新潟大学の評判と偏差値【新潟県内では最強の肩書き】


こんにちは!
今回は新潟大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、新潟大学は新潟県内でとても評判が高く、これから先も新潟県で生活をしていくと決めている方にはとても良い大学です。

この記事以上に新潟大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで新潟大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば新潟大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく新潟大学の評判について見ていきましょう!
新潟大学のパンフレットを請求
今回インタビューをした方は新潟大学教育学部卒業生です。

新潟大学の評判まとめ

新潟大学の偏差値

◇人文学部
人文学科偏差値…52.5

◇教育学部
学校-学校教育学偏差値…55
学校-教育心理学偏差値…50
学校-特別支援教育偏差値…52.5
学校-国語偏差値…52.5
学校-社会偏差値…50
学校-英語偏差値…52.5
学校-数学偏差値…52.5
学校-理科偏差値…55
学校-家庭偏差値…50
学校-技術偏差値…47.5

◇法学部
法学科偏差値…52.5

◇経済学部
経済学科偏差値…50
経営学科偏差値…52.5

◇理学部
理学科偏差値…50

◇医学部
医学科偏差値…65
保健-看護学偏差値…50
保健-放射線技術科学偏差値…52.5
保健-検査技術科学偏差値…55

◇歯学部
歯学科偏差値…57.5
口腔生命福祉学科偏差値…50

◇工学部
力学分野偏差値…47.5
情報電子分野偏差値…50
化学材料分野偏差値…50
建築分野偏差値…50
融合領域分野偏差値…47.5

◇農学部
農学科偏差値…52.5

◇創生学部
創生学修課程偏差値…55

新潟大学の学生の学力レベル

国公立大学ということもあり、マーチレベルの実力はあります。

新潟大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
富山大学<新潟大学<都留文科大学 といった印象。

新潟大学の世間からの評判

新潟県内の塾講師のアルバイトに応募し、面接で「新潟大学です」と言ったら、面接してくださった上司もそうで待遇が良かったです。

私のいた塾では私立の大学生は採用されていませんでした。また、就職活動でも有利でした。新潟に本社のある塾では、出身大学一覧に新潟大学の卒業生が多かったです。説明会の時でも書類選考で新潟大学出身者はまず落とされないと仰っていました。

県内の銀行や信用組合の出身大学でも割合は高いです。私は教育学部出身で、教員を目指しておりました。やはり新潟大学出身者が多く、次いで上越教育大学があり、教員の2大派閥となっていて、その後の出世に影響がありそうです。

しかし、良いことばかりではありません。新潟大学出身というと、アルバイトにしても周りの期待が高くなります。以前ネットカフェでアルバイトをしたことがありますが、「大学出身でもあまり仕事はできないんだねえ」と言われたことがあります。初めての仕事だから慣れるまでできないのにです。

新潟大学の学生の様子

教育学部では、やる気があってまじめな学生が多かったです。授業には遅刻せずに来る人が多く、遅刻すると目立ちます。授業中はスマホをいじる人もいますが、しゃべったり、周りの迷惑になる人はいませんでした。

独自に研究サークルを作るなど、知的好奇心が高い学生も多いです。調べたことや授業を作って発表しているサークルもありました。

また、教育学部と人文学部では、ほとんどの学生がまじめに授業を聞いていました。ゲームをしている人はまずいなかったです。教育学部の授業はディスカッションや発表の機会が多かったです。

しかし、絶対に教員になりたいという人と、教員になりたくない人の温度差が結構ありました。話し合いの時のやる気も人それぞれです。人文学部の授業は、ディスカッション等もなく、みな静かに講義を受けていました。

新潟大学の就職先について

人文学部と教育学部は学校教員や公務員になる人が多いです。公務員試験の対策授業もあり、支援はかなり充実しているので、受講者は試験に合格する人が多いです。

私は、本気で教員になりたいのか悩んでいたので、いろんな企業にエントリーしました。車のディーラーの説明会に行ったとき、他の就活生が「新潟大学の人がこんなところに来ちゃだめだよ」と言ってきました。個人的には大学など、肩書は関係ないと思っていましたが、他の就活生は大学のレベルを気にしているようでした。

企業に入ってからの職場のことを考えると、新潟大学出身なら同大学の出身者の多い教員や公務員、銀行などが落ち着くかもしれません。他の就職者は自分の大学レベルと比べているかもしれません。

新潟大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①周りの学生が意識高いです。大学入試を超えてきたわけですが、それ以上に深い知識を持っています。普通に話していてもいつの間にか学術的な話になっていて、自分のためになります。

②アルバイトや就職で有利です。面接や書類審査でよい印象を持たれます。

③長期休みが2か月ほどと長いです。私立の大学や専門学校生は短いようですが、公立は長いです。

悪かったところ

①県外からの学生が多く、卒業後は各県に散り散りになります。せっかく仲良くなっても、かなり遠方に就職してなかなか会えないこともあります。

②周りに過度に期待されることです。

③最寄り駅から遠いです。歩いて徒歩20分はかかります。毎日は大変です。

新潟大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。

理由は同じ夢に向かって努力する仲間がいたからです。教育学部では教員や公務員に、人文学部では新聞社や学芸員など、同じ夢に向かう学生がゼミやサークルで一緒になることができます。

資格試験や就職活動などでは、1人で対策するより志の高い仲間がいたほうが断然に有利です。教員や職員のサポートも充実しています。

就職セミナーや個別の相談、面接対策までしてくれます。講義は、教員によって当たりはずれがあります。ためになる授業をしてくれる人もいれば、講義をボイコットするような人もいます。それでも全体としての質は高かったように思います。

4年間でしたが、毎日充実しておりあっという間でした。これから大学生になる方には、1日1日を大切にしてほしいです。

新潟大学の基本情報

新潟大学の住所と最寄駅

◇住所(五十嵐キャンパス)
〒950-2181
新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050番地

◇最寄駅(五十嵐キャンパス)
JR「新潟大学前駅」より徒歩15分

新潟大学の学費(4年間)

新潟大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部…学費349万円(6年間)
歯学部…学費349万円(6年間)
創生学部…学費242万円
人文学部…学費242万円
教育学部…学費242万円
法学部…学費242万円
経済学部…学費242万円
理学部…学費242万円
工学部…学費242万円
農学部…学費242万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、新潟大学の学校パンフレットでご確認下さい。

新潟大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
新潟大学は新潟県内でとても評判が高く、これから先も新潟県で生活をしていくと決めている方にはとても良い大学です。

この記事以上に新潟大学について詳しく知りたいという方は、新潟大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に新潟大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

新潟大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*