岡山県立大学の評判と偏差値【デザイン学部がある】


こんにちは!
今回は岡山県立大学の評判について、在校生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、岡山県立大学は岡山県内では岡山大学の次に難しい有名大学です。また、デザイン学部という珍しい学部があることでも有名です。

また、岡山県立大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで岡山県立大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば岡山県立大学のパンフレットは完全無料で取り寄せることができます。
岡山県立大学のパンフレットを無料請求
それでは、さっそく岡山県立大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は岡山県立大学情報工学部 2020年の卒業予定者です。

岡山県立大学の評判まとめ

岡山県立大学の偏差値

保健福祉学部
栄養学科…偏差値50

情報工学部
情報通信工学科…偏差値50
情報システム工学科…偏差値50
人間情報工学科…偏差値50

岡山県立大学の学生の学力レベル

偏差値50-60くらいの学生が多かったです。

岡山県立大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
岡山県立大学<兵庫県立大学<香川大学 といった印象。

岡山県立大学の世間からの評判

大学入学前は岡山県内でも学費が安い方で年間50万ほど。国公立に行けば親孝行できているなとよく言われる。地元岡山では私立学生からしたら岡山県立大学は頭が賢いと言われがち。私は岡山県立大学の周りは田んぼや山に囲まれていて、自然豊かで誘惑が少なく、勉強に取り組みやすい環境が整っているから、必然的に賢い学生が多いのだと考えられる。

また岡山大学と岡山県立大学で勘違いされがちで、岡山大学の方が岡山県立大学よりだいぶ賢い大学なので、自分が岡山県立大学って知られた場合、賢い大学だねと気を遣われる。また岡山県立大学は落ち着いた学生がとても多い。

岡山駅周辺の各大学の学生と比べるとインドア派が多く、また岡山県立大学周辺は遊ぶところがないため、浪費することはそこまで多くない。ただし居酒屋が多いため、酒豪の学生は通いがちである。

また施設名が綺麗な方である。一度、映画の舞台として使われたことがあり、生徒もエキストラとして参加させてもらえた。

岡山県立大学の学生の様子

8割の生徒は真面目に出席していて、1割の生徒は寝坊魔人が多く、もう1割の生徒は意味もなく大学に来ない生徒もいる。岡山県立大学は休学にお金がかからないため、わざと休学してやりたいこと(海外留学)をし ている学生も見られる。

情報工学部をはじめとするゲーム好きがとてつもなく多い。ゲームを毎日夜遅くまでして講義に出席しない生徒も多々いる。

また、講義は先生によって態度を変える学生が多く、携帯をいじって講義を終える学生がいたり、出席だけチェックして、退出する学生が多い。中国語の授業では途中退出する学生が多すぎて、翌年度の成績のつけ方がとても厳しくなったと噂で聞いた。

情報工学部の授業は静か、携帯いじり多い、退出者数名、保健福祉部の講義は真面目な学生が多く、日頃頑張りすぎて寝ている学生や、真面目にノートを取っている学生が多い。デザイン学部は未知の世界なのでよくわからない。

岡山県立大学の就職先について

保健福祉部は基本的にソーシャルワーカー、看護師、保育士、栄養士になって病院勤めや施設勤めする学生が多い。また実習先にそのまま就職する学生もいる。

デザイン学部は主にデザイナー職が多い。プロダクトデザインと建築分野に分かれており、建築分野では生き残る学生は比較的少なくて建築以外の分野を希望して就職する学生が多い。プロダクトデザインは面接でいかに自分が学生時代にやってきた作品をプレゼンできるかにかかっている。

情報工学部はIT系や工業系に就職する学生が多い。全学科プログラミングを習得しているため、ある程度の基礎知識は身についている。また学科によっては公務員を目指す学生が多い。主に岡山県立大学は岡山県内の就職では有利な方であると考えられる。

岡山県立大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①自然が豊かなところ。岡山県立大学は田んぼや山々に囲まれていて自然豊かである。散歩していたらふとヌートリアが出てくることがある。また大学内に川が流れている。

②真面目な学生が多い。大学周辺に遊ぶところがないせいか誘惑が少なく勉強に励みやすい。図書館でレポー作成をひたすら頑張る学生がちらほらいて、テスト前になると図書館の席はほぼ満席に近い状態になる。

③人がいい。岡山県内の他の大学の方と比べてみると、比較的岡山県立大学は落ち着いた学生が多く、いい人が多い。ハメを外す学生がいない。これは平和に過ごしたい学生にとってはとても利益ちっくなことだ。

悪かったところ

①喫煙所がなくなる!?これは法律の意向もあってのことだが、喫煙者の場所がどんどん狭められている。

②先生の差が激しい

③明確な正解がない授業(理系科目において)

岡山県立大学に4年間通ってみていかがでしたか?

私が岡山県立大学に通って良かった理由としては、一生の友ができたこと。大学には全国各地からやってきた学生がほとんどで、様々な刺激をもらって生活している。1年生から3年生までは勉強を必死に頑張り会える友人ができ、就職活動では支えられる友ができ、4年では共同研究で切磋琢磨し会える仲間に出会える。

どこの大学でも当たり前のことだけど、この条件にプラスして人がいいことは、私にとっては最高なことである。

また別の大学に進学すれば良かったと思う理由としては、もっと深く勉強したかった。岡山県立大学は比較的薄い内容を学ぶことが多く、深く学んでしっかりとした技術を身につけたかった。それを分かった上で受験を考えれば良かったと思った。

岡山県立大学の基本情報

岡山県立大学の住所と最寄駅

◇住所
〒719-1197
岡山県総社市窪木111

◇最寄駅
JR「服部駅」より、徒歩5分

岡山県立大学の学費(4年間)

岡山県立大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

保健福祉学部…学費243万円
情報工学部…学費243万円
デザイン学部…学費243万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、岡山県立大学の学校パンフレットでご確認下さい。

岡山県立大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
岡山県立大学は岡山県内では岡山大学の次に難しい有名大学です。また、デザイン学部という珍しい学部があることでも有名です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、岡山県立大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で岡山県立大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

岡山県立大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*