【京都産業大学】経済学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は京都産業大学「経済学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

京都産業大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は京都産業大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、京都産業大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも京都産業大学「経済学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

京都産業大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく京都産業大学「経済学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は京都産業大学「経済学部」経済学科の卒業生です。

京都産業大学「経済学部」の評判まとめ

京都産業大学「経済学部」の偏差値と入試難易度

◇経済学部
経済学科…偏差値47.5

京都産業大学経済学部の難易度は龍谷大学経済学部現代経済学科の少し下、大阪経済大学経済学部経済学科の少し上ぐらいです。

実際に私も龍谷大学経済学部経済学科を受験し落ちてしまいました。反対に、大阪経済大学経済学部経済学科には合格しました。

私の友人も同じように龍谷大学と大阪経済大学の同学部を受験し、京都産業大学の経済学部に入学していました。”産近甲龍”という関西のBクラス大学の中では、龍谷大学が一番難易度が高いです。

京都産業大学「経済学部」の志望理由

私が京都産業大学経済学部を志望した理由は京都への憧れと、母の勧めでした。

まず、京都に行きたかった理由ですが、当時、私は地元を出て、関西の大学に行きたいと漠然と思っておりました。関西の中でも中心の大阪、兵庫、京都の中では京都が一番落ち着いて見えました。関西には行きたいと思っていましたが、あまり騒がしいところ嫌だと思っており、その中でも京都は都会の部分とお寺など伝統的な部分と別れており、とても落ち着いて過ごせると思ったからです。

京都の大学の中で、京都産業大学を選んだ理由は私の母が京都産業大学出身で母に勧められました。母から京都産業大学に通っていた当時の思い出などを聞き、とても京都産業大学が魅力的に映りました。

京都産業大学「経済学部」に入学してから感じたギャップ

私が京都産業大学経済学部に入学して感じたギャップは女の子が少ない学部とは聞いておりましたが、意外と女の子が多いと感じました。実際の比率は6:4ぐらいで男の子の方が多いです。

ただ、女の子が4割いるのですが、かなり派手目な子も多く、意外に感じました。もっと地味な感じの子が多いのかなと思っておりましたが、反対に派手な子がかなりいました。経済学部の各種ゼミでも、ゼミによっては女の子の方が多いこともありました。

京都産業大学「経済学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

私の地元は岡山県ですが、地元での評判はすごく良いです。賢いというイメージを持っている方が多い印象です。恐らく、関西の大学の中でもよく名前を聞く大学ということもあり、賢い大学と認知されていました。

反対に京都内で京都産業大学と自己紹介すると反応は微妙です。まず、真っ先に言われるのが、田舎の大学、山猿など言われることが多いです。学力的にも京都内では他に賢い大学も多く、微妙な反応をされてしまいます。さらに京都産業大学経済学部はチャラチャラしてると言われることも多いです。

内部生からみた評判

京都産業大学内で経済学部の立ち位置は学力的にはちょうど真ん中ぐらいの感じです。賢くもなく馬鹿でもなく、一番、無難な学部と言われることが多いです。

傾向としては、男の子も女の子もチャラチャラしてる子が多い学部と言われます。実際にマナーが悪い学生も経済学部はかなり多く、授業中に騒いだり、喫煙率もかなり高めです。そのため、チャラチャラしてるイメージを持たれています。サークル活動などでも、中心的に盛り上げるのは経済学部の学生が多く、どんな場でもノリが良いイメージを持たれています。なので、全学部の中で一番チャラついていると言われいます。

京都産業大学「経済学部」のそれぞれの学科で勉強すること

京都産業大学経済学部にはコースが3つに分かれています。産業経済コース、国際経済コース、公共政策コースです。

産業経済コースは大まかに経済全体のことを幅広く学ぶコースです。国際経済コースは日本国外の経済に目を向けて、日本と比較しながら経済全体を学ぶコースです。公共政策コースは政府が考える政策が経済にどのような効果を与えるか考えるコースです。

産業経済コースは幅広い分野を学ぶこともあり、このコースは一番特徴がありません。このコースを選択する人はチャラチャラした感じの子が多くなります。国際経済コースは国外に目を向けているので、経済学部の中でも特に学びたいと意欲の強い学生が選択するコースです。公共政策コースは学ぶ範囲が他のコースと比べると狭いので、どちらかといえば静かな学生が集まります。

京都産業大学「経済学部」のリアルな就職先について

京都産業大学経済学部の学生が就職先で多いのは、優秀層では三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行のメガバンク系と地方の大きい銀行(京都銀行や中国銀行など)の銀行系が多いです。次いで、大和証券、野村証券などが多いです。全体的に優秀層では、金融関係の仕事に就職する人が圧倒的に多いです。他には県庁(和歌山県庁)や京都府庁など公務員系も多いです。

普通の層では、同じく金融系が人気ですが、信用金庫など地元密着型の小規模の銀行系が多いです。(京都中央信用金庫など)あとは食品卸(カナカン)、食品メーカーが多いです。残念な層では、スーパーなど小売業界(イオンなど地元のスーパー、イズミヤ)や不動産賃貸系(センチュリー21、アパマンショップリーシング、エイブルなど)明らかにブラック企業で有名な会社に就職しています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、京都産業大学「経済学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

京都産業大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で京都産業大学のパンフレットを請求してみて下さい。

京都産業大学のパンフレットを請求

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)