中央大学の評判と偏差値【大手企業に入れる数少ない大学です】


こんにちは!
今回は中央大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、中央大学はネームバリューが高く、大手企業にエントリーしても足切りをされない数少ない大学です。

この記事以上に中央大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで中央大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば中央大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく中央大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は中央大学経済学部の卒業生です。

中央大学の評判まとめ

中央大学の偏差値

◇法学部
法律学科…偏差値62.5
国際企業関係法学科…偏差値60
政治学科…偏差値62.5

◇経済学部
経済学科…偏差値60
経済情報システム学科…偏差値60
国際経済学科…偏差値60
公共・環境経済学科…偏差値57.5

◇商学部
経営学科…偏差値62.5
会計学科…偏差値57.5
商業・貿易学科…偏差値60
金融学科…偏差値57.5

◇理工学部
数学科…偏差値55
物理学科…偏差値55
都市環境学科…偏差値57.5
精密機械工学科…偏差値55
電気電子情報通信工学科…偏差値55
応用化学科…偏差値55
経営システム工学科…偏差値57.5
情報工学科…偏差値57.5
生命科学科…偏差値55
人間総合理工学科…偏差値55

◇文学部
国文学…偏差値60
英語文学文化…偏差値60
ドイツ語文学文化…偏差値60
フランス語文学文化…偏差値60
中国言語文化…偏差値57.5
日本史学…偏差値60
東洋史学…偏差値60
西洋史学…偏差値60
哲学…偏差値57.5
社会学…偏差値60
社会情報学…偏差値57.5
教育学…偏差値60
心理学…偏差値60

◇総合政策学部
政策科学科…偏差値60
国際政策文化学科…偏差値60

◇国際経営学部
国際経営学科…偏差値62.5

◇国際情報学部
国際情報学科…偏差値60

中央大学の学生の学力レベル

法学部に関しては、東大の滑り止めで受ける学生が多く、真面目で志の高い学生が多かった。東大の赤門に対抗して、白門と呼ばれるものがあった。

中央大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
専修大学<中央大学<上智大学 といった印象。

中央大学の世間からの評判

マラソンの常連出場校ということもあり老若男女から知名度があり、中央大学をいうとほぼマラソン強い大学だよね!と言われることが多かった。

出身大学をいうと真面目に今まで勉強してきた印象を持ってもらえる。特に法学部が有名で、東大を狙っている学生が第二希望で受ける大学としても知られており、中央大学では断トツ法学部の偏差値が高かった。

バイト探しでも就職活動でも出身大学で好印象を持たれ、新卒の就職活動はエントリーシートから始まるので、最初に大学名でふるいにかけられてしまうため、ネームバリューに助けられたことが多々あると思う。

ありがたいことに書類選考では落とされることはなたっか。さらに同大学卒業生に著名人もおられるので、優秀な大学=優秀な人材であるという印象をもたれる。

ただこれがプレッシャーになることがあるが、逆に東大や慶応大学と違い、謙遜・敬遠もされず、マーチレベルの大学を名乗るのがちょうどいいのではないかと思ったりする。

中央大学の学生の様子

バイト率は高く、自己責任で皆バイトと授業のバランスを保っていた。中には全く出席しない生徒もいるが、(多少金銭のやり取りもある場合も)クラスメイトに助けてもらったりと無難に単位を取得していた。

多くの学生は卒業後を視野に入れて、ゼミや会計や経理などのエクストラな授業を受講し、就職活動でアピールできるものを身につけていたように感じる。

また、出席が成績に関係ないクラスは基本出席率は悪く、テスト前になると一気に生徒の数が増える。基本真面目に受講している生徒もいるが中には昼寝している生徒もちらほらいた。

受講科目によっては、大教室(講堂)と通常の教室に別れるが、大教室だと出席率が悪い傾向にあった。不真面目な生徒は、教室の席の後ろに座り、おしゃべりを始めてしまう生徒もおり、教授から退席を促される生徒も数人いた。

中央大学の就職先について

大手銀行や商社、会計事務所などが多かった。当時売り手市場ということもあり、内定を数個もらっている生徒も少なくなかった。特に銀行の採用が多く、男女ともに銀行に就職したものが多い印象がある。

法学部・商学部・経済学部の生徒は、基本的にいい就職活動ができていたと思う。文学部も生徒に人気の学部ではあったが、実際に知り合いの就職活動をしてみると就職口が少なく、面接でアピールできるものは少ないように感じた。

地方から大学に出てきた子も多かったが、大半は関東圏で就職したが、中にはUターンで地元に戻り、就職した学生もいた。大学では経理研究所という会計士を目指す講座がとても有名で、就職をせずに会計の資格勉強に励む学生や教授からの推薦で大学院に進む学生もちらほらいた。

中央大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

① 有名大学。同大学卒業生の著名人もいるので知名度がありほぼ誰もが知っている

②就職活動の際に大学で落とされることがほぼない。

③ 面接官や上司の印象がいい。特に面接官・上司が同大学卒業生だとさらに好印象。

悪かったところ

①キャンパスの立地。
→文学部に関しては、八王子の端にあり、よく言えば自然に溢れ、悪く言えば見たことのない虫がでる田舎キャンパスである。勉強に集中できる環境はいいが、授業後は都内と違い友達とぶらぶらできる場所ではないので、キャンパス内のカフェテリアに行くか、遠くから通っている子もいるので直帰してしまう人が多かった。

②教室の空調設備。

③部によって教室が駅からかなり遠い。

中央大学に4年間通ってみていかがでしたか?

よかったと思う。

理由は、知名度もあり必ず好印象をもたれるから。やはり大手企業など採用はマーチ以上にこだわったりしているので、就職段階の最初で就職成功の扉が開けているように感じる。面接官や上司が同大学出身であればなおさら印象はよく、会話のネタにもなるので助かる。

普段は特に出身大学をきにする場面はないが、就職活動の度にマーチ以上の大学に出ていてよかったと思う。最近は経歴は気にしないという採用方針もあるが、日本ではまだまだ大多数の企業は最初に出身大学で学生をふるいにかけていると実感することがある。

いい企業への就職のキーはすでに高校時代どれだけ真面目に大学受験に取り組むかで将来が変わってしまうと思う。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
東京にある大手企業に勤めたい場合、中央大学(特に法学部)はとてもおすすめな大学です。

この記事以上に中央大学について詳しく知りたいという方は、中央大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で中央大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で中央大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*