、大学内でも低めです。

周りの友達だと、同じく兵庫県にある武庫川女子大学を受けている人が沢山いました。学科のレベルとしては、同じかそれよりも低いぐらいだったと思います。また、落ちてしまった大学としては関関同立、産近甲龍をあげることができます。

国公立だと鳥取大学、和歌山大学を第一希望にしていた子や、兵庫県立大学を目指していたという子もいました。全体的に見ると国内でもあまりレベルは高くなく、中の下といった感じでした。

甲南女子大学「文学部」の志望理由

私がこの学部を志望した理由は、本が好きだったからです。元々国語の成績だけはよく、むしろ理数系が壊滅的だったので、文系にだけ絞って、大学を受験しました。また、甲南女子大学が神戸にあるというのも理由でした。私は元々田舎の端の方に住んでおり、神戸という町に憧れていたのです。甲南女子大学なら、家から通える距離の中に入っていますし、とても良いと思いました。

また、オープンキャンパスで雰囲気を見た時も、先輩の方々は優しく、そして説明会でもとてもしっかりしていたので、ここを受験しようと、夏ぐらいから決めていました。

甲南女子大学「文学部」に入学してから感じたギャップ

入学してなら感じたギャップは、人によってかなり違いがあるということです。まず、女子大なのでもちろん女子しかいません。そのノリと言いましょうか、とても独特に感じました。私が仲良くしている友達は普通なのですが、一部の人はかなり派手で、こんな人もいるのかと別世界を見ているようでした。

また、文系と理系では忙しさの度合いが全然違い、私たちはこんなに時間を持て余していて良いのかと、時々不安になることもありました。

甲南女子大学「文学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

印象としましては、かなりお嬢様な雰囲気だと思います。甲南女子大学では、入学してから1ヶ月ぐらいは、指定の制服で登校しなければなりません。その服が紺色のスーツにヒールといった、まるでキャビンアテンダントのようなのです。そういった姿を見る人からすれば、かなり格式高い雰囲気が出ているのでしょう。近くに甲南女子高校もあり、そちらは本当にお嬢様育ちの人がいるので、そこから持ち上がりで入った人も多いので、実際お嬢様は多いように思えます。

内部生からみた評判

中から見るととにかくバラエティに富んでいます。本物のお嬢様育ちの子もいれば、いたって普通の一般人もおり、まるで違う人種のように大学内をウロウロしています。

私の学部は他の学部に比べると、かなり真面目な方だったと思います。少し地味目で、あまり派手なのを好まない感じでした。また、授業態度についても大人しくて控えめで、特別うるさくしたり、携帯ばかりいじっているという人も少なく感じます。ただ、少し肩身が狭そうというか、派手な人を見ると遠巻きにして逃げてしまう、といった雰囲気が自然と出ているように思います。

甲南女子大学「文学部」のそれぞれの学科で勉強すること

私の学部では、主に日本語の勉強をします。一口に日本語といっても、様々な種類があります。まず、現代と昔でわかれますし、物語と言葉単体でも分かれます。それぞれ専攻したいもので、好きな講義を選んでいきます。

もしも昔のことを学びたいとならば、例えば源氏物語や枕草子、古文や和歌などを勉強します。現代の事で学びたいのならば、村上春樹であったり星の王子様を講義の中で取り上げたりします。個人がそれぞれで本を読み、それを読んだ感想であったり考察を全員の前で発表したりするのです。こんな解釈があったのか、と新たな発見もできますし、教授に独自の視点からの見解を教えてもらえたりもするので、自分1人ではできない、グループワークがとても楽しいです。

ヒエラルキーに関しては、あまりないです。全員同じ階層にいる感じでした。

甲南女子大学「文学部」のリアルな就職先について

主な就職先としては、営業や事務が多かったです。大手の会社というよりは、神戸の地元にある中小企業であったり、中には市内にある公務員の募集で合格した人もいました。ですが大半は私職員となり、関東の方に就職した人は少なかったように思います。兵庫県内でも明石、姫路ぐらいまでと、大阪や京都、滋賀に就職したという人が多く、これまでと変わらず実家から仕事先に向かうという人が多くいました。

また、院に行く人もほとんどおらず、四年で卒業していきました。また、珍しい就職先としましては、出版社や放送局に就職した人もいました。出版社に関しては、独自でインターンに行き、そこで専門的な知識を学ぶことによって、面接に臨んだと言っていました。また、放送局に就職した人は、学校での勉強の中でコミュニケーションが身について、合格できたと言っていました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、甲南女子大学「文学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

甲南女子大学「文学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で甲南女子大学のパンフレットを請求してみて下さい。

甲南女子大学のパンフレットを請求

関連記事
甲南女子大学の全体的な評判

コメントをかく

*