琉球大学の評判と偏差値【海がきれいで、毎日がバカンスでした。】


こんにちは!
今回は琉球大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、琉球大学のレベルは全国的に見るとそこまで高くありませんが、海に囲まれた環境は何よりも最高です。

この記事以上に琉球大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで琉球大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば琉球大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく琉球大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は琉球大学農学部の卒業生です。

琉球大学の評判まとめ

琉球大学の偏差値

◇人文社会学部
国際法政学科…偏差値45
◇国際地域創造学部
国際地域創造学科…偏差値47.5
国際地域創造学科…偏差値45
国際地域創造学科…偏差値42.5

◇教育学部
小学-教科教育専攻…偏差値45
中学-国語教育専修…偏差値50
中学-数学教育専修…偏差値47.5
中学-理科教育専修…偏差値47.5
中学-技術教育専修…偏差値45
中学-英語教育専修…偏差値52.5

◇理学部
数理科学科…偏差値45
物質地球科学(物理系)…偏差値40
物質地球科学(物理系)…偏差値40
物質地球科学(地学系)…偏差値40
海洋自然科学(化学系)…偏差値40
海洋自然科学(生物系)…偏差値45

◇工学部
機械工学…偏差値42.5
エネルギー環境工学…偏差値42.5
電気システム工学…偏差値42.5
電子情報通信…偏差値42.5
社会基盤デザイン…偏差値42.5
建築学…偏差値42.5
知能情報…偏差値42.5

◇農学部
亜熱帯地域農学科…偏差値45
亜熱帯農林環境科学科…偏差値45
地域農業工学科…偏差値45
亜熱帯生物資源科学科…偏差値45
亜生物-健康栄養科学…偏差値45

◇医学部
医学科…偏差値65
保健学科…偏差値50

琉球大学の学生の学力レベル

沖縄県内からは優秀な学生が多く、他県からは第一志望校に受からなかったまたは相応の学力が無かったためレベルを落として受けた学生が多かった。

琉球大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
島根大学<琉球大学<大分大学 といった印象。



琉球大学の世間からの評判

沖縄県内で、琉球大学の学生ですと名乗ると地元の人や特に年配の方から褒め称えられることが多いですが、他県で同様に名乗ると、落ちこぼれ呼ばわりをされることが多いように感じます。

ただ、琉球大学の学生は落ちこぼれ呼ばわりされても特に気にすることなく、自虐ネタとして使っている人も多いかと思います。また、県外から来た人は、沖縄独特の雰囲気もありバカンス気分になるため、地元の人より怠けてしまい、留年する学生も多いです。

いわゆる良い意味で変わり者の人も多く、なかには、なぜ琉球大学に入ったのかが不明な、天才といわれるほど頭の良い人もおり、結果的に国家公務員になったりと、就職は大手企業に就職したり公務員になったりする人も数多くいます。国立大学ということもあり、値は真面目な人が多く、授業などにおいても沖縄時間に流されることなく、遅れてくるような人はあまりいなかったかと思います。いろんなタイプの人と良い友人関係を築くことができます。

琉球大学の学生の様子

沖縄出身の人たちは、比較的真面目な人が多く、単位もスムーズにとれている人が多かったようです。一方、他県から来た人たちは、つい遊びの方を優先してしまい、単位を落として留年する人もいました。そういった人たちは、ますますやる気をなくしてしまい、より一層バイトに精を出したり、パチンコ店に入り浸る人もいました。

また、授業中に関しては比較的真面目で、寝ている人も多くはなかったかと思います。教室の広さに余裕があるので、内職をしていると講師や教授にばれてしまう可能性が大いにありましたが、当時は携帯ゲームのパズドラやポコパンなどが大流行していたこともあり、一部の学生についてはコソコソゲームをしている人もいました。実習形式の講義では、夏の暑いなかでも全員楽しんで積極的に参加していました。

琉球大学の就職先について

自頭が良い人が多いので、国家公務員や地方公務員になる人たちも結構多かったかと思います。

あとは、コミュニケーション能力は高い人が多いので、面接にも難なく合格し、大手企業の内定を数多く持っている人もいました。その他、キャビンアテンダントになる友人もいました。他にいたのは、自分で起業して、今現在メディアに取り上げられるほど成功している人もいました。

一方で、沖縄の雰囲気にのまれ、なんくるないさーの精神でまったく就職活動をしない人もおり、フリーターを何年もしている友人や先輩も多くいます。そのほかは、在学中に子供を身ごもり、中退する人も多かったように思います。沖縄は遊ぶ場所も少ないためか、男女の交遊の場も多いからだと思います。

琉球大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①様々な人たちと出会えたことです。私は県外から来た組だったのですが、沖縄の地元の人たちとの交流のなかから、彼らの文化を学びとることができました。

②一生の思い出になったことです。やはりなんといっても海がきれいで、毎日がバカンスでした。

③社会人になってから、人から興味をもってもらえる点です。

悪かったところ

①四季がないところです。年中ほぼ同じ気候のため、メリハリがなく、桜や紅葉が恋しくなるときがありました。

②時間を守らなくなってしまうことです。飲み会も基本的に時間を守らない人がおおいです。

③遊びに集中してしまい、勉学がおろそかになってしまうところです。

琉球大学に4年間通ってみていかがでしたか?

非常によかったと感じております。様々なひとたちとであうことができ、大変良い思いでになりました。

現在、営業をしているのですが、お客様とのはなすネタにもなりますし、大学時代にであったひとたちとはいまでも交流があり、全国各地に友人がいるため、とても楽しい社会人生活を送ることができていると思います。ぜひまよわれているかたがいたら、入るように進めたいと思っています。

海も自然もきれいで、楽しいせいかつがおくることができ、ご飯も比較的おいしいものがおおいので、少し太ってしまうひとも多いようですが、良い思い出になると思います。他の大学にはない魅力がある大学だと思うので、おすすめしたいと思っております。今後も魅力をいろんな方々につたえていきたいです。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
琉球大学のレベルは全国的に見るとそこまで高くありませんが、海に囲まれた環境は何よりも最高です。

この記事以上に琉球大学について詳しく知りたいという方は、琉球大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に琉球大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で琉球大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*
*
* (公開されません)