【愛知大学】文学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は愛知大学「文学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

愛知大学「文学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は愛知大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、愛知大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも愛知大学「文学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

愛知大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく愛知大学「文学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は愛知大学「文学部」人文社会学科の卒業生です。

関連記事
愛知大学の全体的な評判

愛知大学「文学部」の評判まとめ

愛知大学「文学部」の偏差値と入試難易度

◇文学部
人社-現代文化…偏差値52.5
人社-社会学…偏差値50
人社-歴史・地理学…偏差値52.5
人社-日本語日本文学…偏差値50
人社-欧米言語文化…偏差値50
心理学科…偏差値52.5

愛知大学の難易度は南山大学地域制作学部の少し下、中京大学現代社会学部の少し上です。

同級生のほとんどは南山大学や中京大学を併願していました。南山大学を第一志望として落ちてしまった生徒や、国公立の滑り止めとして受験し結局この大学しか受からなかったという生徒が多くいました。

愛知大学の中で文学部は、比較的地味な生徒が多く、レベルが下の方の高校でトップだった生徒やレベルが上の方の高校で下だった生徒が多くいました。

愛知大学「文学部」の志望理由

私が愛知大学文学部を志望した理由は、2つあります。まず第一に試験が併願しやすい、はっきり言ってしまうとベーシックな問題形式で愛知大学対策に特別勉強しなくてもいいと判断したからです。南山大学などは、試験が少し特徴的で試験対策が必要でしたが、愛知大学は筆記とマーク式の問題がどちらもありますが比較的学校の定期テストと似たようなものだったので受けやすかったです。

第二に、私は高校生の時から高校教員になりたいと志望していたのですが、愛知大学は歴史が長く地域に根差した大学だったので高校の先生にも勧められ、また教員採用試験の合格率も良かったからです。愛知県に住んでいる人なら誰でも名前は知っているのが、愛知大学です。

愛知大学「文学部」に入学してから感じたギャップ

私が愛知大学文学部に入学してから感じたギャップは、とにかく校舎が汚い、です。愛知大学は名古屋キャンパスと豊橋キャンパスがあるのですが、文学部は豊橋キャンパスでした。

しかし、入るまでは多くの受験者が名古屋キャンパスに通うものだと思っていたため、入学してから豊橋キャンパスに通うことを知り、その二つの校舎の綺麗さの差に驚かされました。名古屋駅から見える名古屋校舎とは違い、周りがど田舎の豊橋校舎とは雲泥の差がありました。

愛知大学「文学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

地味だけど真面目な子が多いという印象を持たれました。歴史が長く、卒業者も多いので誰もがその名前を知っています。また、トップ企業に就職した人から中小企業に就職した人まで実に多様だったので就職活動では必ず卒業者の方に出会いました。

派手な子もいない、真面目で堅実な、そして少し地味な大学だと思われていると思います。ですが、その印象は悪い方向ではなくいい方向に働きかけているので、私たち学生にとってはメリットが大きいと感じています。

内部生からみた評判

文学部は、愛知大学の中でもさらに地味な学部です。愛知大学では、国際コミュニケーション学部や経済学部などが大学生っぽい生徒が多く、豊橋キャンパスにある文学部は地味でバカにされやすい感じでした。

文学部に在籍している生徒たちは、名古屋キャンパスの生徒たちに反感を持ちやすく(綺麗なキャンパスであること、周りに娯楽施設がたくさんあること、何より名古屋にあること。)対抗戦などがあったときは、豊橋キャンパスが一致団結する様子などが見られました。また、そのような様子は生徒だけでなく教授や事務職員などにもよく見られました。

愛知大学「文学部」のそれぞれの学科で勉強すること

愛知大学文学部は2年生から、東アジア文化専攻、哲学専攻、図書館情報専攻、メディア芸術専攻、社会学専攻、心理学専攻、日本史学専攻、世界史学専攻、地理学専攻、日本語日本文学専攻、現代国際英語専攻、ドイツ語圏文化専攻、フランス語圏文化専攻の13専攻に分かれます。

どの専攻に入るかは生徒たちが一年生の終わりに希望を出し、GPA順に決定されます。一番人気の専攻は社会学専攻でしたが、頭の良い子たちが集まるのは日本語日本文学専攻です。社会学が人気の理由は、授業が楽で単位も比較的取れやすく、卒論も簡単だからです。

日本語日本文学専攻は、先生が厳しくまた生徒のレベルも高いので要求されるレベルも高く全体で見るとあまり人気の学部ではありませんでした。

愛知大学「文学部」のリアルな就職先について

優秀層は、公務員が多かったです。役所や市役所に勤める人や教員などです。教員は愛知県教育委員会、名古屋教育委員会、三重県岐阜県東京神奈川千葉など様々です。他の公務員は、愛知県内が多いです。

普通の層は、地域の中小企業に就職する人が多かったです。JAや名古屋鉄道、尾西信用金庫などです。先ほども書きましたが、さまざまな企業に多くの卒業者がおり、一つの業界に固まっていると言ったことはありません。実にさまざまです。

残念な層の人たちは就活をしません。大学を退学していたり、単位を取るのに精一杯で就活できていません。愛知大学文学部では、就活できないのではなくしない生徒も多くいました。自分の夢や外国で暮らしたいという思いからあえて就活せず、自分の理想の生活のために努力すると言った同級生も多かったです。そのような生徒は、普通の層の人達が多かったです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、愛知大学「文学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

愛知大学「文学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で愛知大学のパンフレットを請求してみて下さい。

愛知大学のパンフレットを請求

関連記事
愛知大学の全体的な評判

コメントをかく

*