武蔵大学の評判について【小さなキャンパスでアットホームな学生生活を】


こんにちは!
今回は武蔵大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、武蔵大学は知名度こそありませんが、小さなキャンパスでアットホームな学生生活を送りたい方には良い大学だと思います。

この記事以上に武蔵大学の情報を詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで武蔵大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば武蔵大学パンフレットは無料で取り寄せることができます。

それでは、さっそく武蔵大学の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は武蔵大学社会学部の卒業生です。

武蔵大学の評判まとめ

武蔵大学の偏差値

◇経済学部
経済学科…偏差値55
金融学科…偏差値57.5

◇人文学部
英語英米文化学科…偏差値57.5
ヨーロッパ文化学科…偏差値57.5
日本・東アジア文化学科…偏差値57.5

◇社会学部
社会学科…偏差値57.5
メディア社会学科…偏差値57.5

今回掲載している偏差値は、全て河合模試の偏差値です。

武蔵大学の学生の学力レベル

MARCHは受からなかったが、日東駒専よりは頭の良いレベル生徒が多かったです。

武蔵大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
日本大学<武蔵大学<学習院大学 といった印象。

武蔵大学の世間からの評判

武蔵大学は「ゼミの武蔵」と広告を打ち出しているせいか、大学名を言うと「ゼミの武蔵ね!」というところまでは認知度がある。

一応偏差値としては、MARCH以下日東駒専以上というまぁまぁなところにいるので、関東圏に住んでいる人であれば、あんまり有名じゃないけど、いい大学だよねという反応をしてもらえることもある。

ただ学生数も少なく、認知度が低いので、「あんまり聞いたことないから、あんまり頭良くない大学?」という印象を持たれることもしばしばある。

私は今福岡に住んでいるが、いつも出身大学を聞かれて「武蔵大学っていうところです。」とこたえると、「え、武蔵野大学?武蔵野音大?」と別の大学の名前に変換されてしまう(笑)

首都圏では大学名を言えばなんとなく分かってもらえることもあったが、地方では全く知られていない。

MARCH、日東駒専といった有名どころの大学ではないだけで、どこそこ?という反応をされる時はちょっと恥ずかしい感じになる。

大学のブランド力は正直まったくない。

武蔵大学の学生の様子

勉強で何かを深めようという人より、自分の好きなことや興味のあること、部活・サークルなどの活動に打ち込む人が多い。

サークルを掛け持ちしている人や、部活や委員会などに積極的に参加している人が多かった。ただ、根は真面目な人が多いので単位を落としてしまったり、卒業できなくなるほど授業に出ないような人はほとんどいない。

また授業へは、一応出席するが内容はほとんど聞いていないという学生が多かった。

そこまでうるさくはないが、友達と話しているか寝ている学生がとにかく目立つ。一生懸命、勉強に勤しむ人はほとんど見られない。1年生からゼミが必修であるので、そこでしっかりと勉強をしている人が多かった。

消極的な人が多いので、大人数の授業より、少人数のゼミの方が、楽しく取り組んでいる人が多かった。

武蔵大学の就職先について

経済学部の学生は、信金・銀行・不動産などに就職する学生が多かった。また大手ではないが、中小企業やベンチャー企業にはウケが良く、内定を複数持っている学生が多かった。

社会学部の学生は、自分の好きな分野への就職を目指す人が多く、映像制作やIT広告ベンチャーなど、比較的自分の希望していたような企業に就職した人が多かった。

ただ社会学部では、自分の好きなことを極めなかった学生、部活などに所属しておらず普通に生活していた学生はなかなか内定をもらえていなかった。

大学の知名度もあまりないので、採用担当の目に留まるようなエピソードを持っていない学生は、書類選考が通りずらかったのかもしれない。

終的に販売サービス系に行くことになってしまう友達も多かった。

武蔵大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①面白い授業内容が多かった。ドキュメンタリー映画を見る授業や、社会学と音楽を絡めてフォークやロックなどの歴史的背景を学ぶ授業などがあった。

②必修のゼミでドキュメンタリー映像を作ったりと、本格的な制作が出来る。

③小さなキャンパスなので、いい意味で田舎くさい。キャンパスを歩いていればすぐに知り合いに会うので、小さな田舎町のような感じがする。

悪かったところ

①大学の知名度が低い。名前を言っても分かってもらえないことがほとんど。

②学力が中途半端なので、微妙にプライドが高い学生が多い。MARCHに行けなかったのに、そこを引きずる人が多い。

③人数が少ないので出会いが少ない。友達関係などをリセットしにくい。

武蔵大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思う。

理由は、メディア社会学科というところに所属していただが、とにかく面白い授業が多かった。知識を身に付けるだけでなく、教養や感受性なども高まるような内容が多かった。

ただ個人的には社会に出て役に立つようなものは少ないので、そのあたりを自分で見極めて、単位とは関係ない授業をとりにいかなくては行けなかったと思う。

課外活動などで行けば、私は部活に入っていましたが、四大学(武蔵・成蹊・成城・学習院)で連携した大会があったりしたので、部活好き・運動好きには、楽しいと思える行事も多かった。

小さなキャンパスなので、しっている友達と顔を合わせることも多いので、アットホームな雰囲気なのも非常に良かった。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
武蔵大学はその知名度こそ微妙ですが、小さなキャンパスでアットホームな学生生活を送りたい方には良い大学だと思います。

この記事以上に武蔵大学について詳しく知りたいという方は、武蔵大学の学校パンフレットを是非お取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば完全無料で武蔵大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

マイナビ進学で武蔵大学のパンフレットを無料請求

コメントをかく

*