佐賀大学の評判と偏差値【佐賀県ではかなりの高評価】


こんにちは!
今回は佐賀大学の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

結論から言うと、佐賀大学は国公立大学の中ではかなり入学がしやすい大学ですが、佐賀県には他に大学が少ないということもあり、地元での評価はかなり高いです。

また、佐賀大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはマイナビ進学というサイトで佐賀大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。

奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。
なお、マイナビ進学を使えば佐賀大学のパンフレット簡単に取り寄せることができます。
佐賀大学のパンフレットを請求
それでは、さっそく佐賀大学の評判について見ていきましょう!

佐賀大学の評判まとめ

佐賀大学の偏差値

教育学部
学校-幼小連携教育…偏差値50
学校-初等教育主免…偏差値50
学校-中等教育主免…偏差値50

芸術地域デザイン学部
地域デザイン…偏差値50

経済学部
経済学科…偏差値45
経営学科…偏差値45
経済法学科…偏差値45

医学部
医学科…偏差値65

理工学部
理工学科…偏差値47.5

農学部
生物資源科学科…偏差値50

佐賀大学の学生の学力レベル

進学校の中間層が多かった

佐賀大学の学力レベルを他の大学と比較すると、
大分大学<佐賀大学<熊本大学 といった印象。

佐賀大学の世間からの評判

国公立なら優秀だね!と会社ではよく言われる事からも、社会的な評判はよさそう。地元でも佐賀大学に通ってますと言うと必ず、優秀なんだねと言ってもらえることからも地元でも評判は良い。大学内では学生は一つ上の大学から妥協して来たものも多く、佐賀大学であることを恥ずかしく思うものも少なくはなかったが、やはり多くの学生は自分の大学を誇りに思っているようだった。

バイト先でも近くの私立大学の学生と同じになる事がたまにあったが、佐賀大学の学生の方が優秀だから時給も少し高めにしていると言われた事もある。バイトをする上でも大学の評判は大切のようだ。しかし、過度な期待をされる事もあることから必ずしも良い方向に進むとも限らないかもしれない。友人の中には佐賀大学というだけで過度な期待を持たれ、それに悩むものもいた。しかし、初見で不利に働くことはないのでその後は個人の頑張り次第という事だと思う。国公立の評判は私立に比べてやはり良い。

佐賀大学の学生の様子

学業と遊びの区切りがしっかりできている。バイトを優先している学生が多いのは事実だが、テスト期間中は多くの学生が休みをとり、しっかりと学習してテストに望んでいる。授業中の居眠りはいない。居眠りする学生はそもそも大学に来ない。無気力な学生は1年目で退学する事が多い。毎年各学部数人は留年しているようだ。

また、私語は無いが、スマホゲームをしている学生は一部いました。また出欠をとらない授業、朝一の授業の出席率は他の授業に比べて低めでした。また教授によっても学生の授業態度はまちまちで、怖い教授に対しては真面目に受講し、甘い教授に対しては緩い感じで受講している印象があります。しかし、どの授業にも必ずしっかりメモ、ノートを作成する学生もみられました。

佐賀大学の就職先について

企業としてはCMでも聞くような大手企業への就職が多いように感じました。また理工学部でも教員志望の学生は多く、毎年一部の学生は現役合格を勝ち取り、教員への道を進んでいっているようです。企業への就職活動も面接で苦労する学生はたまに居ましたが、書類選考で落ちるといった話は聞いた事がありませんでした。

看護学部の学生も国家試験は必死に勉強していましたが病院が決まらないと言った話も聞いた事がありませんでした。時代が時代なので大学の影響かは分かりませんが、佐賀大学の学生で就職先が決まらずに困っているといった話はあまり聞かないように思います。私も学生時代は大手企業3社から内定を頂き、どこに行こうか最後まで悩みに悩んだ記憶があります。

佐賀大学の良かったところ、悪かったところ

良かったところ

①国公立ブランドということもあり、社会人になったあとも自身のブランドとなっている。

②大学時代の友人は社会人になったあとや、高校時代の友人より気が合い、話も分かり合える。

③大学で得た知識が社会人になったいまでも自身の武器となっている。

悪かったところ

①学生時代に覚えたパチンコ、スロットが今でも辞めれず、お金を無駄に消費してしまっていることです。

②4年生で教員免許の取得を諦めてしまい、一般企業に就職してしまったことです。今からでも教員免許の取得をしたいと思うことがたびたびあります。

③学部で大学を卒業し、大学院に行かなかったことです。社会人になって学部卒と院卒では待遇の違いを思い知ることが多々あるので大学院まで行かなかった事を今でも後悔しています。

佐賀大学に4年間通ってみていかがでしたか?

良かったと思う。理由はやはり人生の夏休みともいえる大学生活を有意義かつ楽しく過ごせて、卒業後も当時の仲間と楽しく過ごすことができているからです。また大学のお陰で今の処遇、職場があると思うこともあるのでやはり大学に行ってよかったと思います。大学時代に勉強した様々な事が社会人になって生きてくることがあります。業務上で役に立つ事もあれば、日常生活で役に立つ事もあり、当時勉強しておいてよかったと思う事があります。

また他の大学では学習する事ができなかった事が多々あり、特に海に出て海洋生物の中間層観察や干潟体験は今でも貴重な経験だと思います。卒業生の中には独立に会社を立ち上げた方もおり、その方々のお話を聞ける事もあったので、やはり佐賀大学を卒業してよかったと思います。

佐賀大学の基本情報

佐賀大学の住所と最寄駅

◇住所
〒840-8502
佐賀県佐賀市本庄町1番地

◇最寄駅
JR「佐賀駅」バスセンター4番のりばよりバスで約15分(市営バス4・11・12・63番バス)、「佐賀大学前」下車すぐ。

佐賀大学の学費(4年間)

佐賀大学の学費は以下の通りです(入学金含む)

医学部…学費349万円
教育学部…学費242万円
芸術地域デザイン学部…学費242万円
経済学部…学費242万円
理工学部…学費242万円
農学部…学費242万円

奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、佐賀大学の学校パンフレットでご確認下さい。

佐賀大学のパンフレットを請求

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
佐賀大学は国公立大学の中ではかなり入学がしやすい大学ですが、佐賀県には他に大学が少ないということもあり、地元での評価はかなり高いです。

また、奨学金やサークル情報などといった詳しい事を知りたい方は、佐賀大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。

マイナビ進学というサイトを使えば簡単に佐賀大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。

佐賀大学のパンフレットを請求

コメントをかく

*