【九州大学】経済学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は九州大学「経済学部」の評判について、在校生の方にインタビューをしてきました。

九州大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は九州大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、九州大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも九州大学「経済学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

九州大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく九州大学「経済学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は九州大学「経済学部」経済工学科の在校生です。

九州大学「経済学部」の評判まとめ

九州大学「経済学部」の偏差値と入試難易度

◇経済学部
経済・経営学科…偏差値60
経済工学科…偏差値57.5

九州大学経済学部の難易度は神戸大学経済学部よりも少し上で、大阪大学経済学部よりも少し下くらいです。

実際高校時代の同級生で、九州大学の経済学部になら合格するだろうと言われていた人が、志望校を変えて大阪大学経済学部を受験した所不合格になっていました。また、同じ学部の友人も神戸大学経済学部を最初は受けようとしたが余裕そうだったので、九州大学経済学部に志望を変更したと語っていました。その人は実際に合格平均点ぐらい取っていました。

九州大学「経済学部」の志望理由

私が九州大学経済学部経済工学科を志望した理由は、まずキャンパスが新しくなったことでとてもきれいなキャンパスで授業を受けることが出来ると考えていた事です。また、九州大学経済学部経済工学科では、ほかの旧帝大の経済学部では理系の科目を用いて経済学部の入試を受けることが出来ないのに対して、数学をメインとした理系科目で入試を行っているので、元々理系だった私にとってとても都合の良い学科だったからです。

そして、その学科ではほかの大学の経済学部ではあまり学ばないデータ処理の講義がとても多く、それを実際に生かせる場が存在するとHPに書いてあったので、その頃からデータを扱う仕事に就きたいと思っていた私には好都合であったからです。

九州大学「経済学部」に入学してから感じたギャップ

私が九州大学経済学部経済工学科に入学してから感じたギャップは、名前に工学と付いているので工学部のような大人しい人が多いのかなとイメージを持っていましたが、実際には経済学部というイメージを体現したような、とても明るく活発な人がとても多い印象を受けました。

また、大学という事で授業もたくさんあるのかなと思っていましたが、全然そんなことはなく、1週間に授業が6コマしか無く2日は授業も全く無いという日もありました。

九州大学「経済学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

地元では旧帝大に進学している人がほとんどいないので、私が九州大学経済学部に進学していると地元の方に話すと「すごい頑張ったねと」言われることは多々あります。

ただ、私の地元は九州地方ではないのでいくら旧帝大といっても知名度がそんな高くないのか「その大学すごいの?」と言われてしまう事もあります。バイト先では福岡在住の人が多いので、「その大学僕落ちたんだよね、すごいね」と言われたりと称賛の目で見られます。

内部生からみた評判

経済学部は九州大学の中では、恐らく全学部の中でも真ん中ぐらいの立ち位置のように感じます。しかし、経済学部経済工学科となると、九州大学でも下の部類に入ります。

経済学部経済工学科に所属している学生はどちらかというと遊び人が多い印象です。真面目に授業を受ける人もいますが、授業をさぼる人は他の学部と比べると多く単位を落としたという話を同じ学部の友人からもよく聞きます。

また、この学部は授業数が少なく自由な時間が多いため、その自由な時間を活用して大学とは別に自分でプロジェクトを立ち上げていたり、海外に留学にいくという人もみかけます。

九州大学「経済学部」のそれぞれの学科で勉強すること

九州大学経済学部には、経済経営学科、経済工学科の2つがあります。

経済経営学科では、「経済分析系」・「産業分析系」・「企業分析系」の3つの系統に専門科目群を分けており、3年次より選択できます。経済経営学科の人は経済工学科の人よりも真面目な人が比較的多い印象です。また、経済工学科よりも偏差値が高く入試の倍率も毎年高いです。

経済工学科では、経済経営学科よりも数学的なアプローチを行う事に重点を置いており、授業も数学に関しては理系学部と同じような講義を受けます。また、経済系の勉強をする際も数式を多く用いて授業が行われるので、数学が得意という人が多く集まっている印象を受けます。ヒエラルキーに関しては、この学部にいて何か言われたことはないので低くはないかなと思います。

九州大学「経済学部」のリアルな就職先について

この学部ではかなり多くの人が金融系の職に就くといわれています。その他ではデータ工学で学んだことを生かして情報系の職に就いたり、税理士や会計士として就職します。

優秀層では日本政策金融公庫、三菱UFJ銀行、福岡銀行、三井住友銀行、農林中央金庫といった大手の金融系や、東京海上日動火災保険のような保険会社に就職しています。また、税理士や会計士として就職している人もおり、新日本有限責任監査法人といった民間企業から、会計検査院のような公務員として就職しています。

普通の層でも、講義の中に公務員試験対策があるので全国各地の公務員として就職しています。残念な層の人たちは就職できていないか、出来たとしても非常に条件の悪い会社に就職していると思います。また数は少数ですが、大学院に進学しそのまま教授となって大学に就職している人もいます。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、九州大学「経済学部」の在校生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

九州大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で九州大学のパンフレットを請求してみて下さい。

九州大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*