【岡山大学】経済学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は岡山大学「経済学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

岡山大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は岡山大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、岡山大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも岡山大学「経済学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

岡山大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく岡山大学「経済学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は岡山大学「経済学部」経済学科の卒業生です。

関連記事
岡山大学の全体的な評判

岡山大学「経済学部」の評判まとめ

岡山大学「経済学部」の偏差値と入試難易度

◇経済学部
経済学科…偏差値57.5

私と同じ学部の同級生が蹴った大学は山口大学や広島大学です。

特に同じ大学の卒業生はどこに就職したのかということですが、やはり公務員が多かったです。公務員といっても色々な公務員があるのですが、国家公務員で国家一種の防衛省や国交省などに行っている人が多かったです。

地方公務員は、二割程度いて、県庁や地方都市などの自治体に就職する人が多いので、岡山大学経済学部経済学科はとてもレベルが高い学校であるといえるでしょう。

岡山大学「経済学部」の志望理由

私が岡山大学経済学部経済学科を志望した理由は何かということでありますが、いちばんは経済学部でゲーム理論を学びたかったからなのです。

ゲーム理論というのは自分がどのような行動をとっていけば、ほかの人にどのような影響を与えてどれくらい得をしていけるのかということがわかる学問であり、私はこれから生きていくためにはゲーム理論を学んでいくことが重要なのではなかと思ったのです。

だからこそ岡山大学経済学部経済学科に入って、それらのことを学んでいけば、この先役に立っていくのではないかと思ったので、志望をしたのです。

岡山大学「経済学部」に入学してから感じたギャップ

私は岡山大学経済学部経済学科でゲーム理論を勉強しようと思っていたのでありますが、ゲーム理論に詳しい教授がいなかったので、それは大きなギャップだったのです。

ゲーム理論に詳しい教授を探していくために、いろいろなゼミに入ってみたり、友人に聞いてみたりしたのですが、該当するようなゼミはなかったので、私は少しショックを受けたのです。ゲーム理論を学ぶためにはやはり香川大学のほうがいいのではないかと思ったのです。

岡山大学「経済学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

大学の外から見た岡山大学経済学部経済学科は岡山県でナンバーワンであるという評判なのです。

それはなぜかということですが、岡山県には一流の企業が多く存在するのですが、それぞれの企業に岡山大学経済学部経済学科の卒業生がいて、それらの卒業生が幹部になっているので、影響力が強くて、岡山県では敵がいないという感じなのです。

だから、岡山県内ではどこに行ってもすごいという評価を受けるので、それが当たり前になっています。

内部生からみた評判

この岡山大学経済学部経済学科での印象ということですが、非常に全体的に頭のいい学生が多いということです。それはなぜかということですが、みんな努力家だからです。

岡山大学「経済学部」のそれぞれの学科で勉強すること

私の岡山大学経済学部経済学科で何を学ぶのかということですが、いちばんはミクロ経済学です。ミクロ経済学は何かということでありますが、小さい範囲での経済学であるといってもいいでしょう。それは何かということですが、企業の利潤を最大にするということです。それを学べば何がいいところがあるのかということですが、ミクロ経済学を学んでいくことで、会社に入ってから、いかに会社の利益を最大化していくことができるのかということを学んでいけるので、それを学んでいくことが社会人としてとても重要であるといってもいいでしょう。

2つ目はマクロ経済学です。これを学んでいくことで国の経済状況がわかるので、社会に出てからも重宝されます。

岡山大学「経済学部」のリアルな就職先について

私の岡山大学経済学部経済学科で主な就職先はどこかということですが、いちばんは国家公務員です。国家公務員でどこが多いのかということですが、省庁に就職できるのが特徴です。なぜ省庁に就職できるのかということですが、やはり大学で基本的な学力を身につけている人が多いので、このようないいところに就職できる人が多いのです。

次に多いのが地方公務員です。その次に多いのが、地銀です。ではどのような地銀が多いのかということですが、いちばん多いのは中国銀行でしょう。この銀行は岡山を代表する銀行であり、OBがたくさんいるので採用されやすくなっております。

次に多いのが証券会社でしょう。証券会社では岡山大学で学んだことを生かしていくことができるので、証券会社に行って活躍していきたいという思いを持っている人が多いので、就職する人が多いのです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、岡山大学「経済学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

岡山大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で岡山大学のパンフレットを請求してみて下さい。

岡山大学のパンフレットを請求

関連記事
岡山大学の全体的な評判

コメントをかく

*