愛媛大学の評判と偏差値【四国ではトップの理系学部を有する】


こんにちは!
今回は愛媛大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、愛媛大学は四国地方では最もレベルの高い理系学部を有しているので、四国地方在住で理系の学生にはとてもおすすめな大学です。

この記事以上に愛媛大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで愛媛大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば愛媛大学パンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく愛媛大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は愛媛大学農学部2020年度卒業予定生です。

愛媛大学の評判まとめ

愛媛大学の偏差値

◇法文学部
人文社会学科…偏差値50

◇教育学部
学校-幼年教育…偏差値50
学校-小学校…偏差値50
学校-中等国語…偏差値55
学校-中等社会科…偏差値52.5
学校-中等英語…偏差値50
学校-中等数学…偏差値55
学校-中等理科…偏差値55
学校-中等技術…偏差値47.5
学校-中等家政…偏差値47.5
特別支援教育教員養成課程…偏差値52.5

◇社会共創学部
環境デザイン学科…偏差値45

◇理学部
理学科…偏差値50

◇医学部
医学科…偏差値65

◇工学部
工学科…偏差値42.5
工-社会デザイン…偏差値47.5

◇医学部
食料生産学科…偏差値47.5
生命機能学科…偏差値47.5
生物環境学科…偏差値47.5

愛媛大学の学生の学力レベル

広島大学、岡山大学に少しセンターが届かなかった人が多かったです。

愛媛大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
高知大学、香川大学<愛媛大学<岡山大学≦広島大学 といった印象。

愛媛大学の世間からの評判

四国にある理系大学の中では最も評判が良いです。

私は県の上位3校と言われる高校に通っていましたが、愛媛大学は本当に中間層でした。良くもなく、悪くもなく。しかし、勉強は頑張ったんだね。と言った中間層の位置に値する大学だと思います。

また、愛媛県でアルバイトをするのでしたら断られることはまずありません。愛媛大学生限定といったアルバイトがよく時給が高く、楽なものであるのでそれを狙ってアルバイトをすれば、お金に困ることはないと思います。

実際私も、時給2000円程の模試監督のアルバイトや、時給900円のパソコンを扱う事務のアルバイトで、効率的に楽に稼がせていただきました。中四国で就職する際でも、愛媛大学と言えば一目置かれると思うので、学歴フィルターには困らないと思います。

しかし、関西圏や関東圏で就職する際には知名度が低いため、関西圏、関東圏の私立大学に負けてしまうことがありますが、その点は個人個人で自分に磨きをかけ、精一杯新しいことにチャレンジしつつ学んでいき、大学生活の中で様々な経験をすることで自分磨きをすれば、大丈夫だと思います。

愛媛大学の学生の様子

私は理系で、生命化学系を勉強しているので、研究室に毎日通っています。一応コアタイムが朝から9時から夕方5時までありますが、それとは関係なく実験次第で大学に長期滞在します。文系学生が遊んでいる中、なぜこんなにもストイックな生活を送っているのだろうと疑問に思うこともあります。

しかし、私以上に勉強、実験、アルバイトなど頑張る人が周りにいるため、自分はまだ頑張れると思い勇気付けられ、共に切磋琢磨しています。大学で共に頑張ってきた友人たちとは、一生の付き合いになりそうです。貴重なものを得ることができたと考えています。

また、私のコースは毎日1、2限授業、午後から5時、6時まで実験となり、それからレポートや課題で夜9時までよく大学に残ってパソコンに向き合っています。授業では、毎回最初に小テストがあり、成績に反映されるため皆しっかりと勉強していきます。

たまに疲れて授業中にうとうとしてしまうことはありますが、分からないところがあると授業後にみんなで打ち合わせをして教え合います。そんなに簡単に単位は取れるものでないので、皆忙しい中ちゃんと勉強しており、驚かされ、勇気づけられることがたくさんです。

愛媛大学の就職先について

本人にやる気があればどこにでも就職できると思います。

しかし、愛媛大学は立地の点で新幹線がなく、瀬戸内海が本土から阻むため、大手が集まる東京、大阪への就職活動困難です。従って、大手に就職した先輩方は研究室を休んで、大阪に3ヶ月ほど泊まり込んで就職活動をしていたようです。

私のコースは生命化学系ですので、化粧品会社や食品会社などの研究、商品開発の仕事に就くことが多いですが、6割以上がそのまま院へ進学します。院へ進学したら、先生の紹介で就職が来ましましたり、研究室に企業の方が来て個別説明していただき、就職が決まることが多いと思います。

その際も、薬や化学物質、化粧品、食品などの研究開発の仕事が多いと思います。

愛媛大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①のんびりした人たちが多く、人間関係に困ることがなかった。みんな優しくて頑張り屋のいい人たちでした。

②研究設備が整っていて、予算や設備不足に困ることがありませんでした。実験器具の不足を先生に伝えると、その3日後には十分な量の補充が届いていました。

③食事が美味しかった。
→本学には、大学の中に食堂に加え、パン屋さん、ハンバーガー屋さん、レストラン、カフェ、ショップ3つなどがあり、美味しい食べ物を日替わりで食べ、一人暮らしでも食に困ることはありませんでした。

悪かったところ

①若者向けのショッピングモールが近くになく、服を買うのに困りました。

②アルバイトをする際、基本的に時給が安いと感じました。

③農学部キャンパスの外装を綺麗にして欲しいと思います

愛媛大学に通ってみていかがでしたか?

良かったと思います。
私は高校まで部活と勉強しかしてきませんでしたが、大学に入って外国に留学したり、友人と国内外へ旅行したり、企業との商品開発の企画に参加したりなど、新しく大学です様々なことにチャレンジでき、色々と経験や新しい考え方を享受しました。

それにより、大学に入る前と後ではかなり物事を見る視野が広がったと思います。昔は固定概念というものがどこかにありましたが、今ではそれを取っ払って、自由なものの見方、考え方ができるようになっり、人間的に豊かになれたと思います。

また、友人たちには常に私の心の支えであり、ライバルでもあります。友人たちに負けないように、私もさらに成長し、今後ともさらなる向上のために頑張りたいと考えています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
愛媛大学は四国地方では最もレベルの高い理系学部を有しているので、四国地方在住で理系の学生にはとてもおすすめな大学です。

この記事以上に愛媛大学について詳しく知りたいという方は、愛媛大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に愛媛大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で愛媛大学のパンフレットを取り寄せる

コメントをかく

*