日本女子大学の評判について【品のある有名女子大学】


こんにちは!
今回は日本女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、日本女子大学は有名女子大ながらも落ち着いた学生が多く、そのような雰囲気で大学生活を送りたい学生にはとても良い環境です。

この記事以上に日本女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで日本女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば日本女子大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく日本女子大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は日本女子大学人間社会学部の卒業生です。(西生田キャンパス)

日本女子大学の評判まとめ

日本女子大学の偏差値

◇教育学部
児童学科…偏差値52.5
食物-食物学…偏差値57.5
食物-管理栄養士…偏差値60
住居-居住環境デザイン…偏差値55
住居-建築デザイン…偏差値57.5
被服学科…偏差値52.5
家政経済学科…偏差値55

◇文学部
日本文学科…偏差値52.5
英文学科…偏差値55
史学科…偏差値55

◇理学部
数物科学科…偏差値50
物質生物科学科…偏差値55

◇教育学部
現代社会学科…偏差値47.5
社会福祉学科…偏差値47.5
教育学科…偏差値50
心理学科…偏差値52.5
文化学科…偏差値47.5

日本女子大学の学生の学力レベル

どの科目においても、基礎はもちろんのこと、応用の利く人が多かったです。また、特別学力が高いというよりは、自治的な内容から雑学まで、幅広い知識を持っている人が多かったです。

日本女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
東洋大学<日本女子大学<法政大学 といった印象。



日本女子大学の世間からの評判

基本的に誰でも名前は知っているような大学だったので、大学名を伝えると「あのお嬢様学校なの?」という反応をされることが多く、「確かに清楚な雰囲気がある」「品があるね」など、おしとやかなお嬢様という印象をもたれることが多かったです。

また、バイト先では「本女行けるなんて優秀なのね」「その大学名を聞いて悪い印象を持つ人はいないよ」と言われることもあり、みなさん揃ってよい印象を持ってくれているようでした。就職する際には、何カ所か幼稚園へ訪問したのですが、大学名を伝えるとどの方も笑顔で反応を示してくれました。

どなただったかは忘れてしまいましたが、40~50代くらいの女性には、就職活動中の会話の中で「こんなに立派な大学に通っているなら、幼稚園以外でももっといいところに就職できそう」と言われたこともあり、悪い印象をもたれたり嫌な反応を示されたりといったことは、一度もありませんでした。ただ、一時期は学長の預け金問題が報道されましたので、その際は「あの学長が預け金問題否定しているところね」といったような反応を示されたことはあります。

日本女子大学の学生の様子

日本女子大学は、神奈川県の西生田キャンパスと東京都の目白キャンパスがありましたが、私が通っていた西生田の方では、森の中に位置していることもあり、カジュアルな服装の学生が多かったです。髪が明るすぎる人や高いヒールの靴を履いている人も殆どいませんでした。

化粧をしない人も多く、学生の姿は全体的に落ち着いています。又、授業の出席率も非常に高く、サボったり課題をやってこなかったりという人も殆ど見掛けませんでした。バイトをしている子は多くいましたが、皆勉強と上手く両立させていたように思います。

また、座学系の授業では、グループ討論など多く行いましたが、とても積極的に取り組み、発言数が多いことが特徴的だったように思います。実技系の授業では、とても楽しんで参加しており、体育のような授業では、時に先生に提案をしてより深く学習できる環境を自分たちで作っていました。

もちろん、中には授業中にスマホをいじっていたり居眠りをしたりという人もいましたが、全体的に授業への出席率は高く、静かな環境の中で学習に取り組んでおり、楽しむときにはとても盛り上がるなど、メリハリのある授業態度が印象的でした。

日本女子大学の就職先について

教育学科では、約半数くらいの学生が、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教員になっていました。中でも、小学校教員になる人が一番多く、中学校・高等学校は、ごく少数でした。その他の学生の就職先は様々ですが、総合職や事務職に内定をもらい、就職していく人が多かったように思います。心理学科の学生は、SEが多かったようだと友人から聞きました。

その他は、福祉や販売業関係への就職者が多かったようです。別の大学に移り、大学院まで行って新たに資格を取得するといった進路へと進んでいく友人もいました。ここからは、私的な話となりますが、私自身は幼稚園に就職しました。自宅とは別の県にある大学に通っていたため、情報が少なく、自分で県内の私立幼稚園のHPを見付け、そこから通勤圏内の幼稚園のHPを1つずつ地道に調べていきました。

5月頃から7月頃にかけて、幼稚園へ訪問・見学に行き、10月に2カ所採用試験を受けて、無事に内定をもらえたという流れになります。友人も、就職活動は教員採用試験という人が多かったですが、試験に落ちてしまった子も、卒業までには無事に就職先が決まっており、苦戦してしまってどうしようもないという子はあまり見かけませんでした。

日本女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①とても落ち着いた環境の中で、集中して自分の学びたいことを学ぶことができた。友達とも互いに刺激を与えたり受けたりしながら、それぞれが進路実現に向けて学習できる環境が整っていました。

②先生が個性的かつ学生にきちんと向き合ってくれる。個性豊かな先生が多く、授業も楽しいものが多かったです。また、理解ができなかったところや就職や卒論の作成にあたって悩んでいることに関しても、授業外の時間に個人的に聞きに行っていましたが、どの先生も真剣かつ丁寧にアドバイスをしてくれました。

③就職率の高さ。就職率は95%以上で、就活時のサポートも細やかにしてもらえました。

悪かったところ

①森の中にあって閉鎖的。周りに森しかない大学なので、勉強するにはいいですが、外部とは遮断されているような印象を受けます。

②学生課の職員が、少々きつい対応をしてきます。わからないことがあって聞きに行った際に、邪険に扱われたことがあり、友達からも同じような話を数件聞きました。

③門から校舎までがとにかく遠い上に山登り。駅から門まではすぐですが、校舎まではだいぶ距離があります。坂の上り下りも多いため、体力は必要です。

日本女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

私は、日本女子大学に通ってよかったと思っています。その理由としましては、上記で述べたように、落ち着いて学習するのに適した環境だったからです。

私は、化粧っ気もなく地味で真面目なタイプなので、女子大という場所には友人関係で少々抵抗を感じるところもあったのですが、学生の雰囲気が全体的に落ち着いており、直ぐに馴染むことができました。授業も、積極的に参加する雰囲気が作られていたため、自分の学習したいことを充実した環境の中で学ぶことができました。授業自体も、先生が工夫して行ってくれるものも多く、とても興味深く受講することができました。

授業での発表があると、誰一人嫌な顔をせず、休み時間でも自然にみんなで集まり、励まし合いながら話し合いや作業を行うことも多かったため、楽しみながら勉強して4年間過ごすことができました。自分で学びたいことを選び、自分の意志で学びを深めていく必要のある大学として、日本女子大学は、私にとって最適であったと思います。

 



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
日本女子大学は有名女子大ながらも落ち着いた学生が多く、そのような雰囲気で大学生活を送りたい学生にはとても良い環境です。

この記事以上に日本女子大学について詳しく知りたいという方は、日本女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で日本女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で日本女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*