香川大学の評判と偏差値【田舎での学生生活を楽しみたいあなたへ】


こんにちは!
今回は香川大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、香川大学は地元香川での評判もかなりよく、田舎でのんびりとした学生生活を過ごしたい方にはおすすめです。

この記事以上に香川大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで香川大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば香川大学のパンフレットは1クリックで取り寄せることができます。

それでは、さっそく香川大学の評判について見ていきましょう!
香川大学のパンフレットを請求
今回インタビューをした方は香川大学法学部の卒業生です。

香川大学の評判まとめ

香川大学の偏差値

◇教育学部
学校-幼児教育…偏差値55
学校-小学校教育…偏差値50
学校-中学校教育…偏差値50
学校-中学校教育…偏差値50

◇法学部
法学科…偏差値52.5

◇経済学部
経済学科…偏差値47.5

◇医学部
医学科…偏差値65
臨床心理学科…偏差値52.5

◇農学部
応用生物科学科…偏差値47.5

◇創造工学部
造形・メディアデザイン…偏差値45
建築・都市環境…偏差値45
防災・危機管理…偏差値45
情報システム・セキュリティ…偏差値45
情報通信…偏差値45
機械システム…偏差値45
先端マテリアル科学…偏差値45

香川大学の学生の学力レベル

岡山大学落ちの学生が多かったです。

香川大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
愛媛大学<香川大学<岡山大学 といった印象。

香川大学の世間からの評判

地元企業への就職はかなり強いという評判は聞いたことがありますが、県外での知名度はあまり高くないと思います。

先日日経新聞の採用したい大学ランキングで上位に入ったことは記憶しています。アルバイト先等で大学名を言うと「頭いいね」と言われることが多かったです。国立の法学部という枠の中ではかなり下の方であったと記憶しています。高校の先生に「もっと上の大学に行ったら」と勧められたこともあります。塾講師のバイトをしていたのですが、地元の高校生で香川大学を志望する人はあまりいませんでした。就職活動中でも大学について触れられたことはあまりありません。

家族には国立大学の法学部ということで喜ばれました。愛知の自分の高校から香川大学を目指していた人は自分一人しかいませんでした。香川というと大学の話より、うどんの話の方が注目されます。香川大学でもやはり医学部は別格という話を聞いたことがあります。逆に工学部はあまり高い評判は聞かなかったです。

香川大学の学生の様子

一番前で熱心に授業を受ける生徒は限られていて、出席している3分の1くらいの学生は授業を受けながらスマホをいじっていました。また、法学部で出席を取る授業を少なかったためか、普段の授業に欠席していて、試験だけ受けに来る学生も相当数いた印象です。法学部でしたが、法曹を目指している学生は2割ほどしかいなかった気がします。

香川大学の就職先について

一番就職先として多かったのは公務員であり、その中でも地方公務員が多かったです。また、国家公務員に就職した学生もいましたが、地元の地方公務員の方が多かったです。

民間企業では、金融関係の就職先を探している人が多かった印象を受けました。ただ、あまり大きな銀行に行っておらず、地方銀行レベルが多かったように感じます。それ以外の民間企業の就職先はばらばらでしたが、大企業・大手企業に入れた人は少なかったです。法曹を目指している人は、それなりにレベルの高い大学院やロースクールに進学していました。工学部はいくつかの学科があったので、理系の就職先の中でも幅広い就職していた印象です。教育学部の学生はやはり教員を目指している人が多かったです。

香川大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①良い意味で自由でした。あまり厳しい先生もおらず、卒論の制限も緩かったので、勉強だけでなくアルバイトや趣味にも時間をかけることができました。

②部活動が多く、茶道部だけで3つも部がありました。お陰で掛け持ちしている学生も多かったです。

③環境が良かったです。瀬戸内海に面していて、自然に囲まれながらも不自由なく生活出来るレベルの場所にあったので4年間とても住みやすかったです。

悪かったところ

①学務グループの仕事が遅かったです。自分たちで提示した期限を守らないこともありました。

②教え方がうまい教員は少なかったです。

③大学の施設のレベルがあまり高くなく、授業終了後や休日に大学が人で賑わっていることはあまりなかったと思います。

香川大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。私は愛知県で高校まで育ったのですが、親元を離れ香川県に住むことで一人暮らしのスキルを磨くことが出来ました。

また、香川県は本当に住みやすく、大学生活が充実してしていました。部活動が盛んで、一生の思い出に残る部活が出来たことも良かった理由の一つです。学力的にもっと上の大学に行けば良かったと思う時もありましたが、結局その大学でどんな生活を送るのかは自分次第だと思うので、自由な香川大学で大学生活を過ごす事が出来て本当に良かったと思います。

また、その魅力のおかげか日経新聞の就職したい大学ランキングで上位に入る事が出来たので、誇らしく、自慢のできる大学になりました。4年間楽しかった思い出しかありません。

香川大学の基本情報

香川大学の住所と最寄駅

◇住所(幸町キャンパス)
〒760-8521
香川県高松市幸町1-1

◇最寄駅(幸町キャンパス)
ことでんバス(まちなかループバス)「香川大学教育学部」または「香川大学法学部・経済学部」下車、徒歩約1分

香川大学の学費(4年間)

香川大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部…学費349万円(6年間)
教育学部…学費242万円
法学部…学費242万円
経済学部…学費242万円
農学部…学費242万円
創造工学部…学費242万円
工学部…学費242万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、香川大学の学校パンフレットでご確認下さい。

香川大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
香川大学は地元香川での評判もかなりよく、田舎でのんびりとした学生生活を過ごしたい方にはおすすめです。

この記事以上に香川大学について詳しく知りたいという方は、香川大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に香川大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

香川大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*