金沢大学の評判と偏差値【北陸地方最難関の大学】


こんにちは!
今回は金沢大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、金沢大学は北陸地方では最難関の大学であり北陸地方での評判は最高です。

この記事以上に金沢大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで金沢大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば金沢大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく金沢大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は金沢大学理工学域の卒業生です。

金沢大学の評判まとめ

金沢大学の偏差値

◇人間社会学域
人文学類…偏差値55
法学類…偏差値55
法学類…偏差値55
経済学類…偏差値57.5
学校教育学類…偏差値52.5
地域創造学類…偏差値55
国際学類…偏差値55

◇理工学域
数物科学類…偏差値52.5
物質化学類…偏差値52.5
機械工・フロンティア工・電子情報通信…偏差値52.5
地球社会基盤学類…偏差値52.5
生命理工学類…偏差値52.5

◇医薬保健学域
医学類…偏差値67.5
薬・創薬科学…偏差値57.5
保健-看護学…偏差値52.5
保健-放射線技術科学…偏差値55
保健-検査技術科学…偏差値52.5
保健-理学療法学…偏差値52.5
保健-作業療法学…偏差値50

金沢大学の学生の学力レベル

旧帝国大学を落ちた人が多かった。

金沢大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
静岡大学<金沢大学<名古屋大学 といった印象。



金沢大学の世間からの評判

金沢大学は北陸では一番難関と言われており、中部地方でも名古屋大学の次に難関と言われているため、全国的にも評価が高く、就活等で困ることは無いと感じています。

特に北陸地区で就職するのであれば最優遇される立場にあり、多くの学生が北陸地方で就職しています。また北陸地区以外でも旧帝国大学に次ぐ旧一期校として人事部からの評価も高いと聞いています。また学生の半分ほどは北陸地方以外から入学していますが、就活が行き止まったという話は聞かないので就活面は無事に卒業出来れば問題ないと思います。

就活や進学などの進路に対するサポート面も充実しており、専門の進路相談室や就活支援室等もあり、学校側の支援も多いです。またバイト先などでは金沢大学出身者はリーダー的な役割を任されることも多く、石川県内では最も優秀な大学として扱われています。インターンシップや留学等の種類も豊富であり、このような点も多くの企業から高い評価を受けている要因だと言われています。

金沢大学の学生の様子

学類によってばらつきはありますがほとんどの学生は授業に出席し、しっかりと単位を取得しつつ、バイトやサークル活動を行なっています。一部学生は授業に出席しない等がありますがごく一部です。中にはとても真面目に勉強に励み大学院に進学する学生も少なくありません。全体的に学問に対する姿勢は真面目な方だと感じています。

また、学生が多い授業ではスマホ等を使っている学生がいますが真面目に授業を受けている学生もいます。授業を妨害する等の行為はありませんが、一般教養や再履修等の授業になると無断欠席等が目立つ授業もあります。またカードタッチで出席だけ記録して授業には出席しない等の行為も見られますが発覚した場合は単位取り消しになる為減りつつあります。

金沢大学の就職先について

どの学域学類であっても就職先は十分にあり、数物科学類では数学や理科の教員にある学生や、銀行や企業の研究所、IT関係やシステムエンジニアといった就職先が目立ちます。

またここ最近では大学院に進学する学生も一定数います。教育学類では殆どの学生が教員として就職しますが、一部学生は塾や予備校の講師、参考書の出版社などに就職します。医学類では医師になる学生はもちろん、看護科の学生は看護師を中心に、産業保健師や理学療法士などに就職しています。法学類では成績上位者は司法試験を受けますが、殆どの人が一般企業に就職しています。どの学類でも企業レベルとしては北陸の中小企業を中心に人によっては大企業に就職した人もいます。

金沢大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①総合大学であり学生数も多いためサークル活動等を通して他学類の情報や知識等を得ることができ、多方面にわたる人脈を作ることができる。

②北陸を中心に就活に困ることは無い。(留年等をせず卒業した場合に限ります。)

③インターンシップや留学等の種類も豊富な為、大学時代にしか出来ない経験を大学側のサポートの元で積むことができる。

悪かったところ

①アクセスが悪い、大学が山の上にあるため徒歩と自転車での通学は体力を使う上、バスは常に遅れているため当てにならない。

②大学が広すぎる。山の中に作った大学のため、無駄に土地が広く、休み時間がほぼ教室移動で消えることもあります。

③駅から遠い。 鉄道等で帰省する場合金沢駅までかなりの距離があります。バスはありますがそれ以外はありません。

金沢大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。理由は就活や進学に不安はなく、アクセスは悪いなりに自分の学びたいことが学べる環境は整えられていたと思うからです。

またサークル活動や他学類との学生の交流ができる総合大学ならではの強みも良かったと思う理由です。一方でアクセスの悪さや無駄に広いキャンパスの広さには改善の余地があると感じていますし、サークルも全てのサークルが実りある活動をしているわけでは無いので、一概に良いとは言えません。

しかし旧帝国大学には及ばないものの金沢大学を卒業するという事は企業等から見ると高い評価をいただくことができるのは確かだと思うのでその点も良かったと思う理由です。大学側のサポートが手厚かったことも理由としてあげられます。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
金沢大学は北陸地方では最難関の大学であり北陸地方での評判は最高です。

この記事以上に金沢大学について詳しく知りたいという方は、金沢大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に金沢大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で金沢大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*
*
* (公開されません)