【茨城大学】教育学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は茨城大学「教育学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

茨城大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は茨城大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、茨城大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも茨城大学「教育学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

茨城大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく茨城大学「教育学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は茨城大学「教育学部」学校教育教員養成課程社会専修の卒業生です。

茨城大学「教育学部」の評判まとめ

茨城大学「教育学部」の偏差値と入試難易度

◇教育学部
学校-英語…偏差値52.5
学校-数学…偏差値52.5
学校-理科…偏差値52.5
学校ー社会…偏差値- (センターボーダーは66%ほど)

茨城大学「教育学部」の難易度は、MARCHの各学部と同等レベルですが、技能系教科はその限りではありません。

国語、数学などの座学系教科の選修だと、同じ国立大学で比較すると、千葉大学教育学部の少し下、宇都宮大学教育学部と同等レベルです。センター試験で6割程度取れれば前期試験、7割程度で後期試験の合格率7割〜8割だと思います。筑波大学志望者がセンターで失敗して、茨城大学に志望を下げて受験するというパターンも多く見られます。

茨城大学「教育学部」の志望理由

私が茨城大学「教育学部」を志望した理由は、地元が茨城県だったため、身近で名前もよく聞き、手の届きやすい大学であったこと、国立大学の教育学部志望でかつ自分のセンター試験結果で合格圏内であったことが理由です。

また、茨城県内の県立進学校に通っていたため、教師がみな茨城大学への進学を勧めていたことも、茨城大学を志望した理由のひとつになっていたかと思います。社会選修を選んだ理由は、公民科が好きで得意だったことと、茨城大学「教育学部」の文系科目の選修の中で1番偏差値の高い学科だったからです。もともと茨城大学より上位ランクの国立大学教育学部を志望していたため、1番偏差値が高い学科でないとプライドが許さないと考えていました。

茨城大学「教育学部」に入学してから感じたギャップ

私が茨城大学「教育学部」に入学してから感じたギャップは、驚くほど大学感、大学生感がないことです。国立大学という性質上、設備はそれほど充実しておらず、売店は小さな生協のみ、教科書販売所もどこにあるかわからないくらい僻地にありました。

また通っている学生も大学生のキラキラ感はなく、ジャージとスウェット、クロックスという服装の人がたくさん歩いています。近場にはラーメン屋しかなく、ステキなキャンパスライフを思い描いているとかなりギャップがあると思います。

茨城大学「教育学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

茨城県内(特に県央地域以北)では茨城大学卒業です、と言うと割と崇められますが、県南地域に行くと筑波大学のネームバリューに負けて茨城大学の名前はかなり霞みます。茨城大学が国立大学であることを知らない人も世の中には多く存在します。

ただ、茨城大学が国立大学だということを知っている人であればしっかりとした評価をしてもらえると思います。国立大学教育学部卒業というだけである程度の良い印象は与えられると思います。

内部生からみた評判

部活やサークル等に参加しない限り、他学部との接点はほとんどないので特に評判は聴こえてこないです。教育学部の学生は、他学部と比べて真面目そうな、おちゃらけてない(茨城弁で言うなら「もやい」)雰囲気の人が多いです。

キラキラしたキャンパスライフ!と思い描いていると、正反対の雰囲気の人が多く大学生活がつまらなく感じると思います。逆を返せば、真面目に勉強したい、教育について昼夜仲間と議論しあいたい、教師としての技術力の向上に努めたい、という志の高い人にはすごくいい雰囲気だと感じられるのではないでしょうか。

茨城大学「教育学部」のそれぞれの学科で勉強すること

茨城大学「教育学部」では、小学校教諭免許と中学校教諭免許の取得が必須なため、小学校の各教科の内容研究および教育法研究の授業が多く、各教科の専門科目の授業も、中学校教諭免許を1種で取得する場合かなり多く受講しなければなりません。

またそれだけでは自由履修の単位数が足りなくなるので、副免許として幼稚園教諭免許や高校教諭免許、特別支援教諭免許、学芸員資格などを取得する人が8割以上です。教育実習以外にも、付属幼稚園、付属小学校や地域の小学校に学遊に行って、体験レポートを書くようや授業もあります。

各学部内では、学力でのヒエラルキーはありませんが、養護教諭養成課程と家庭科選修に可愛い女子が多いということで崇められています。

茨城大学「教育学部」のリアルな就職先について

ほとんどが茨城県の小学校、中学校、高校の正規の教員になるか、教員採用試験に合格しなかった場合には非常勤講師として働きながら次年度の教員採用試験の勉強をする道に進みます。

茨城県以外の出身の人は、地元に戻って地元自治体の教員採用試験を受け、地元で教職につきます。私の代では、26人中24人が正規教員または非常勤講師になり、一般企業に就職したのは2人のみでした。

2人のうち1人は大手保険会社、もう1人はIT企業の事務職に就いたのち、保育関連企業に転職しています。卒業後、茨城大学大学院の教職大学院に進学する人も3人程度います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、茨城大学「教育学部」の卒業生の方にインタビューした内容をご紹介してみました。

茨城大学「教育学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で茨城大学のパンフレットを請求してみて下さい。

茨城大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)