【岡山大学】工学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は岡山大学「工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

岡山大学「工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は岡山大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、岡山大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも岡山大学「工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

岡山大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく岡山大学「工学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は岡山大学「工学部」機械システム系学科の卒業生です。

関連記事
岡山大学の全体的な評判

岡山大学「工学部」の評判まとめ

岡山大学「工学部」の偏差値と入試難易度

◇工学部
機械システム系学科…偏差値50
電気通信系学科…偏差値52.5
情報系学科…偏差値55
化学生命系学科…偏差値50

岡山大学工学部のレベルは広島大学の工学部とはほぼほぼ変わらないくらいもしくは岡山大学工学部の方が少し高い印象です。

現に自分の模擬試験の判定はセンター試験の結果を換算して岡山大学でB判定、広島大学の工学部ではA判定だった。また、僕の同じ学科の友達ではセンター試験のみを換算した試験で立命館大学に受かって蹴っていた人もいました。

関関同立よりかは上のレベルだと思っている。他にも友達では前期の試験で大阪大学に落ち、後期試験で来た人もいる。旧帝大受ける人の滑り止め程度に感じている。

岡山大学「工学部」の志望理由

私が岡山大学工学部を志望した理由は、岡山大学が実家から近く、また岡山大学は岡山市の中心街から近いからという理由であります。また、機械系を専攻しようと思った理由は、岡山大学の機械系は就職率がとてもよく、大学院に進学すればトヨタ、新日本製鉄などの世界的な大企業にも就職することが可能だと知ったからです。

また、先輩、友達なども多く進学していたので岡山大学にしました。初めは岡山大学と広島大学で迷っていたのですが、決め手となったのはやはり、岡山大学は都市部に近い点、広島大学は田舎にあり遊ぶことができなかったからです。世間一般には岡山大学と広島大学では広島大学の方が上であるといった印象があると思いますがこのような点で、岡山大学に志望しました。

岡山大学「工学部」に入学してから感じたギャップ

私が機械系に入ってから感じたことはやはり女子が少ないということです。実際に200人という学生の中に10人に満たない数の女の子しかおらず、そのなかで仲良くなるのは現実的に厳しいものと感じました。

勉強に関して言えば、先生たちは分かりやすい授業ばかりしてくれて非常に助かってます。また、機械というと設計や旋盤の作業の実習ばかりやっているのかと思っていたのですが、実際、大事なのは材料力学、流体力学、熱力学等の物理学であり、そのような授業が多いです。

岡山大学「工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

岡山大学といえば家族親戚、また昔の先生などからは勉強頑張ったねと言われることが多いです。またバイト先などでは少しだけ好印象を持たれることもあります。

しかし、ある一部のバイト先のおばさんからは「あなたは勉強ができても、世間一般の常識がないねぇ」などと言われることもあり、昔の人などからは過大評価してくる人なども存在します。しかし、基本的には岡山の人からは優秀だというイメージを持たれることが多いと思います。

内部生からみた評判

岡山大学工学部機械システム系学科の場合、他学部、また工学部の中でも他の学科の人よりかは大手の企業に就職できるため、羨ましがられることが多いです。また、忙しいというイメージを持たれがちなのですが研究室に配属されるのが4年生の初めであり、他の学部の人たちは三年生の初めの人も多いため、他の学部に比べると楽なのかもしれません。

工学部は陰キャラ、コミュ障のイメージを持たれがちです。工学部は研究が忙しいという印象が強いが実際は研究室によって様々であります。とても楽でほとんど研究室に来ない人もいる研究室もありますし、毎日のように深夜まで残らされて、失踪する人もいる研究室もあります。

岡山大学「工学部」のそれぞれの学科で勉強すること

岡山大学工学部の機械システム系学科は主に物理学について勉強します。4力という機械の本質となる物理学をやっており、基本的には座学です。また、システム系ではプログラミングを勉強したりもしています。

電気通信系学科では、電子回路などについて学びます。情報系ではプログラミングについての授業があり、プログラミングについて学ぶことが多いです。

化学生命系学科はあまりよく分かりません。ですが、基本的に1回生の時は学部で共通の授業などがあり、他学科の人と交流することもできます。また、化学生命系学科は男女の比率が1対1程度であるため、男女のグループも存在し、工学部の中では羨ましがられることが多い学科でもあります。

機械系は他学科と違い、明らかに就職がいいのでそういった点では羨ましがられます。

岡山大学「工学部」のリアルな就職先について

優秀な層の人では、いわゆる超大手企業に行く人が多いです。自動車関連の就職先が人気であり、トヨタ、本田技研、日産に行く人も優秀層の中には一定数います。また、鉄鋼関連の就職先も人気であり、新日本製鉄に行く人もいたりしますが、岡山ですのでやはりJFEスチールが人気です。

基本的には学部で就職する人は3割程度で、他の7割程度の学生は大学院に進学します。基本的には研究室もそのままで、進学する人が多いです。

普通層の人でも大手企業に行く人が多いです。就活というのは、勉強の優劣があまり関係なく、本人のコミュ力や努力によるものが大半を占めると思います。また、研究室によって就職先が変わることもあまりなく、機械の中で生態系の研究室に在籍していた人でも自動車産業、鉄鋼産業に行く人もいて、岡山は化学系の就職先も多いため、機械から行く人もいます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、岡山大学「工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

岡山大学「工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で岡山大学のパンフレットを請求してみて下さい。

岡山大学のパンフレットを請求

関連記事
岡山大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)