津田塾大学の評判と偏差値【立地は悪いが真面目なお嬢様大学】


こんにちは!
今回は津田塾大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、津田塾大学はキャンパスが小平と立地こそ悪いですが、勉強意欲や学力レベルの高い学生が集まる、評判の高い女子大学です。

この記事以上に津田塾大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで津田塾大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

なお、マイナビ進学を使えば津田塾大学の過去問も無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく津田塾大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は津田塾大学学芸学部の卒業生です。

津田塾大学の評判まとめ

津田塾大学の偏差値

◇学芸学部
英語英文学科…偏差値55
国際関係学科..偏差値55
数学科…偏差値50
情報科学科…偏差値52.5
多文化・国際協力学科…偏差値55

◇総合政策学部
総合政策学科…偏差値60

津田塾大学の学生の学力レベル

東京外大やICUを目指すような生徒が多かったです。

津田塾大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
法政大学<津田塾大学<ICU といった印象。

津田塾大学の世間からの評判

最初大学が決まった時、祖父母も親も大喜びでした。

祖父の兄弟は情報を聞きつけてわざわざ高級なプレゼントをくれました。いい大学に入った。将来は外務省かととても期待されました。

地元が関西で、しかも女子大なので周りの同級生は私の大学の事をあまり知りませんでした。学校の先生方はよい学校に入ったと言ってくれました。こちらだと立命館大学あたりと同等の評価をされます。比較的年配の方からの評価が高いようです。

私の大学近くには一橋大学もあったので、もちろんそこの学生の方が優秀で評価が高かったです。アルバイトは早稲田、法政、白梅、学芸、一橋、日大、東農の学生と一緒でした。この中でいうと4番目の評価だと思われます。外国語のスピーキング面では明らかに私たちがトップでしたが 、文法面に関しては早稲田、一橋学生のが上でした。

卒業後最初にいただいた契約会社にはある一定数大学の先輩がいて 、世界中どこにでもいるのは津田の学生でとても熱心に働いていると言われ、イメージはとても良かったです。

津田塾大学の学生の様子

授業も比較的真面目に受け、宿題があれば熱心に取り組む学生が多い。学内で学ぶこともそうですが、学外に留学やインターンシップ、学生団体の活動等で出て、そこでもとても学びに貪欲。

学内に留学生が少ないので英語を話す機会を求めて長期休暇はみな海外へ行ってしまう。総じて卒業後に大学の良さが分かり、もっとこうしておけばよかったと盛り上がる。

また、出席をとる授業、少人数の授業が多いのであまりさぼることが難しい。リアクションペーパーもたまにある。おお人数教室では話す人や携帯を触る人、内職する人もいます。ひっこみじあんな学生が多く、教授がなにか質問を投げかけても大教室ではあまり発言できない。

ゼミも信頼関係がないと静かでつまらないものになります。英語の実習等は特に真面目に取り組みます

津田塾大学の就職先について

比較的大学のイメージがよいためか、就活を頑張っていればどこからか内定は貰える。

英文、国際関係に限ってしかわからないが、保険、出版、旅行会社、メーカー、商社、銀行 、IT企業、秘書、人材派遣会社 、コンサル、行政機関、大学職員等選択の幅が広い。有名企業に勤める人もいる。

その企業のグループ会社等でたくさん働き、評価を受け、長期海外勤務になっている友達も多くいる。海外勤務になっておらずとも、グローバルチームの一員として日本で世界を舞台に働く人も多い。

有名どころでいうと、ユニクロ、講談社、DNA、HIS、三井住友海上、各種メガバンク、インテリジェンス、外務省契約職員、博報堂、PHP、SHARP、市役所職員、ピジョン、ANA等々に就職した友達がいます。

津田塾大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①みな真面目で好奇心旺盛。学びが学内だけでは足りず団体ん所属してばりばり働く人が多かった。

②自分の努力次第で学びたいこと全てを学べる。教授がサポートしてくれる。ゼミの教授と私の研究課題が違ったが、少ない時間を使って必要な情報をくださったりした。

③いろんな大学の学生と交流できる。インカレの誘いが多く入れば友達が増える。

悪かったところ

①外国語を学んでいるにも関わらず、留学生の数が少ない。英語圏、中国語圏の学生が少数。受ける授業が違うのであまり交流できない。

②よい先生は給料のより高い他私立大学に行ってしまう。面白い授業の先生は講師であることが多い。

③最寄駅や大きな駅からのアクセスが悪い

津田塾大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思う。好奇心と自立心の強い友達たちのおかげで私も好きなように過ごせた。リベラルアーツの学校だったのでいろんな学びを掛け合わせて卒論を書かなければならなかった。フィールドワークもしたりして、とても知識が身についた。

周りに何も無いので学業に集中するしかない状況でした。インカレで様々な大学と交流できたのもよい思い出です。私は利用しませんでしたが、大学に信頼があるおかげで、進路センターには多くの企業からの募集が届き、特別枠で試験が受けられる場合もあります。

卒業後のことを考えても学内での活動はが最低限な分、学生はそこに甘んじず外に飛び出していくので、勉強だけでなく社会も同時に知っている友達にたくさん恵まれました。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
津田塾大学は立地こそ悪いですが、勉強に真面目に取り組む学生が多いので、落ち着いて勉強をしたい女性にはとても良い環境だと思います。

この記事以上に津田塾大学について詳しく知りたいという方は、津田塾大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で津田塾大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

なお、マイナビ進学を使えば完全無料で津田塾大学の過去問も取り寄せることができます。

マイナビ進学で津田塾大学のパンフレット・過去問を無料請求

コメントをかく

*