【南山大学】外国語学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は南山大学「外国語学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

南山大学「外国語学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は南山大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、南山大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも南山大学「外国語学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

南山大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく南山大学「外国語学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は南山大学「外国語学部」スペイン・ラテンアメリカ学科の卒業生です。

南山大学「外国語学部」の評判まとめ

南山大学「外国語学部」の偏差値と入試難易度

◇外国語学部
英米学科…偏差値60
スペ-スペイン専攻 …偏差値55
スペ-ラテンアメリカ専攻…偏差値55
スペイン・ラテンアメリカ学科…偏差値55
フラ-フランス文化専攻…偏差値55
フラ-フランス社会専攻…偏差値55
フランス学科…偏差値55
ドイ-ドイツ文化専攻…偏差値55
ドイ-ドイツ社会専攻…偏差値55
ドイツ学科…偏差値52.5
アジ-東アジア専攻…偏差値55
アジ-東南アジア専攻…偏差値55
アジア学科…偏差値55

南山大学の難易度は西南学院大学文学部の少し下、立命館大学国際文化学域学部の少し上くらいです。

同じ学部の友人は愛知県立大学外国語学部に落ちてしまった友人が多いです。愛知県立大学の他に上智大学外国語学部落ち、関関同立、March落ちといった人がとても多いです。そのため賢い友人が集まり大学の授業は真面目で勉強意欲のある人が多いです。

蹴った大学の多くは都留文科大文学部や名古屋外国語大学国際教養学部が大半です。

南山大学「外国語学部」の志望理由

私が南山大学を志望した理由は、国際協力に関心があったからです。元々都留文科大文学部国際教育学科に進学をする予定だったのですが、スペイン語というアメリカ、中国に次いで話者の多い言語を習得し活動拠点を広げたいと思ったからです。

元々私の高校には南山大学スペイン・ラテンアメリカ学科の推薦入試がありましたが、蹴って一般入試で合格をしました。また愛知県では文系私大の中で南山大学のレベルが高いので就活にも有利であると確信していたからです。

私の高校の偏差値が47の自称進学校と呼ばれる高校だったので、出来るだけ勉強を頑張って上の社会にいる人々と生活を送りたいという憧れがありました。

南山大学「外国語学部」に入学してから感じたギャップ

南山大学外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科に入学をする前は中南米の貧困問題・社会問題に関して関心のある人が多いと思っていた。だが実際は国公立・有名私立落ちの生徒が多くスペイン語なんて~、中南米の社会問題なんて~、とまるで関心のない生徒が多くショックが大きかった。

それ以外のスペイン語を学びに来ている学生は帰国子女が多くギャップを感じた。レベルが高い学生が多い。スペイン語に関心があまりない学生も、スペイン語以外に自分の好きなものを見つけ取り組む生徒が多い。切り替えや1つのことに集中する力は賢い人ならではで、驚いた。起業している友人もいる。

南山大学「外国語学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

南山大学外国語学部の場合

これは愛知県や東海三県に限った評判・印象かもしれない。南山大学に通っていると伝えると多くの人が、「すごいね!」「勉強できるんだ!」「賢い〜」といった反応をしてくれる。主に40-50代が若い頃南山大学は有名な私立校だったようだ。同じ愛知県に住む大学生も、自分が南山です、というと「頭良すぎて自分の大学教えられない」と答える学生もいました。

しかし関西や関東に行くと、その知名度は下がります。関西の人々の方が南山の地名度が高く「あー関関同立くらいのレベルでしょ?」「外国語学部がレベル高いんだよね?」と言った曖昧な反応が返ってきます。しかし外国語学部を志望していた人は大体が南山大学について知っていました。

内部生からみた評判

南山大学外国語学部の学生は、第一志望を落ちて入学する人が大半です。もしくは帰国子女で入学する人が多い。元々やりたかった内容ではない授業をとらなければいけない学生が多く、入学してすぐは中だるみ時期が訪れます。

しかし、南山大学の学生は賢い人が多く時間を無駄にしない。何かしら勉強や有意義な時間を送る目標を立てまっすぐ突き進みます。そのような面では凄く刺激のある人々と生活を送ることができます。もちろん就活でも行動力を持って望んでいる学生がほとんどです。

私の学部はスペインとラテンアメリカ専攻に分かれていますが、実際はラテンアメリカ先行でもスペイン授業を履修しなければいけなかったりします。

南山大学「外国語学部」のそれぞれの学科で勉強すること

南山大学外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科の場合。主にスペイン語、スペインの歴史、スペイン語圏の社会問題、政治、ポルトガル語、文法、文学、会話。

学部内のヒエラルキーは、勉強のみを頑張っている人の地位が高いわけではなく勉強そして部活orサークル活動を充実させている学生のヒエラルキーが高いです。ヒエラルキーが高いと言っても南山大学はいじめや見下すことがあるわけではなく、ただ、目立つという意味です。

語学面ではやはり喋れる人のヒエラルキーが高いです。スペイン語は日常生活でスペイン語を使っていないとなかなか伸びない言語なので、それを習得している人はやはりヒエラルキーが高く先生にも気に入られる度は高いです。

南山大学「外国語学部」のリアルな就職先について

外国語学部の優秀層が就職する就職先は商社・保険会社が多いです。優秀層は富裕層が多いので、親のようにお金持ちになりたい優秀な人材になりたいと考えている人が多いです。野村證券や三井住友海上火災保険、東京海上日動火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、住友生命保険などです。

中間層になると銀行・公務員が増えます。銀行は地元の名古屋銀行や大垣共立銀行、三菱UFJ銀行などです。公務員は愛知県教育委員会や他県の公務員・教員になっている人が多くいます。南山大学では多くの学部で教員の資格を取ることができるからです。

残念層はベンチャー起業や南山生が起業した会社に勤める人がいます。しかしやはり長くは続かないため、転職率も増えています。しかし就活氷河期になると多くの学生が起業をしています。そして30年前の南山生の多くはその事業を成功させ今も続く会社となっています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、南山大学「外国語学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

南山大学「外国語学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で南山大学のパンフレットを請求してみて下さい。

南山大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)