同志社大学の評判と偏差値【関西トップの私立大学】


こんにちは!
今回は同志社大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、同志社大学は関西圏でトップの私立大学なので、その評判はとても良いです。(ただ、就職活動で特別有利になるのはサークルや体育会活動を頑張った人とのことです。)

この記事以上に同志社大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで同志社大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば同志社大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく同志社大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は同志社大学経済学部2016年度の卒業生です。

同志社大学の評判まとめ

同志社大学の偏差値

◇神学部
神学科…偏差値57.5

◇文学部
英文学科…偏差値60
哲学科…偏差値60
美学芸術学科…偏差値60
文化史学科…偏差値62.5
国文学科…偏差値60

◇社会学部
社会学科…偏差値62.5
社会福祉学科…偏差値60
メディア学科…偏差値62.5
産業関係学科…偏差値60
教育文化学科…偏差値60

◇法学部
法律学科…偏差値62.5
政治学科…偏差値60

◇経済学部
経済学科…偏差値62.5

◇商学部
商学総合…偏差値62.5
フレックス複合…偏差値62.5

◇政策学部
政策学科…偏差値62.5

◇文化情報学部
文化情報学科…偏差値57.5

◇理工学部
インテリジェント情報工学科…偏差値60
情報システムデザイン学科…偏差値60
電気工学科…偏差値57.5
機械システム工学科…偏差値60
エネルギー機械工学科…偏差値57.5
機能分子・生命化学科…偏差値57.5
化学システム創成工学科…偏差値57.5
環境システム学科…偏差値57.5
数理システム学科…偏差値60

◇生命医科学部
医工学科…偏差値55
医情報学科…偏差値55
医生命システム学科…偏差値57.5

◇スポーツ健康科学部
スポーツ健康科学科…偏差値57.5

◇心理学部
心理学科…偏差値62.5

◇グローバル・コミュニケーション学部
英語…偏差値65
中国語…偏差値62.5

◇グローバル地域文化学部
ヨーロッパ…偏差値62.5
アジア・太平洋…偏差値62.5
アメリカ…偏差値62.5

同志社大学の学生の学力レベル

内部進学の学生が多かったです。

同志社大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
関西学院大学<立命館大学<同志社大学 といった印象。



同志社大学の世間からの評判

西日本ではトップの私立大学であり、全国的に知名度も高いため評判は良い。

実際に関西以外の地域(主に東日本)の人と会話していても同志社大学を知らない人はほとんどいない(同じ関関同立でも関西学院大学や関西大学を知らない人はたまにいる)。

また、地元に帰省した際にも中学や高校の友達に会った際は、一目置かれた存在として見られる。学生時代にアルバイトをしていた時にも、同志社大学というだけで同じ職場のスタッフやお客さんからも「優秀だね。」とか「就職活動はうまくいって大企業にいけそうだね。」と言われたりした。

そして、学生の規模が多いため、社会に出てから同志社大学のOBにつながることが多いように感じる。総学生数が2万人程度(4年間)おり、全国的に他の国公立や私立大学と比較しても学生数が多いため、私自身が就職している会社内部でもOBも多く、またプライベートでの交友関係の中でもOBに出会うことは多い。

OBの方々が優秀であるため、同じく優秀として評価されやすい。

同志社大学の学生の様子

人によって様々。

意識高く部活やサークル、学業、アルバイトに取り組む人もいれば、あまり何も考えず淡々と学生生活を過ごしていく人もいる。アルバイトや遊び等で、ほとんど授業に出ずに要領良く単位を取っていく人もいれば、真面目に授業に出ているが留年していく人も多い。

交友関係を広く持てる人と、そうでない人で過ごし方が全然違う。

また、出席率が成績に反映されるような授業では、とりあえず授業だけには参加して、スマホでゲームしたり、友達と喋っていたり、寝ている生徒が大半。

それが当たり前になっており、他の学生や授業の講師が指摘することはない。出席率が成績に反映されない授業については、テストのときのみ多くの学生が参加するため、通常の授業よりも大きめの教室でテストが実施されることもよくあった。

同志社大学の就職先について

私自身学生時代はサークル活動に注力しており、所属していたサークルも体育会に近い活動をしており、知名度も高く企業からの評判も良かったため、同じサークルメンバーは比較的大企業へ就職している。

メガバンクや総合商社、大手メーカー企業(総合電機、製薬、食品)等。一部地元での就職を希望する人は地方銀行に就職している。また体育会系の部活動に所属している方は、やはり就職活動に有利のようで大企業に就職している人が多い(私も大手企業に勤務しているが、同じ大学の出身者は部活動に所属していた人が多い。)。

学生時代に部活動やサークル活動、学業など、何かしらに真面目に取り組んできた人は、ある程度の企業に就職できる大学である。

同志社大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①様々な背景を持った学生が多く、また将来についての志が高い学生も私の周りには多かったため、人を通じて学ぶことは多かった。

②西日本でトップの私立大学であるため、就職活動の際には非常に有利であると感じた。

③大学側が生徒に不用意に関与することがなかったため、比較的自由な学生生活を送ることができた。

悪かったところ

①教授側の授業への熱意があまり高くないため、その理由もあり学業に真面目に取り組む人があまり多くないように感じた(淡々と教科書や資料を読んでいる教授が多い)。

②チャラいイメージがある。

③内部進学の生徒も多いため、一般入試で入学した人との学力の差が非常に大きい。

同志社大学に4年間通ってみていかがでしたか?

3つの理由から、良かったと思う。

1つ目は、レベルの高い様々な学生に出会える機会があったこと。一般入試で入学している方は、志高く、賢いため、一緒にいて学ぶことが多かった。

2つ目は、就職活動に有利なこと。基本的に学歴フィルターで足切りをくらうことはないと思う。また、大手企業への就職率も高く、希望する業界や企業に入社できる可能性は、比較的に他の大学と比べても高いように感じる。私自身、希望する業界・企業に入社することができた。

3つ目は、やりたいことができる環境が整っている。部活動やサークルの種類も多く、スポーツ、音楽、ビジネス等、やりたいことができる環境が整っている。また、様々な学生がいるため一緒に頑張れる仲間も見つけやすいと思う。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
同志社大学の学力レベルは明治大学ほどですが、関西ではトップの私立大学です。

そのため、明治大学に進学できる学力があるのであれば、同志社大学に進学して関西で天下を取る学生生活も楽しいと思います。

この記事以上に同志社大学について詳しく知りたいという方は、同志社大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で同志社大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で同志社大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*