大妻女子大学の評判と偏差値【お嬢様or派手な学生が多いという二つの異なる印象】


こんにちは!
今回は大妻女子大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、大妻女子大学は世間でもお嬢様大学として評判が良いですが、一部の生徒が派手ということもあるので注意が必要です。

この記事以上に大妻女子大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで大妻女子大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば大妻女子大学のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく大妻女子大学の評判について見ていきましょう!
大妻女子大学のパンフレットを無料請求

大妻女子大学の評判まとめ

大妻女子大学の偏差値

◇家政学部
被服学科…偏差値47.5
食物-食物学…偏差値50
食物-管理栄養士…偏差値55
児童-児童学…偏差値52.5
児童-児童教育…偏差値47.5
ライフデザイン学科…偏差値47.5

文学部
日本文学科…偏差値47.5
英語英文学科…偏差値50
コミュニケーション文化学科…偏差値50
社会生活情報学…偏差値50
環境情報学…偏差値47.5
情報デザイン…偏差値50

人間関係学部
人関-社会学…偏差値50
人関-社会・臨床心理学…偏差値50
人間福祉学科…偏差値42.5

比較文化学部
比較文化学科…偏差値45

大妻女子大学の学生の学力レベル

女子大の中間層より下くらいの生徒が多かったです。

大妻女子大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
大妻女子大学<東京家政大学 といった印象。

大妻女子大学の世間からの評判を箇条書き

・女子大として有名なので、周りの人たちからは安心だ!と言われました。知名度は高いと思います。

・アルバイト先でも大学名を名乗ると「お嬢様だ!」という反応は多かったと思います。

・女子大や大学に詳しくない人たちからは高評価ですが、それなりに知っている人たちからの評価はあまりよくなかったように感じます。

・中間層より下のレベルの大学なので、遊び呆けている、ちゃらついているイメージを持つ方も多かったようです。

・おしゃれでかわいい子が多いことでも有名でした。モデルさんやSNSで有名な人も多く、周りも刺激を受けてかお洒落や流行に敏感な人は多かったと思います。

・雑誌のスナップに大妻女子大学の名前を名乗って乗る人も多かったので、より一層かわいい子が多いイメージが付いていたのかもしれないです。

・進学前は、ユニークな教授が多いと予備校では話題になっていました。実際入学するとたしかにユニークな教授、工夫された授業が多かったです。

大妻女子大学の学生の様子

お洒落でかわいい子が多かったです。メイクや髪の毛、ファッションが派手な人も多かったです。他大学のサークルに入る人が多く、女子大ならではのチャラさはあったと思います。一部の層はアルバイトが優先となり遅刻&欠席、単位落とす人や留年する人たちもいました。

また、午前は特に授業中にメイク、ヘアメイクする人たちが多かったです。スッピンで登校し、授業中に身だしなみを完璧にするといった人たいがいました。出席確認はどの講義でもあり、名前を呼ばれるのでずるができない状態です。人数が多い講義などは、出席確認後にばれないように退室する人たちもいました。特にばれてはいなかったです。

大妻女子大学の就職先について

学部関係なく、進みたいところに就職される方が多かったように感じます。女子大ということで、将来のやりたいことの中に「結婚」をメインとして考える人も多かったので、学んだ知識で仕事をしキャリアアップしていくより、淡々とできる簡単なデスクワークを選んで就職する人がとても多かったと思います。

大手に就職できる人はごく少数で、基本は中小企業レベルだったと思います。一部の層は、将来の夢やキャリアアップを目指し、自分の専攻した学部に関わりのある企業に就職していましたが、その後新卒入社半年以内に退職し、簡単なデスクワークに転職する人も多かったと思います。上昇志向な方は、こちらの大学からの就職活動はあまりおすすめできないと思います。

大妻女子大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①教授との距離が近く、気になることやわからないことが質問しやすかったと思います。テスト期間なども、親身に事前に話を聞いてくださる教授がとても多かったです。

②自由な校風とユニークな生徒が多かったので、周りの目を気にせずファッションを楽しんだり、自分の個性をアピールできる場所だったと思います。

③学食が安く、栄養バランスもよかったです。

悪かったところ

①質の悪い人たちもあり、女子だけならではのいじめまがいなものも何度か見かけました。女子大だとしょうがないものでしょうが、卒業までに何度か見かけることがありました。

②教授の女性が多いので、教授の体調次第で講義の振り替えなどが多かったです。

③駅から20分ほど上り坂を登らないと大学につかないです。

大妻女子大学に4年間通ってみていかがでしたか?

別の大学に進学すればよかったと思います。理由は、学生のレベルがとても低く感じました。学力うんぬんではなく、自由を手にした高校生!のような人が多く、関わるごとにレベルの低さを感じました。

自我がないような人も多く、周りの人をまねしてみたり、全部全部親頼みだったりと、年齢の割に子供すぎる人が本当に多かったです。他の大学に進学した人たちの話を聞くと、ここまでの人たちはいなかったので、本当にレベルは低かったのだと思います。

とにかくなんにせよ周りに流されるような自我がない人が多く、ペアやグループで行動が必要な時もめんどうでした。また、教授たちはそういった人たちにこそより甘い対応を取っていたように当時は感じました。

大妻女子大学の基本情報

大妻女子大学の住所と最寄駅

◇住所
〒102-8357
東京都千代田区三番町12

◇最寄駅
東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」より徒歩5分。

大妻女子大学の学費(4年間)

大妻女子大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

家政学部…学費525万円
文学部…学費509万円
人間関係学部…学費501万円
比較文化学部…学費501万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、大妻女子大学の学校パンフレットでご確認下さい。

大妻女子大学のパンフレットを無料請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
大妻女子大学は世間でもお嬢様大学として評判が良いですが、一部の生徒が派手ということもあるので注意が必要です。

この記事以上に大妻女子大学について詳しく知りたいという方は、大妻女子大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で大妻女子大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

大妻女子大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*