名古屋大学の評判と偏差値【東海地方での東京大学的存在】


こんにちは!
今回は名古屋大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、名古屋大学の東海地方での評判はとてつもなく高いです。いわば、東海地方での東京大学といった存在です。

この記事以上に名古屋大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで名古屋大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば名古屋大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく名古屋大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は名古屋大学医学部保健学科の卒業生です。

名古屋大学の評判まとめ

名古屋大学の偏差値

◇文学部
人文学科…偏差値60

◇教育学部
人間発達科学科…偏差値60

◇法学部
法律・政治学科…偏差値62.5

◇経済学部
偏差値62.5

◇情報学部
自然情報学科…偏差値60
人間・社会情報学科…偏差値62.5
コンピュータ科学科 …偏差値60

◇理学部
偏差値57.5

◇医学部
医学科…偏差値67.5
保健-看護学…偏差値55
保健-放射線技術科学 …偏差値55
保健-検査技術科学…偏差値57.5
保健-理学療法学…偏差値57.5
保健-作業療法学 …偏差値52.5

◇工学部
化学生命工学科…偏差値60
物理工学科…偏差値60
マテリアル工学科 …偏差値60
電気電子情報工学科…偏差値60
機械・航空宇宙工学科…偏差値62.5
エネルギー理工学科…偏差値57.5
環境土木・建築学科…偏差値60

◇農学部
生物環境科学科…偏差値60
資源生物科学科…偏差値60
応用生命科学科 …偏差値60

名古屋大学の学生の学力レベル

県内トップの東海高校の中間~上位層、県内外の進学校の上位層の生徒が多かったです。

名古屋大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
早慶<名古屋大学≦大阪大学 といった印象。

名古屋大学の世間からの評判

東海地方では最も評価が高い大学の一つと言われています。

東海地方では東海の東大扱いをされることもときにあります。塾の生徒の多くの目標となる大学の一つです。トヨタの会長である豊田章一郎氏、前経団連会長の榊原氏、ノーベル賞を獲得した小林誠氏、益川敏英氏、下村脩氏、野依良治氏、赤崎勇氏、天野浩氏は皆、名古屋大学にゆかりがある人物で地元でも評価が高いです。

知人のエピソードですが、夜中自転車で走っていたところ、警察官に呼び止められ、職務質問を受けた際、学生証を見せると何事もなかったかのように「お疲れ様、気を付けて」と言われて返されたそうです。

地元では名古屋大学は「名大(めいだい)」と略しますが、全国的には「めいだい」は明治大学を指すことが多く、何気にコンプレックスを感じている学生がいます。

また、殺人事件を起こした名古屋大学の学生がいたことは記憶に新しく、「頭がいい人は何を考えているか分からないこともあるね」と言われたエピソードをもつ友人もいます。

名古屋大学の学生の様子

東京大学や京都大学のような天才・秀才が集まっているわけではありませんが、やはり頭の回転が速い学生が多かった印象です。

もちろんコンビニや飲食業もいますが、行っているバイトの多くは家庭教師や塾講師という人が多かったです。専門科目に対してはまじめに取り組みますが、そうではない科目に対しては手を抜くこともあり、効率的に学習している学生が多かった印象です。

また、基本的に、専門科目や単位獲得が必修の講義については、まじめに受講している人が多かったです。

教養科目など、大講義室で行われ、出欠をしっかりとらないような講義については携帯電話を触っていたり、マンガや本を読んでいる人もいました。実習は、みなまじめに取り組んでおり、学生同士の情報共有も盛んに行われていました。

名古屋大学の就職先について

学部によっても大きく異なります。工学部などはいわゆる一流の企業に就職することが多いです。

トヨタ、デンソー、アイシンといったトヨタ系、中部電力、東邦ガスなどの都市インフラ系、JRなどの交通インフラ系、NTTドコモなどの通信インフラ系、旭化成などの化学系、地方・国家公務員。理学部だと物理や数学の高校教師や研究者になる人もいます。

文系の学部ですと、銀行系、弁護士、学校の教師などを聞きます。私のような医療系の学部ですと、それぞれの専門職に就きます。医学部医学科なら医師、保健学科であれば看護師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、診療放射線技師となり、病院などで就職することが多いです。

医療系でも公務員になったり一般企業に就職したりと様々な道があるようです。

名古屋大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①地元においてはトップ校であり、地域において最も高い水準の研究施設が集まっているところ。そのため、優秀な教員の先生が多く、講義もハイレベルでした。

②就職に有利な所。先に述べましたが、地元ではトップ校であるため、特に地元における就職は強いと思います。ものづくり産業が集積する東海地方においては名古屋大学の理系を卒業していれば就職に有利になりやすいと考えられます。

③学費が安いところ。国立大学法人であるため、一般の私立大学に比べて格段に学費が安いです。その点については親への負担も少なく済み、アルバイトで必死に学費や生活費を稼ぐ必要性が低くなると考えられます。

悪かったところ

地域のトップ校ではありますが、やはり全国のトップ校ではないため、日本や世界のトップ企業に入社したいのであればネームバリューが低いです。

名古屋大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。

理由は高校時代からの自分の第一志望校だったからです。第一志望となった理由としては先述のように、地元においてはトップ校であり、地域において最も高い水準の研究施設が集まっていたという点、私の地元にある国立大学であり旧帝国大学であった点、私が就いてみたい専門職を養成する学部学科が設置されていた点です。

地元での就職に有利であり、就職活動にそれほど苦労することなく今の職場に就職できたことも母校に通っていたおかげだと思っています。また、学費が安く、親への負担も少なく済んだと思っています。そのため、余暇をアルバイトばかりで潰しすぎず、友人とのサークル活動や部活動、旅行などかけがえのない青春時代を楽しむことができました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
名古屋大学の東海地方での評判はとてつもなく高く、いわば東海地方での東京大学といった存在です。

この記事以上に名古屋大学について詳しく知りたいという方は、名古屋大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に名古屋大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で名古屋大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*