お茶の水女子大学の評判と偏差値【最難関の女子大です】


こんにちは!
今回はお茶の水女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、お茶の水女子大学は女子大学の中ではトップレベルの偏差値を誇っており、世間からの評判もとても高い大学です。

この記事以上にお茶の水女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトでお茶の水女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えばお茶の水女子大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそくお茶の水女子大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方はお茶の水女子大学人間科学部の卒業生です。

お茶の水女子大学の評判まとめ

お茶の水女子大学の偏差値

◇文教育学部
人文科学科…偏差値60
言語文化学科…偏差値62.5
人間社会科学科…偏差値62.5
芸術-舞踊教育学…偏差値57.5
芸術-音楽表現…偏差値60

◇理学部
数学科…偏差値57.5
物理学科…偏差値57.5
化学科…偏差値57.5
生物学科…偏差値55
情報科学科…偏差値57.5

◇生活科学部
食物栄養学科…偏差値62.5
人間・環境科学科…偏差値60
人間生活学科…偏差値62.5
心理学科…偏差値62.5

お茶の水女子大学の学生の学力レベル

東京大学には届かずですが、すべての教科で平均点以上を取る生徒が多かったです。

お茶の水女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
横浜国立大学<お茶の水女子大学<東京大学 といった印象。

お茶の水女子大学の世間からの評判

お茶の水女子大学と周りの人に言うと、お嬢さまが通う優秀な子が多いイメージとよく言われます。

受験生のとき、親せきにお茶の水女子大学を受けたいと話すと、「あんなに頭のいい大学に行くなんて大丈夫なの?」「女子ばかりが通う大学にあなたが通うなんて大丈夫なの?」と心配されました。しかし、お茶大合格後は祖父が周りに自慢してくれるようになり、誇らしげにしてくれていたのが印象的でした。

それには皇族の悠仁様が付属の幼稚園に通っていたことも、イメージアップ貢献に大きかったと思います。また、女子大ということもあり、上京して一人暮らしをするということに対して、不安は少し和らぐと父親が話していたのも印象的でした。

また、女子大というだけではなく、国立で割と著名な大学なので、名前が分からないような大学に送り出すという心配はないと両親に言われたこともあるので、地方の人でも知っている優秀な人が集まる大学というイメージが強いのではないかと思います。

お茶の水女子大学の学生の様子

天才肌というよりも、今までコツコツ努力してきたような学生が多いです。偏差値は高いですが、東京大学や一橋大学にいるような、1つのとびぬけた才能がある学生というよりも、どの教科でも平均点以上を取るような学生です。

また、自分の意見をしっかりと持っている学生が多く、授業中でも割と自分の意見をはっきりと発言していました。

基本的にはまじめに授業に集中していて、少人数の授業では発言も積極的です。

教授の話す内容をしっかりとノートにメモして、授業後は教授に個別に質問する子もいてまじめな印象があります。しかし、大人数の授業では居眠りしている学生もチラチラといて、とりあえず出席日数を稼ぐという学生もいましたが、基本的にはまじめに出席している学生がほとんどでした。

お茶の水女子大学の就職先について

バリバリの民間企業か、地元に戻って公務員になる人が多いです。バリバリの民間企業だと幅広いですが、IBMなど有名企業に進む学生や、NHKなど社会系の仕事内容に取り組みたい学生がいました。

ただ、みんながみんなバリバリ働きたいかと言えばそういうわけではなく、自分に合ったワークライフバランスを取れるような企業を見つけて就職した学生も多いです。また、地方出身者が多いので、地元に戻る学生も多い印象です。

地元に戻って企業に勤める人もいますが、公務員になる人が割と多い印象です。公務員だと、市役所や県庁、都庁に勤める人が多いです。また、一旦都内の民間企業に就職したあとに、地元に戻って転職した人も多いイメージがあり、1/3くらいは地元に戻っている印象です。

お茶の水女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①まじめな学生が多くて刺激になる

②落ち着いた環境で居心地が良い

③少人数で議論できるのがおもしろい
→授業にもまじめに出席して、図書館で勉強したり、課題もまじめに取り組んだりする学生が多かったので、在学中は刺激になり勉学に取り組むことができました。また、大学は茗荷谷にあり、静かで落ち着いた雰囲気があり、名物のお茶ネコもいるなど癒される環境でした。

悪かったところ

①少人数なので積極的に外に出ないと交流がなくなる

②学食が生協しかない

③駅まわりに何もない
→大学は少人数制で良いところとしては、授業中も自主性が生まれたことですが、悪い面としては、自ら外に交流を求めない限り少人数の大学内で完結してしまうことです。また、落ち着いた環境ではありますが、学食は生協だけの最小限で、大学まわりも飲食店が少ないのが残念でした。

お茶の水女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。

理由は、あらゆる場面で大学名を出すと、良いイメージで受け取ってもらえることが多いからです。就職の面接では大学名を出すと優秀でまじめなイメージを持ってもらい、何を学んでいたのか興味を持ってもらうことができました。

合コンなどで男性に大学名を言うと、とっつきにくいと捉えられたことはなく、まじめないい子として受け取ってもらえることが多かったです。また、大学の友人たちは色々な道に進んでいて、卒業後に集まって話を聞くのもおもしろく、少人数制の大学なので教授含め所属コースの全員で集まったこともあります。

良いニュースで大学名を聞くことも多く(例えばLGBTの大学受け入れを始めたなど)、そういうときはお茶大出身であることを誇りに感じます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
お茶の水女子大学は女子大学の中ではトップレベルの偏差値を誇っており、世間からの評判もとても高い大学です。

この記事以上にお茶の水女子大学について詳しく知りたいという方は、お茶の水女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単にお茶の水女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学でお茶の水女子大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*