富山大学の評判と偏差値【夜間コースのある国立大学】


こんにちは!
今回は富山大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、富山大学は総合大学ということに加えて夜間コースもあるので、働きながらでも通える国立大学です。

また、富山大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで富山大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば富山大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。
富山大学のパンフレットを請求
それでは、さっそく富山大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は富山大学理学部数学科 です。

富山大学の評判まとめ

富山大学の偏差値

人文学部
人文学科…偏差値55

人間発達科学部
人間環境システム学科…偏差値50

経済(昼間主)学部
経済学科…偏差値55
経営法学科…偏差値50

理学部
数学科…偏差値50
物理学科…偏差値45
化学科…偏差値50
生物学科…偏差値52.5
生物圏環境科学科…偏差値55

医学部
医学科…偏差値65
看護学科…偏差値50

薬学部
薬学科…偏差値57.5
創薬科学科…偏差値52.5

工学部
電気電子工学…偏差値50
知能情報工学…偏差値50
機械工学…偏差値50
生命工学…偏差値52.5
応用化学…偏差値52.5

都市デザイン学部
地球システム科学科…偏差値50
都市・交通デザイン学科…偏差値50
材料デザイン工学科…偏差値47.5

富山大学の学生の学力レベル

偏差値は60程度、得意科目の偏差値が高い人が多く総合的には普通でした。

富山大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
富山大学<青山学院大学 といった印象。

富山大学の世間からの評判

富山大学の評判は悪くはありません。総合大学として学部の種類が多いことで知られています。夜間学校も開設されており有名です。飛び抜けて知名度の高い学部や先人はおりませんが、富山大学と言っても恥ではないと思います。地元の公務員になりたいと思ったので、理学部へと進みました。土木事務所で勤務できればいいという目標から、地元の大学を選びましたが正解だったと思います。

学部も多ければサークルの種類も豊富です。体育会系と文系両方とも片手分くらいの数はできています。学業以外の活動も自分次第で充実したものへとつくっていくことができます。

アルバイト先での周囲の人間からの受けはいい方です。とくに私大、専門学校生との意識的な差別化はあると思います。学友同士の牽制は 少なく、個性的で自立した精神の学生が多いように思います。個性的で面白い人が多いので近ずきにくいですが、逆に実力や自分の考えがしっかり持てる人だと思います。

富山大学の学生の様子

ユニークで個性派が多い傾向があると思います。1人でいて平気で、個人の考えや意志の確立された人が多いです。集団で行動する学生ではなく個人で動くことができる人が大半です。みんな目標や好きな分野があるから、自分の世界を築くことができるのでしょう。他学部との交流は授業の一部や部活、サークル活動で叶います。先生とどこまで仲良くできるかも個人次第で可能です。

また、授業中は出席率もよく生真面目に受講している学生が多いと思います。友人の中には出席をとっておいて欲しいと依頼してくる人もいますが、一部でした。出席率の悪い授業は、何曜日の何時とか決まっているみたいで、教授陣は多彩なタイプの方がおり学生との相性ももちろんあるので学生からみて、授業を先生で選ぶこともできます。

富山大学の就職先について

地元志向が強い大学ですが、大手、中小問わず就職先があります。学部で制限される企業や職種も多いですが、当人の希望が大きく影響してくるので理学部でもびっくりしてしまうような職種に内定する学生とかもいました。就職活動時の能力、プレゼンテーション能力などがずば抜けて高いとか、意欲が高いという評価を受けた学生は例年にはない大手企業や職種に就いていく方もいるようでした。

大学自体の就職においての力というのは、そこそこ地元には強い様子でした。就活差別について、他大学の学生から差別的な言動を受けるという機会はありませんでした。先輩方も言っていましたが、自尊心が重要になってくると思います。就活においてさらに優秀な学生、有名校の学生に囲まれたときでも億しないようにするべきです。

富山大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①普通の大学生活を送りたいというときには、向いている環境です。部活、サークル数が多いこと、学内の活動もあります。

②学部が多いので多様な異種の学部で学ぶ学生と友人になるチャンスがあります。学部が異なると、学生のタイプも違うため面白いです。嫌なことも含め勉強になることも多いように思いました。活動の幅も広がります。

③数学科は少ないので、入れて良かった。

悪かったところ

①基本的になかったんですが、やや保守的な個人が多いです。目標のない学生も中にはおり、混沌とした月日を過ごしている人もいます。影響されると良くないですね。

②冬は寒かったです。若いのでなんとか耐えていますが、寒いです。教授などは寒いでしょうね。

③これと言って大学が誇れるものがないように思いました。

富山大学に4年間通ってみていかがでしたか?

総合評価で富山大学に進学して良かったと思います。理由は、上記にも取り上げていますが、普通に大学生活を望んでいるなら申し分ないキャンパスです。学生生活を充実できる環境は整っており、学生の質も悪くはないので変な方向に影響を受けることもありません。

就職は個人次第でいくらでも可能性が広がりますが、大学側にくる求人の質も悪くはありません。数学を学んで地元の公務員へと希望があったのでブレることもなく過ごすことができました。

ただ好きだから勉強したいという志のみでも十分ついていけるレベルの授業中を受けることができます。富山大学に進んで後悔はありません。学部が多くて他学部の学生との交流も面白いので勉強になります。

富山大学の基本情報

富山大学の住所と最寄駅

◇住所
〒930-8555
富山県富山市五福3190

◇最寄駅
「富山駅」南口より市内電車で大学前行(大学前終点)(約15分)

富山大学の学費(4年間)

富山大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部…学費350万円(6年間)
医学部(看護)…学費350万円(6年間)
薬学部(薬)…学費350万円(6年間)

薬学部(創薬科学)…学費242万円
経済学部(夜間主)…学費121万円
経済学部(昼間主)…学費242万円
人文学部…学費242万円
人間発達科学部…学費242万円
理学部…学費242万円
工学部…学費242万円
芸術文化学部…学費242万円
都市デザイン学部…学費242万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、富山大学の学校パンフレットでご確認下さい。

富山大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
富山大学は総合大学ということに加えて夜間コースもあるので、働きながらでも通える国立大学です。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、富山大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に富山大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

富山大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*