早稲田大学の評判について【私立文系の頂点】


こんにちは!
今回は早稲田大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、早稲田大学は私立文系の中で慶應大学と並びトップに位置する大学です。

この記事以上に早稲田大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで早稲田大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば早稲田大学のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。

それでは、さっそく早稲田大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は早稲田大学文化構想学部の卒業生です。

早稲田大学の評判まとめ

早稲田大学の偏差値

◇政治経済学部
政治学科…偏差値70
経済学科…偏差値70
国際政治経済学科…偏差値70

◇法学部
偏差値67.5

◇文化構想学部
文化構想学科…偏差値67.5

◇文学部
文学科…偏差値67.5

◇教育学部
教育-教育学…偏差値67.5
教育-生涯教育学…偏差値67.5
教育-教育心理学…偏差値67.5
教育-初等教育学…偏差値65
国語国文学科…偏差値65
英語英文学科…偏差値65
社会-地理歴史…偏差値67.5
社会-公共市民学…偏差値67.5
理-生物学…偏差値62.5
理-地球科学…偏差値65
複合文化学科…偏差値65

◇商学部
偏差値67.5

◇基幹理工学部
学系Ⅰ…偏差値65
学系Ⅱ…偏差値65
学系Ⅲ…偏差値65

◇先進理工学部
物理学科…偏差値65
応用物理学科…偏差値62.5
化学・生命化学科…偏差値65
応用化学科…偏差値65
生命医科学科…偏差値67.5
電気・情報生命工学科…偏差値62.5

◇社会科学部
社会科学科…偏差値70

◇人間科学部
人間環境科学科…偏差値65
健康福祉科学科…偏差値65
人間情報科学科 …偏差値65

◇スポーツ科学部
スポーツ科学科…偏差値62.5

◇国際教養学部
国際教養学科…偏差値65

早稲田大学の学生の学力レベル

高校の偏差値は大体65-70以上。県内でもトップレベルの高校の卒業生が多くいました。ただ、文化構想学部は政治経済学部や法学部に比べると劣るので、それほどエリート意識は高くなくて大らかです。

早稲田大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
明治大学・立教大学<早稲田大学 といった印象。



早稲田大学の世間からの評判

学生時代は塾講師のアルバイトや書店でのアルバイトをしていました。特に塾講師のアルバイトではアルバイト先からのウケが良く、多くの授業を任されました。また書店でのアルバイトでは受験のノウハウを持っていることから、学習参考書の担当に抜擢。通常は社員が行なう棚をひとつ受け持たせてもらえることになり、各出版社の営業担当者さんたちとも話しながら発注・返品を統括するという貴重な体験をさせてもらいました。

一方で、私立文系ということで授業自体は比較的緩く、手を抜こうと思えば抜けるので、テニスサークルなどのイベント系サークルで遊んでいる人はたくさん遊んでいたため、それほどバカ真面目なイメージは持たれていなかったと思います。

むしろ近隣住民からは大騒ぎに対してクレームが入ることもたびたびで、サークルの部室棟では夜になると近隣住民に迷惑をかけるなという小学生相手みたいな放送が流れるほど。お酒が入ると高田馬場駅前を占拠して酔い潰れているので、バンカラを通り越して奔放なイメージがありました。

早稲田大学の学生の様子

さすが有名校を出ている人が多いだけあって頭はみんないいので、しっかり本腰を入れて勉強すればするほど伸びていく人が多かったです。一方で趣味に没頭したり、遊び呆けたり、自由な校風でもありました。ただ、それぞれに就活を見据えてしたたかに巧妙に、ときには狡猾に生きていたようにも思います。バイトだけに没頭している人はあまりいませんでした。

また、事前に学内の出版サークルが授業内容の情報誌を売ったりもしているので、ラクをしたい学生は出席するだけの授業を選んで、居眠りをしていたりスマホをいじっていたりする光景もしばしば見かけました。ただ熱心な人は最前列でとても熱心に聞いていましたし、授業を妨害するような騒がしい人には遭遇したためしがありません。

早稲田大学の就職先について

文化構想学部は、昔でいう第一文学部と第二文学部の系統を受け継いでいるので、国文学系統の研究職を目指すひと。教員資格をとって国語や社会系の学科の教師になるひと。また出版業界に行く人などが見受けられました。かく言う私も出版業界です。

また銀行や商社に行くひとや、面白いところでは理系の大学に入り直して一念発起して医師を目指すというひとや、法律系の学部に入り直して法科大学院へと進んで法律の分野へと進もうとするひともいました。

根が真面目で頭が切れるだけに、大学四年間で遊びすぎた人も卒業後にも本腰を入れて他の分野に積極的に出ていったりするのかもしれません。失業率はほとんどないと思われますが、地に足つける人が少ないのか、離職率は高めだと思います。

早稲田大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①自由な校風でやりたいことをやれたところです。勉強すればするだけ成績は評価されやすかったですし、それが就職やその後の人生に有用に働きました。

②日本有数の研究機関として資料や人材に恵まれていたこと。

③卒業後も仕事に活かせる人脈が豊富にあることです。

悪かったところ

①自由な校風すぎるので、遊び呆けようとすればいくらでも遊び呆けることができたこと。人間、低きに流れやすいものなので、一度堕落すると後が大変です。

②なまじ周囲の学生がみんな優秀なばかりに、敵わないなと思うこともしばしばで、現実を見ることになるところです。

③学生にはつきもののお酒の付き合い。まだお酒に慣れていないのに無茶をしがちなので、大変です。

早稲田大学に4年間通ってみていかがでしたか?

通っていてもちろん良かったと思っています。なぜなら学部時代に学んだことがそのまま仕事にも活かせていますし、人脈にも恵まれているからです。

特に出版業界には早稲田大学の出身者が多く、見知らぬ年上の人とも大学のつながりでよく目をかけてくれたりしてありがたいです。また、社会人になったらできないような旅行や趣味にもたっぷりと時間を割けるので、いい人生経験にもなりますし、人生の貴重な休暇ともなります。

仕事のみならずプライベートな付き合いも広がるので、利害関係の絡まない友だちは貴重な存在です。ちなみに私は結婚相手も大学で知り合い、卒業から数年後に結婚に至りました。同じような夫婦を何組も知っているので、公私にわたって貴重な出会いがあるとおもいます。



今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
早稲田大学は私立文系の中で慶應大学と並びトップに位置する大学です。

この記事以上に早稲田大学について詳しく知りたいという方は、早稲田大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に早稲田大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で早稲田大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*