【徳島文理大学】香川薬学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は徳島文理大学「香川薬学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

徳島文理大学「香川薬学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は徳島文理大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、徳島文理大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも徳島文理大学「香川薬学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

徳島文理大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく徳島文理大学「香川薬学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は徳島文理大学「香川薬学部」薬学科の卒業生です。

徳島文理大学「香川薬学部」の評判まとめ

徳島文理大学「香川薬学部」の偏差値と入試難易度

◇香川薬学部
薬学科…偏差値35

徳島文理大学香川薬学部薬学科の難易度は私立の薬学部の中では最も低いレベルです。

徳島文理大学香川薬学部薬学科よりも低いレベルの私立薬学部も数校ありますが、全国で5本の指に入るぐらい難易度は低いです。ただ、地方の私立大学の医療系以外の理系の学部の難易度よりは少しだけ高いぐらいの印象です。

香川出身の学生の中には香川大学の理系学部に受かるか受からないかというぐらいのレベルの人も多くいました。ただ、四国以外の出身者は神戸薬科大学、大阪薬科大学など私立の薬学部の受験で不合格だった方が入学してきている印象です。

徳島文理大学「香川薬学部」の志望理由

私はまず薬学部を志望していました。それはなぜかというと、昔近所の薬局の薬剤師さんにとても面倒をみてもらっていて、その人のように薬剤師になりたいと小さい頃から薬剤師を志していたからです。

私は6校の薬学部を受験したのですが、徳島文理大学香川薬学部を志望した最も大きな理由として、岡山県出身であったことが挙げられます。実家への距離が比較的近く安心感がありました。また、徳島文理大学香川薬学部は比較的新しい薬学部なので建物もきれいだし、建物内の施設も充実していて、充実した大学生活が送れるような気がしたので、この大学を志望しました。

徳島文理大学「香川薬学部」に入学してから感じたギャップ

入学後に感じたギャップとして、まず勉強、実習が大変だったことが挙げられます。

沢山遊んで、アルバイトもして、大学以外で充実した学生生活を送ることを夢見ていたのですが、入学1年目はさほどでもありませんでしたが、2年目以降は授業のコマ数も多く、実習も多く組み込まれていたので、案外夜まで大学で勉強していることが多かったです。

あと、大学周辺に商業施設等があまりなく、田舎だったことが想定以上でした。ただ、生活に困るというレベルではありませんでした。

徳島文理大学「香川薬学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

私は調剤薬局に就職したのですが、徳島文理大学香川薬学部出身ということを言うと、同僚の薬学部出身の薬剤師からはそんな大学はあったのか、という認知されていることすら危ういような状況でした。

徳島文理大学の徳島キャンパスの薬学部は比較的伝統があり、認知されているのですが、香川薬学部に関しては新設校ということもありあまり認知されていない印象です。また、知られていたとしても、やはりあまりレベルの高い薬学部とは思われていない印象です。

内部生からみた評判

徳島文理大学の香川キャンパスには薬学部以外に保健福祉学部、理学部、文学部があるのですが、同じキャンパス内では薬学部は比較的学力の高い人がいる学部という印象でした。

保健福祉学部に関しては、同じ医療系の学部ということもあって、薬学部と同等のレベルという印象を持たれていたように思います。ただ、系列校の徳島キャンパスの薬学部とも若干交流があるのですが、それに比べると入試でもレベルが落ちるので、下のレベルと見られていたように思います。

ただ徳島キャンパスとはほとんど交流がないので、同じキャンパス内では最も勉強ができそうな人が集まる学部が薬学部という印象だったように思います。

徳島文理大学「香川薬学部」のそれぞれの学科で勉強すること

徳島文理大学香川薬学部には薬学科しか存在しません。大学1年時には一般教養の授業を主に受けていました。薬学関連の授業も一部あったのですが、比較的理系の基礎的な勉強で専門性のある授業は少なかったように思います。

しかし、2年時以降は薬学の専門的な授業がメインとなっていきました。ただ、2年時は薬学の中でも、生化学、微生物学など基礎的な授業が多く、3年時以降にそれらの基礎に薬関係の知識を付け加えていくというようなカリキュラムとなっていました。

4年時以降にはいよいよ薬剤師の実務関係の学習や外部での臨床実習を行う機会が増えていきました。また、最終学年では国家試験対策の授業がメインになります。休日も国家試験対策のため予備校講師の方が講義をすることが多かったです。

徳島文理大学「香川薬学部」のリアルな就職先について

徳島文理大学香川薬学部の主な就職先は病院、調剤薬局、ドラッグストアです。病院に関しては、調剤薬局やドラッグストアと比較して給料は安いですが、様々な処方を体験することができて知識と経験を高めることができます。薬学部は大学時代の勉強量が比較的多いので、大学卒業後も学びたいという意識を持つ人が多いのか、病院での就職を希望する人は比較的多いです。

調剤薬局の給料は病院とドラッグストアの中間ぐらいの水準です。病院よりは学べる知識は少ないかもしれませんが、患者さんとコミュニケーションをとることが多い職場です。また近年在宅医療が推進されていてその現場で活躍したいという人が就職を希望することも多かったように思います。

ドラッグストアは給料は最も高いように思います。ドラッグストアでは医療用医薬品だけではなくOTCや健康食品など幅広くお客さんの健康を支える業務を行うことができます。大きな規模で経営されているドラッグストアが多いので、福利厚生がしっかりしていて、給料体系も透明性が高いものとなっています。その他、企業の管理薬剤師や医薬品の営業職に就職する人もいます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、徳島文理大学「香川薬学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

徳島文理大学「香川薬学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で徳島文理大学のパンフレットを請求してみて下さい。

徳島文理大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)